旅するタヌキ

岩手県民会館 《 ホール 音響 ナビ 》 東北屈指の規模を誇る多目的ホール

,

岩手県民会館

Official Website http://www.iwate-kenmin.jp/

岩手県民会館のあらまし

県内最大の収容人員1991席を誇る大ホールと、周り盆を備えた伝統芸能にも対応できる中ホールを備えた複合文化施設。

岩手県民会館のロケーション

ところ  盛岡市内丸13・1

盛岡駅の東方徒歩約30分/1.8kmの盛岡城跡の北端に市役所と並んで建っている。

辺りは「もりおか歴史文化館」、岩手県庁、盛岡市役所、岩手県警、岩手銀行本店営業部、岩手医科大学付属病院などがある盛岡市の中枢部である。

トリップアドバイザーの周辺口コミガイドはこちら。

岩手県民会館へのアクセス

鉄道・バスなどの公共交通

盛岡駅より「県庁・市役所前」バス停下車徒歩2分

マイカー利用の場合

(※駐車設備の収容台数 (43台) が少ないので公共交通機関利用がおすすめ)

東北自動車道盛岡ICより約20分

東北自動車道盛岡南ICより約30分

岩手県民会館がお得意のジャンル

(公財)法人岩手県文化振興事業団が積極的に自主企画・興行を行っている。

大ホール

  • オーケストラコンサート、オペラ・バレエ公演ソリストのリサイタル、アンサンブルの演奏会、小編成の室内楽コンサートなども行われミュージカル、Jポップ関係のコンサートや、往年のアイドル・エンタテイナーのワンマンショウ、ジャズコンサート、演劇・伝統芸能、歌謡歌手の歌謡ショー、懐メロ歌手の歌謡ショー、、落語・演芸寄席、などジャンルに拘らないバラエティーに富んだイベントが行われている。
  • またプロ演奏団体、以外にも数多くのアマチュア団体も利用している。

中ホール

  • 主にセミナー、講演会、市民団体の集会、お稽古事の発表会などに用いられ、ソリストのリサイタル、アンサンブルの演奏会、ジャズコンサート、演劇・伝統芸能、歌謡歌手の歌謡ショー、懐メロ歌手の歌謡ショー、落語・演芸寄席、着ぐるみヒーローショー、大道芸、パフォーマンス・ショーなどの色物などジャンルに拘らないバラエティーに富んだイベントが行われている。

岩手県民会館で催されるコンサート・イベントチケット情報

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら。

施設面から見たホールの特色

※ご注意;以下※印は当サイト内の関連記事リンクです。
但し、その他のリンクは施設運営者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

(公式施設ガイドはこちら。)

北上川の支流中津川の畔という立地条件(※2)に恵まれたホール。

鉄筋コンクリート造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)/地上5階、地下1階のゆとりある立派な建て屋に大・中2つのホールが入っている。

巨大な仕切り幕(音響カーテ)ン設備を備えており、2・3階バルコニーを塞いで1フロアー(1287席)の中規模ホールとしても利用できる、盛岡のセミからくり小屋?

大ホール

(公式施設ガイドはこちら。)

なだらかなメインフロアーと、両翼からサイドテラスが張り出した2層のバルコニー席を持つ3層構造の変形6角形の多目的ホール。

近年の改装(改修)で脇花道が仮設タイプに改修されている。

客席周辺側壁はサイドプロセニアムも含めて建設当時流行った表面加工した塗装仕上げのコンクリートむき出し壁!と言う、いわゆる巨大エコールーム仕様(※1)。

各フロアー大向こうの壁面は音響グリッドで表装した吸音壁?

天井は丁寧に階段状に折り上げられた、プラスターボード製の大型一体型反響板。

タイル貼りの大型プロセニアム上縁と天井反響板の間には2段に折り曲げられた大型のコーナー反響板が設えられている。

ホール音響評価点:77点

§1,「定在波対」策評価点:39点/40点満点

  • ※各フロアーの配置・形状、壁面形状、天井形状、天井高さ、等の要素をそれぞれ減点法で算出。
  • ※客席側壁がプレーンな垂直壁で「完全平行・平面」の場合は、満点x0.5=20点をベースに算出。

§2、残響その1 「初期反射」対策評価点:10点/20点満点

  • ※壁面の素材・形状、客席配置、その要素で減点算出。
  • ※(コンクリート、人造大理石、タイル・陶器製などの)硬質材の客先周辺壁材仕様は、満点x0.5=10点をベースにして減点算出。

§3,残響その2「後期残響」への配慮評価点:14点/20点満点

  • ※壁面形状、音響拡散体(相当要素)、テラス軒先形状、天井構成、その他の要素で減点算出。

§4,客席配置への評価点:14点/20点満点

  • ※壁際席、大向こう席、平土間部分の見通し(眺望)不良、それぞれ-1点/1箇所で減算。
  • ※客席周辺壁材が硬質壁の場合は、満点x0.8=16点をベースに減点算出。

※関連記事「後悔しないコンサート会場の見分け方」まとめ  はこちら。

総評

財政が逼迫し資金が無くて「県庁」でさえ立て替えできず「小規模改修」で使い続けている岩手県にとっては、厳しいかもしれ無いが...。

サイドテラスの最上層部の天井が迫っている以外はデザイン的破綻は見当たらないので、次回の改修時にはで最新のグルービング材による壁面大改修で初期反響の低減につとめていただきたい。

中ホール

公式施設ガイドはこちら。

大ホール同様天井の高い(4階吹き抜け)相当の1スロープの多目的ホール。

大ホールとほぼ同じ設えのホールでこちらは両サイド側壁を僅か外傾スラントさせて定在波対策を行っている。

大向こう席上部はホール内部にせり出した調整室となっている定番デザイン。

もちろん大向こう背後壁面は音響グリッドで表層された吸音壁になっている?

ステージ奥行きが浅いので、ダクト効果はあまりなく、以外と癖の無い音響になっている。

ホール音響評価点:77点

§1,「定在波対」策評価点:36点/40点満点

  • ※各フロアーの配置・形状、壁面形状、天井形状、天井高さ、等の要素をそれぞれ減点法で算出。
  • ※客席側壁がプレーンな垂直壁で「完全平行・平面」の場合は、満点x0.5=20点をベースに算出。

§2、残響その1 「初期反射」対策評価点:10点/20点満点

  • ※壁面の素材・形状、客席配置、その要素で減点算出。
  • ※(コンクリート、人造大理石、タイル・陶器製などの)硬質材の客先周辺壁材仕様は、満点x0.5=10点をベースにして減点算出。

§3,残響その2「後期残響」への配慮評価点:18点/20点満点

  • ※壁面形状、音響拡散体(相当要素)、テラス軒先形状、天井構成、その他の要素で減点算出。

§4,客席配置への評価点:13点/20点満点

  • ※壁際席、大向こう席、平土間部分の見通し(眺望)不良、それぞれ-1点/1箇所で減算。
  • ※客席周辺壁材が硬質壁の場合は、満点x0.8=16点をベースに減点算出。

リハーサル

(公式施設ガイドはこちら。)

リハーサル室;床面積約119.8㎡(約72畳)天井高さ;2.4m フローリング床、バレエ・ダンスレッスンバーを装備した壁面ミラー(カーテン付き)を備えている。

アップライトピアノヤマハS6Aを装備している。

壁全面有孔音響ボードで表装された遮音(吸音)構造を持ち、アンギュレーションを持たせ壁面とで表層されている。

ルーム音響評価点:50点

§1,「定在波対策」評価点:25点/50点満点

  • ※ルーム低層部に1対以上の並行したプレーンな垂直壁がある場合は、満点x0.5=25点をベースに減点算出。

§2、「初期反射」対策評価点:25点/50点満点

  • ※ルーム低層部3面以上がプレーンな垂直壁の場合は、満点x0.5=25点をベースに減点算出。

岩手県民会館の施設データ

  1. 所属施設/所有者 岩手県民会館/岩手県。
  2. 指定管理者/運営団体 (公財)法人岩手県文化振興事業団/岩手県。
  3. 開館   1973年
  4. 設計  株式会社佐藤武夫設計事務所[
  5. ゼネコン 鹿島建設他によるJV
  6. 総工費 22億9,400万円

大ホール

  1. ホール様式 、プロセニアム型式多目的ホール。
  2. 客席    3スロープ3フロアー 
    • 収容人員1991席、
    • 内訳;1階固定席X1287席、1階(オーケストラピット部可動床)可動席X122席、
    • 仮設脇花道部分28席(車椅子用スペースX9含む)
    • 2階席400席、
    • 3階席X304席、
    • Pタイル張り、通路部のみ絨毯敷き
  1. 舞台設備
    • 舞台設備 ステージ奥行約16 ⅿ、プロセニアムアーチ:間口約20m、(有効面積約320㎡;約193畳)高さ約10m、ブドウ棚(すのこ)、バトン類
    • 付属舞台 オーケストラピット
    • 舞台設備(装置&設備);オーケストラひな壇迫り
    • 仮設資材;、仮設花道(すっぽん迫り付き)、花道用所作台、所作台、講演台、演台、
    • 大・小道具:松羽目、竹羽目、金・銀屏風、白屏風、鳥屋囲・
    • 幕装備:緞帳、地絣、紗幕(白&黒)大黒幕、紅白幕、浅黄幕,
    • 定式幕(ホリゾント幕、中ホリゾント幕、暗転幕)、)映写スクリーン
    • コンサート対応設備;反響板、、指揮台/指揮者用譜面台、

  1. 付属施設 
    • 主催者控室、洋室楽屋X4、
  1. 施設利用(付帯施設利用料金等)案内 詳しくはこちら公式ガイドへ。

中ホール

  1. ホール様式 プロセニアム型式多目的ホール。
  2. 客席   1スロープ1フロアー 
    • 収容人員602席、(車椅子用スペースX2席分含む)、
    • 仮設花道設置時-34席
    • Pタイル張り、通路部タイルカーペット敷き
  1. 舞台設備
    • 基本仕様;ステージ奥行約8ⅿ、プロセニアムアーチ:間口約11.5m、高さ約6m、実効面積;約92㎡(約55.5畳)ブドウ棚(すのこ)、バトン類
    • 舞台設備(装置&設備);回り盆(回り舞台;直径?m)、
    • 仮設資材;地がすり、仮設花道、
    • 幕装備:緞帳、地絣、紗幕(白&黒)、浅黄幕,
    • 大・小道具:仮設大臣囲い、松羽目、竹羽目、演壇
    • 定式幕(ホリゾント幕、中ホリゾント幕、暗転幕)、オペラカーテン)映写スクリーン
    • コンサート対応設備;反響板、オーケストラ平台、ひな段用けこみ、
  1. 舞台仕様・詳細寸法などに関する仕込み図面集はこちら公式ガイド:(舞台設備使用料金表
  1. 付属施設 
    • 主催者控室、洋室楽屋X3、
  1. その他の備品 フルコンサートピアノ(スタインウェイx2台、ヤマハ、カワイ)、チェンバロ(メーカー不詳)、和太鼓(口径不詳)

付属施設・その他 

  • 付属施設 
    • 浴室X4、シャワールームX2、更衣室X
    • リハーサル室、
    • 会議室x5、ミーティングルーム
    • 和室x2、茶室、
    • 特別室、講師控え室、展示室(主催者控え室)x2、
  • その他の備品(共用)付属設備使用料金はこちら。 
    • 仮設資材;地がすり、仮設花道、花道用所作台、所作台、講演台、演台、司会者台、花台
    • 大・小道具:松羽目、竹羽目、金・銀屏風、白屏風、そで囲い、
    • 指揮台/指揮者用譜面台、ピアノ椅子、譜面台、その他
    • フルコンサートピアノ(スタインウェイx2台、ヤマハ、カワイ)、和太鼓(口径不詳)
  • 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら公式ガイドへ。

デジタヌの知っておきたい豆知識

岩手県民会館のこれまでの歩み

1970年(昭和45年)に盛岡市で開催された第25回国民体育大会(みちのく国体)の開催記念事業として着工された。

1973年(昭和48年)4月に開館。

近年耐震補強を主体とした小規模改修を実施した。

岩手県民会館のある盛岡市とこれ迄の歩み

盛岡市内中心部で雫石川、中津川が合流し花巻市、北上市、奥州市、一関市をへてお隣宮城県内を下り太平洋へと注ぐ北上川沿いの平地部の最北部北上盆地のほぼ中央部に位置している。

秋田へ通じる秋田新幹線の分岐点として名高い。

岩手県のほぼ1/4の人口を抱える県庁所在地で、政令指定都市にはほど遠いが中核市には指定されている。

推計人口、294,267人/2018年4月1日。

盛岡-東京 2時間11分/14,740円/新幹線/535.3km

西に向かえば大阪とほぼ同じ半径円内に入る時間・距離にある。

地方都市のご多分に漏れず、2000年の302,857人をピークに年々人口減少に頭を悩ませている、過疎都市。

盛岡市のこれまでの主立った出来事


平安時代、桓武天皇の命により志波城が置かれ、律令制下となり、安土桃山時代に勢力を広げた南部氏が盛岡城を築いて以後、城下町として発達した。

幕末に岩手県を分割支配していた伊達藩・南部藩が中心となり東北諸藩が奥羽越列藩同盟(北部政府)をつくり新政府と戊辰戦争を起こしたが、結局敗れて明治政府によって占領された。

明治3年7月10日(1870年8月6日)、盛岡藩は財政難により廃藩置県に先立って廃藩を申し出、旧領には明治政府により盛岡県が設置された。

以降は旧藩を問わず多くの人材を輩出。原敬が内閣総理大臣に就任するなど、近代日本国家建設に多くの功があった。

県域は明治4年(1871年)の第1次府県統合ではほとんど変わらず、

明治5年1月8日(1872年2月16日)には盛岡県から岩手県に改称、

1876年(明治9年)の第2次府県統合で磐井県(の一部)、青森県の一部が編入された。

1876年(明治9年)5月にそれまでの県庁所在地の郡名を採った岩手県として成立した。

1890年(明治23年)11月1日:日本鉄道の駅として盛岡駅開業。

1889年(明治22年)に、南岩手郡盛岡が岩手県下で初めて市制施行し、盛岡市となる。

戦後、1950 - 1960年代には、山岳地帯のため交通の便が悪いことや、県の主な産業が県東部釜石にある富士製鐵(現、新日鐵住金)の釜石製鐵所位しかなく、内陸の盛岡市周辺には目立った産業が無く自ら「日本のチベット」と呼び、政府の振興策を求めたこともあった。

1964年(昭和39年)に北上川沿いの花巻空港が開港、

1978年12月2日東北自動車道 築館IC - 一関IC間開通により盛岡南IC-岩槻IC間が繋がり首都圏と高速道路で繋がった

1982年(昭和57年)に東北新幹線の大宮 - 盛岡間が開業。

首都圏からは約3時間、仙台からも1時間圏内(当時)となり、交通の便が飛躍的に改善された。

2008年(平成20年)には、6月14日に岩手・宮城内陸地震(最大震度6強)が、7月24日に岩手県沿岸北部地震(最大震度6弱)の大地震が発生した。

2011年(平成23年)3月11日、国内観測史上最大の超巨大地震となるマグニチュード9.0の東北地方太平洋沖地震(最大震度7)が発生し、沿岸部の各地で津波による大きな被害が出た。

参照覧

※1エコールームに関する「音工房Z」さんの解説記事はこちら

※2、ホール設計における「立地」と「本体構造」はこちら

公開:2018年6月 5日
更新:2018年9月29日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

盛岡市民文化ホール 《 ホール 音響 ナビ 》 岩手県きっての音響を誇る小ホールを持つ複合文化施設TOP




▲このページのトップに戻る
▲岩手県 の ホール ナビへ戻る

 

ページ先頭に戻る