旅するタヌキ

北海道 の トランスポーター博物館 《のりもの博物館 ナビ》

,

北海道の乗り物博物館

北海道 にある常設の鉄道関連博物館・資料館などの展示施設を集めてみました。

夏休みにお子様ずれで行かれてみてはいかがでしょうか。

北海道鉄道技術館

Official Website http://www.jrh-zaidan.or.jp/business/page01.html

北海道鉄道技術館のあらまし

北海道鉄道技術館は、昭和62年4月、国鉄からJR北海道への新たなスタートに併せ、北海道鉄道技術の歴史と文化を後世に伝えると共に、地域に密着した鉄道工場として、JR北海道が開設しJR北海道文化財団が運営しているJR北海道苗穂工場内にある施設。

北海道鉄道技術館 のみどころ

館内には北海道初の特急気動車「おおぞら」に使用されたキハ82の運転台や、苗穂工場で改造製作したリゾート列車「アルファコンチネンタルエクスプレス」の運転台、またエンジンカットモデル、運転体験のできるHOゲージ「振子でトライ」、その他鉄道に関する数多くの資料が展示されている。
館外には、わが国最大の蒸気機関車であるC62 3号機(夏季のみ)や北海道各地で活躍していた腕木式信号機が静態展示されている。

入場料・開館時間・休館日など

  • 開館時間;AM00:00~00:00※入館受付は00:00迄
  • 休館(園)日;第2・4週土曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始及び臨時休館日あり。
  • 入館料(常設展示)、入園料;無料!※※2018年8月18日現在

北海道鉄道技術館のロケーション

ところ 札幌市東区北5条東13丁目

JR北海道苗穂工場内

北海道鉄道技術館へのアクセス
鉄道・バスなどの公共交通

もよりの駅

JR苗穂駅より徒歩約20分

バス停

札幌駅北口より乗車・苗穂工場前停留所より
徒歩約5分

マイカー利用の場合

関係者以外・部外者の駐車はお断りしています!公共交通機関をご利用ください!

北海道鉄道技術館 のある 札幌市 の周辺観光 ナビ

トリップアドバイザーの周辺口コミガイドはこちら。

札幌市交通資料館

Official Website http://www.city.sapporo.jp/st/shiryokan_oshirase.html

札幌市交通資料館 のあらまし

一般財団法人札幌市交通事業振興公社が運営する施設、毎年5月3日(水・祝)から9月30日(土)までの土・日・祝日と、札幌市内の小学校の夏休み期間中(7月26日~8月18日<予定>)の毎日開館している。

札幌市交通資料館 のみどころ

交通資料館では、市営交通の歴史を物語る貴重な写真、その昔活用した車両や部品、制服、乗車券などを展示し、当時の札幌を今に伝えている。屋外には2004年3月に廃止された当時の市バスや初期のボンネット型バス、木製車電車22号車、等が展示されている。

入場料・開館時間・休館日など

  • 開館時間;AM10:00~16:00※入館受付は15:45迄※施設改善のため2018年8月18日現在休館中です。
  • 公開日;5月 - 9月の土曜・日曜・祝日&小学校の夏休み期間中。
  • 入館料(常設展示)、入園料;無料!。

札幌市交通資料館のロケーション

ところ 札幌市南区真駒内東町1丁目1

札幌市交通資料館へのアクセス
鉄道・バスなどの公共交通

もよりの駅

地下鉄南北線自衛隊前駅すぐ

バス停

マイカー利用の場合

関係者以外・部外者の駐車はお断りしています!公共交通機関をご利用ください!

札幌市交通資料館 のある 札幌市 の周辺観光 ナビ

トリップアドバイザーの周辺口コミガイドはこちら。

公開:2018年8月18日
更新:2018年11月 6日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

森林鉄道《鉄道人気スポット ナビ》まるせっぷいこいの森  TOP




▲このページのトップに戻る
▲北海道 の ミニ鉄道 保存鉄道 のりもの博物館 ナビへ戻る

 

ページ先頭に戻る