旅するタヌキ 

パルテノン多摩 のガイド

,

パルテノン多摩

http://www.parthenon.or.jp/index.html

パルテノン多摩のあらまし。

多摩市立の多摩市立複合文化施設

1974年多摩センター駅の開業に遅れること13年バブル景気に湧きたつ1987年(昭和62年)10月31日に多摩ニュータウンのシンボル的な施設としてオープンした複合文化施設。

積極的な自主開催事業

運営を委託された公益財団法人多摩市文化振興財団が積極的に著名な芸術家やミュージシャン、劇団などを招き年間多数の自主公演を行っている。

パルテノン多摩の主催で、読売日本交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団等在京オーケストラの演奏会も組まれている。

地域文化に貢献

東京都下多摩南・西エリアの市民団体の文化公演開催の主要施設の1つにもなっている。

パルテノン多摩がお得意のジャンル

大ホール

  • オーケストラコンサート、バレエ、ミュージカル、Jポップ関係のコンサートや、往年のアイドル・エンタテイナーのワンマンショウ、ジャズコンサート、歌謡ショー、懐メロ歌手の歌謡ショー、有名タレントの座長ショー、現代演劇、伝統芸能、落語・演芸寄席、大道芸、パフォーマンス・ショーまでジャンルに拘らない幅広い演目でこのエリアの多くの人達に受けいれられている。

  • またプロ演奏団体、以外にも数多くのアマチュア団体が利用している>

小ホール

  • 主にセミナー、講演会、市民団体の集会、お稽古事の発表会などに用いられ、ジャズコンサート、小編成バンド、のコンサートや落語・演芸寄席、大道芸、パフォーマンスショーなどジャンルに拘らないバラエティーに富んだ催しが行われている。

パルテノン多摩の公演チケット情報

大ホールで催されるコンサート情報

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら

小ホールで催されるコンサート情報

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら

パルテノン多摩へのアクセス

所在地  東京都多摩市落合二丁目35

最寄り駅

京王相模原線・京王新線 (都営新宿線乗入れ)「多摩センター」駅
小田急多摩線 (東京メトロ千代田線乗入れ)「多摩センター」駅
多摩都市モノレール「多摩センター」

施設面から見たホールの特色

※ご注意;以下※印は当サイト内の関連記事リンクです。
但し、その他のリンクは施設運営者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

大ホール、

パルテノンだけに巨大ローマ風呂と言った感じ、エコーを聞かせまくった素人のど自慢の「カラオケ大会」には最適?と言ったところ。

壁際に通路無し、座席がびっしり?!

石壁であるにもかかわらず壁際には通路が無く、ぎっしり座席を詰め込んである、最低!

永田音響設計初期の作品だからまあ仕方ないか?

ホール音響評価点:63点

(※関連記事「後悔しないコンサート会場の見分け方」まとめ  はこちら。

内訳

定在波対策評価点:20点/40点満点(※客席周辺平行壁はx0.5が持ち点と成ります)

残響その1(初期反射)対策評価点:9点/20点満点(※客先周辺石材壁の場合はx0.5が持ち点と成ります)

残響その2(後期残響)への配慮評価点:18点/20点満点

客席配置 16点/20点満点(※客席周辺石材壁の場合はx0.8が持ち点と成ります、この石壁で壁際は地獄?)

小ホール、

304席と小ぶりではあるが、本格的な舞台設備を整え、木をふんだんに使った内装で、肉声、楽器の生音が最後列まで明瞭に届き、室内楽や、演劇にも利用されている。

丁寧な設えの良質ホール

竣工が、古いので致し方ないが、大ホール同様の固定プロセニアム形式のシューボックスホール。

しかし作りは、当時としては丁寧で大ホール以上の音響効果が期待できる優秀なリサイタルホール.

残念な低層部客席周辺の石垣!

当時1980年代猛威を振るっていた「石壁インフルエンザ?」に当館のクライアントも感染したようで、大ホール同様の表面を凹凸加工したコンクリート壁と成っている。

2・3階に当たる上層部の壁面は縁取りしたアンギュレーションを持たせた木質パネル。天井も組格子を用いた木質反響板で中層部上縁から大きく『折上げ』られている丁寧な設え。

壁面・天井と同じ意匠の組格子プロセニアムで芝居小屋のような雰囲気を醸し出している。

ステージ反響板は木質だが、ホールと急激に断面積が変化する「ダクトスタイル」の旧式なデザイン。

全体としては音楽堂というよりは、「演芸場」の様な造りのホールである。

ホール音響評価点:63点

内訳

定在波対策評価点:20点/40点満点(※客席周辺平行壁はx0.5が持ち点と成ります)

残響その1(初期反射)対策評価点:9点/20点満点(※客先周辺石材壁の場合はx0.5が持ち点と成ります)

残響その2(後期残響)への配慮評価点:18点/20点満点

客席配置 16点/20点満点(※客席周辺石材壁の場合はx0.8が持ち点と成ります)

リハーサル室

(詳しくはこちら公式ガイドへ)

9.4mx16.8m床面積150㎡(約90畳)のリハーサル室がある。

ホール音響評価点:20点

内訳

定在波対策評価点:10点/50点満点(ルーム低層部に1対以上のプレーンな並行壁がある場合は持ち点はx0.5と成ります)

残響その1(初期反射)対策評価点:10点/50点満点(ルーム低層部3面以上がプレーンな垂直壁の場合は持ち点はx0.5と成ります

詳細データ

  1. 所属施設/所有者 パルテノン多摩/多摩市
  2. 指定管理者/運営団体  (公財)多摩市文化振興財団/多摩市。
  3. 開館    1987年10月31日
  4. 設計  
  5. ゼネコン 
  6. 内装(音響マジック) (音響設計 By Nagata Acoustics Design)

大ホール

  1. ホール様式 1フロアー、『変形シューボックスタイプ』プロセニアム型式多目的ホール。
  2. 客席   収容人員 定員1,414名
  3. 舞台設備 プロセニアム(間口 18.0m 高さ 6.0m~11.3m/オペラカーテン)、可動反響版、
  4. その他の設備 、楽屋x8室、

小ホール

  1. ホール様式 『シューボックスタイプ』音楽専用ホール。
  2. 客席   収容人員 304席
  3. 舞台設備 間口 10.5m 高さ  5.3m、可動反響版、
  4. その他の設備 、楽屋x4室

付属施設・その他

  • 付属施設 リハーサル室、練習室x2、会議室X6室、市民ギャラリー、特別展示室、学習室、和室x2、アトリエ他
  • 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら

デジタヌの独り言

1993年開館6年目ぐらいに、アマオケ仲間の別団体の演奏会を聞きに行ったことがあった。

「多摩センター」駅から続く歩行者専用道路「パルテノン大通り」の突き当たりにあるパルテノン多摩はその名にふさわしい重厚な外観の建物であった。

収容人員 定員1,414名の多目的ホールにしては珍しい1スロープのホールで、一部大理石で衣装されたホールは意外と心地良い響きをもつホールであったように記憶している。

但し、小生の陣取った後方中央部当たりでは、響きが良すぎて、眼前と言うより、洞窟の奥のほうから聞こえてくるような響きであったように記憶している。

最もこのアマオケもご多分に漏れず圧倒的に空席が目立つ?状態で、満席状態であれば丁度良い響きになるのかもしれないと感じた次第。

築後30年を経過

築後30年を経過を経過し老巧化も目立様になり、大震補強も絡め、大幅なリニューアルを実施すべき時期に至っているのでは無かろうか。

耐震補強名目で、補助金を取り付け、パルテノンの名に拘らず、内壁材を最新音響工学に基づいた異形木質壁に改装し、座席も現在のチープな椅子から遮音調整機構付きの幅広ゆったりタイプに換装すれば、関東きっての音楽・演劇ホールに生まれ変わると思うのだが。

※好例 川内萩ホール※紹介記事はこちら)のリニューアル例

「東北大学記念講堂(50周年記念建物)及び松下会館」改装プロジェクトの例はこち東北大学公式サイトで。

公開:2017年9月10日
更新:2018年4月 4日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

167杉並公会堂 のガイドTOP152めぐろパーシモンホール のガイド




▲このページのトップに戻る
▲東京都へ戻る