旅するタヌキ 

川内萩ホール の施設ガイド

,

川内萩ホール

Official Website http://www.bureau.tohoku.ac.jp/hagihall/about/index.html

1960年開館の「東北大学記念講堂(50周年記念建物)及び松下会館」をリニューアルし2008年に開館した。

川内萩ホールのあらまし

最新の技術で蘇り「日立システムズホール仙台」(※紹介記事はこちら)と並び称されるほどの響きの良い音楽ホールに生まれ変わった。

音楽の都仙台を代表する、シューボックス型多目的ホールの1つであり、仙台市周辺のアマオケの聖地ともなっている。

川内萩ホールがお得意のジャンル

  • 主にセミナー、講演会、市民団体の集会、お稽古事の発表会などに用いられている。
  • オーケストラコンサート、.ソリストのリサイタル、アンサンブルの演奏会等、小編成の室内楽コンサートなどが行われている。
  • プロ演奏団体、以外にも数多くのアマチュア団体が利用している。

川内萩ホールの公演チケット情報

大ホールで催されるコンサート情報。

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら。

青葉区の観光ガイド

じゃらんの周辺観光ガイドはこちら。

川内萩ホールへのアクセス

所在地  宮城県仙台市青葉区川内40

最寄りの駅 地下鉄東西線・国際センター駅より徒歩5分、または、川内駅より徒歩7分

施設面から見たホールの特色

詳しくはこちら公式ページ

※ご注意;以下※印は当サイト内の関連記事リンクです。
但し、その他のリンクは施設運営者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

世界水準の音響と学術会議機能を備えたホール。

500インチクラスの大型スクリーン、同時通訳設備等で、学術会議、音楽コンサートや講演会など様々な用途に使える多目的ホール。

詳細データ

  1. 所属施設 東北大学
  2. 運営団体 東北大学
  3. 開館   改修後の再開館2008年(建物完成は1960年10月30日)
  4. ホール様式 『シューボックスタイプ』多目的ホール。
  5. 収容人員 1235名
  6. 舞台設備 可動式ひな壇(迫り)
  7. その他の設備 
  8. 付属施設 控室(楽屋大中小あわせて6室(1階に4室、2階舞台袖に2室)

デジタヌの独り言

東北大学も度々仕事で訪れたが、不覚にもこのホールには気づかなかった、最も小生が訪れていた頃(1992年~1996年)はかなりくたびれた状態で、殆ど利用されていなかったらしいが...。

公開:2017年9月 8日
更新:2018年4月21日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

98142中新田バッハホール 東北の"真珠"加美町の観光ガイドTOP98200太白区文化センター /仙台 の施設ガイド




▲このページのトップに戻る
▲宮城県へ戻る