旅するタヌキ 

アトリオン音楽ホール のガイド記事。

,

アトリオン音楽ホール

http://www.kosei-buil.co.jp/atorion/index.html

お堀端の音楽堂、変形6変形?の変わった形の「内装が全面地元秋田杉で表装された多目的ホール」。

アトリオン音楽ホールのあらまし。

駅前西側のビジネスエリア一角久保田城址公園の南側お堀端にあるアトリオンビル4階に有る施設。

秋田市、秋田県がそれぞれ所有する、アトリオンホールと秋田総合生活文化会館・美術館が同居している、商業ビルの4階にある。

700席の小規模音楽専用多目的ホールと音楽練習室などを備えたアトリオン音楽ホールと多目的ホール、美術展示ホール、研修室などを備えた低層部と県の施設が入った、オフィス棟部分からなっている。

アトリオン音楽ホールのロケーション。

所在地  秋田県秋田市中通二丁目3番8号

秋田駅西口から西へ10分程度の久保田城址公園のお堀端に佇んでいる。アトリオンビルに入っている文化施設。

お堀との間にある県道26号線に面してはいるが、秋田駅東口交差点から、山王十字路に至るこの区間本道が地下を貫いており、街中にしては静かなエリアでもある。

秋田駅西側一帯は市の中心部に当たり、商業ビルが建ち並ぶ一角でもある。

お堀を面して斜め向かいに1961年開館の秋田県民会開館が有る。

アトリオン音楽ホールへのアクセス。

JR秋田駅西口より徒歩10分。

アトリオン音楽ホールこれまでの歩み。

1982年 秋田県婦人会館と秋田県生活センターの改築について検討を始めル。

1984年 秋田市中通の県有地を新施設の建設予定地とした。

1985年 新施設の建設予定地に隣接して秋田市が美術館を設置することを決定。、県と市は協議の上で所有地の一体的利用の方針を定めた。

1987年1月、事業コンペティションに応募した3グループの中から日本生命・フジタ・鹿島企業連合の事業案が採択された。

1987年11月6日着工、

1989年11月18日オープン。。

アトリオン音楽ホールがお得意のジャンル。

大ホール

  • オーケストラコンサート、オペラ、ミュージカル、Jポップ関係のコンサートや、往年のアイドル・エンタテイナーのワンマンショウ、ジャズコンサート、歌謡ショー、懐メロ歌手の歌謡ショー、落語・演芸寄席、大道芸、パフォーマンス・ショーまでジャンルに拘らない幅広い演目でこのエリアの多くの人達に受けいれられている。

  • プロ演奏団体、以外にも数多くのアマチュア団体が利用している。

アトリオン音楽ホールの公演チケット情報.

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら

ローチケHMV該当ページへのリンクはこちら

施設面から見たホールの特色。

(詳しくはこちら公式ページ)

※ご注意;以下※印は当サイト内の関連記事リンクです。
但し、その他のリンクは施設運営者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

地上12階、地下3階、塔屋1階の秋田総合生活文化会館・美術館、オフィスのはいる複合施設秋田総合生活文化会館・美術館隣っている。

1階は商業施設、2階が秋田市立千秋美術館、4階部分がホールエントランス5~7階が県の施設、8階から11階が貸しオフィスとなって入る。

大ホール

(詳しくはこちら)

4階~9階まで9層吹き抜けのの高~い天井を持つホール1フロアーのホール。

台形に逆さの台形を重ねたような変形ホールで上層部の形状は変形6角型の平面形状と成っている。

前半スロープが両測壁まで潜り込んだ様な形状になっている。この部分は丁寧に段付き縁取り加工されており音響的な配慮が見られる。

可動プロセニアムと可動天井反響板でオープンステージに。

可動プロセニアムと可動天井反響板でオープンステージのホール一体型のコンサートホールとして使える流行のデザイン。

オーケストラピットにもなる平土間と比較的急峻な後半スロープ部分に分かれている。

手の込んだ設えの側壁表装。

ホール周辺壁面は鉾切り状に表面加工された縦長のプレートを並べたようなデザインで。ホール前半部分がスイングするして縦長開口部を形成出来るようになっている、この部分に吸音材が配置されており、残響可変装置になっている。

大型セグメント天井

天井部分は幅広のセグメント反響板を前後方向に並べたデザインでホール後部で、かなりの傾斜で大向こうに落ち込む様な形で「大きく面取り」されている。

パイプオルガン(設備費;1億2千万円)


アトリオン音楽ホールのパイプオルガンは、ケルン社製で、アトリオン音楽ホールの音響特性に合わせて設計・製作されました。<公式サイトより引用>

世界のブランド品フルコンサートピアノ4種合計6台装備。

フルコンサートグランドピアノ 4台

 ●スタィンウェイ(ハンブルグ)/モデルD
 ●ベーゼンドルファー/インペリアル290
 ●ヤマハ/CFⅢ
 ●カワイ/EX

練習用グランドピアノ 2台(ヤマハ、カワイ)

ホール音響評価点:93点

※関連記事「後悔しないコンサート会場の見分け方」まとめ  はこちら。

内訳

定在波対策評価点:35点/40点満点(※客席周辺がプレーンな平行壁はx0.5=20点が持ち点と成ります)

残響その1(初期反射)対策評価点:19点/20点満点(※客先周辺石材壁の場合はx0.5=10点が持ち点と成ります)

残響その2(後期残響)への配慮評価点:19点/20点満点

客席配置 20点/20点満点(※客席周辺石材壁の場合はx0.8=16点が持ち点と成ります。)

ミニコンサートホール(第1練習室)(詳しくはこちら)

ミニコンサートホール(95㎡)=57畳は、可動式の客席により様々なレイアウトでの利用が可能です。(最高100席まで)

壁面には、音楽ホールと同様「秋田杉」を張り巡らせ、床は「なら材」のフローリングで、照明・音響の調整室を備えたこのミニコンサートホールは、主に独奏や室内楽のリサイタル・発表会に最適です。<公式サイトより引用>

平土間多目的イベントホール。

ルーム音響評価点:85点

内訳

定在波対策評価点:40点/50点満点(ルーム低層部に1対以上のプレーンな並行壁がある場合は持ち点はx0.5=25点と成ります)

残響その1(初期反射)対策評価点:45点/50点満点(ルーム低層部3面以上がプレーンな垂直壁の場合は持ち点はx0.5=25点と成ります)

第2・3練習室

65㎡(約39畳)と25㎡(約15畳)の防音練習室を備える。

詳細データ

  1. 所属施設/所有者 秋田後リオンビル/秋田市・秋田県。
  2. 指定管理者/運営団体 厚生ビル管理株式会社・秋田アトリオン事業部/秋田市・秋田県。
  3. 開館   1989年11月18日
  4. 設計  
  5. ゼネコン ・フジタ・鹿島企業連合
  6. 総事業費 114億円 

大ホール

  1. ホール様式 、『変形6角型』音楽専用ホール。
  2. 客席   1フロアー 客席数 700+車椅子専用席4(難聴者の方用の席17を含む
  3. 舞台設備 可動プロセニアム&オープンステージ形式プロセニアム間口16.5m、奥行き8.9m
  4. その他の設備 パイプオルガン、楽屋x2、可変残響装置

付属施設・その他.

微酔い狸の独り言。

6角型があだに?

定在波(※1)に配慮された全体デザインではるが、6角等辺型形状(※2)に拘ったふしがあり、ホール左右で並行面ができてしまい、初期エコー(※3)が十分に制御できずホール前半部分の「反響制御マジック壁」の登場となったようである。

これだけの、容積を持ちながら惜しいような気がする。

壁面反響板(表装)をわづかでも内傾させておけば、マジックボックスのお世話にならなくて済んだ様な気がする。

やはり並行面が多発?する多角形壁面配置は厄介なデザインと言わざるを得ない。

デザイナーのお遊びが過ぎた様である。

※1、定在波の悪影響に関するnatuch音響さんの解説記事はこちら。

※2、関連記事「夢殿」は夢見ても設計するな!はこちら。

※3、残響(初期反射と後期残響)についてのWikipediaの解説はこちら。

公開:2017年12月20日
更新:2018年2月22日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

康楽館/秋田県 の観光ガイドTOP建て替え問題で揺らぐ秋田県民会館 のガイド記事。




▲このページのトップに戻る
▲秋田県へ戻る