旅するタヌキ 

奈井江町文化ホール「コンチェルトホール」

,

コンチェルトホール

Official Website http://www.town.naie.hokkaido.jp/bunka/bunka/bunkahall/

コンチェルトホールのある奈井江町のあらまし

北海道空知地方中部に位置するかつて石炭産業で栄えた

町の西側を流れる石狩川を町堺に西隣りの「浦臼町」と接している。

嘗ての繁栄とこの地域の中心地であった証しとして、北海道奈井江商業高等学校が存在している。

住民基本台帳人口、5,601人/2017年3月31日現在。

奈井江駅ー札幌 1時間12分/1270円/68km/JR函館本線

町民数は、

最盛期の1960年の 国勢調査では18,485 人いたが石炭産業の撤退と離農に伴う農業人口の転出により減少の一途をたどり、1970年 当時10,915人いた町民は1971年 の住友鉱業奈井江炭鉱 閉山、1972年 の石狩炭鉱 閉山と相次ぐ町の基幹産業「炭鉱」の閉山により、1975年の国勢調査では8891人にまで激減!以後減少を続け、「コンチェルトホール」が開館した1993年の2年後に行われた国勢調査では8千人の大台を割り、7,667人に減少。

更に 全国の地方自治体が「平成の大合併」で揺れ動いた2003年には人口7千人を切っており、同年10月26日に実施された「合併の是非を巡る住民投票」では「子ども投票」が認められ、小学5年生から高校生も投票に参加した逸話が残っている。

更に2013 年末には 6 千人を切り、前回2015年の国勢調査では5674人と最盛期1960年の1/3以下、1970年当時に比べても約半数と激減していた。

2017年3月末日現在は5600人台で小康状態を保てっている。

2005年の国勢調査時の年令別人口比率では、

20歳から45歳までの所謂働き手が全国平均を極端に下回り、炭鉱閉山により職を無くした町民層の町外転出が深刻である事を示している、更にそれに連動して20歳以下の未成年層も大幅に全国平均を下回っている。

反面60歳からのリタイア組は全国平均を大幅に上回り、「町の老齢化」が深刻で有ることを物語っている。

町の財政基盤

町の基幹産業炭鉱が閉山する前の1968年5月 に北海道電力奈井江発電所 1号機 1970年2月 北海道電力奈井江発電所 2号機が 運転開始しており、現在も稼働し続けている。

炭鉱閉山に対処する為に空知中核工業団地への企業誘致や、工業基盤整備に取り組み、農・商・工のまちへと転換を図り岩見沢市につぎ、空知管内第2の工業出荷額約240億円を記録し、現在の奈井江町の財政を支えてはいる。...が約千人の企業従事者の内町民は約400人に過ぎず、他の600人は町外からの通勤者であり町民の就労先としては殆ど貢献できていない。

しかし町の財政収支の上からは企業誘致策は功を奏し2010年度の町の普通会計歳出合計 49億8,893万2千円に対し普通会計歳入合計 50億7,951万円でかろうじて黒字を保つ事には貢献している

しかし歳入比率では地方税 7億394万1千円(構成比 13.9%)地方債 5億7,975万3千円(構成比 11.4%)地方交付税 25億6,386万2千円(構成比 50.5%)で歳入の50%以上を交付税に依存していた事が判る。

今後より一層の企業誘致に対する努力が必要な町ではある。

コンチェルトホール

全国屈指の音楽ホールと呼び声高い「コンチェルト
ホール」を有し

町民の文化活動と発表の場としても親しまれ年間 100 回程使用されています。

コンチェルトホールのロケーション

ところ  北海道 空知 郡 奈井江 町 243−24

奈井江町の一等地?奈井江駅前ロータリー広場に面してたたづんでいる。

1本裏道を挟んで西側にはJRと並行する形で国道12号が通っている。

辺りは綺麗に区画整理された住宅街と成っている。

駅舎の反対側東側には農耕地が拡がっている。

町の北部奈井江駅から6kmほど離れた旭川市よりの奈井江町と砂川町の境界部分の当町内に道央道最寄りICはあるが、「奈井江・砂川IC」と称している。

アクセス

奈良井駅前徒歩2分。

コンチェルトホールが得意のジャンル

  • 国際教育音楽祭(PMF)(※ガイド記事はこちら)奈井江公演を開催している。
  • 主にセミナー、講演会、市民団体の集会、お稽古事の発表会などに用いられている。
  • 又奈井江町ゆかりの音楽家による演奏会、アンサンブルの演奏会等、小編成の室内楽コンサートなども行われている。
  • 更に伝統芸能以外にも
  • 歌謡歌手の歌謡ショー、エンタテイナー・懐メロ歌手のワンマンショー、演芸・寄席、等大衆芸能等ジャンルに拘らない幅広い演目でこのエリアの多くの人達に受けいれられている。

奈井江町の観光ガイド

じゃらんの周辺観光ガイドはこちら。

施設面から見たホールの特色

※ご注意;以下※印は当サイト内の関連記事リンクです。
但し、その他のリンクは施設運営者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

特徴

246 席のこぢんまりとした平土間シューボックス型コンサートホール。

全面木質パネルの内装

客席1階相当部分側壁は立て棧を用いた内傾スラントした木質グルーブパネルを主に上部に異なった寸法の木質ブロックを集成し、表面に凹凸を持たせた木組みパネル、をあしらい上縁には装飾梁を配している。

上層部は下層部上縁の装飾梁から装飾柱を配し、その間にプレーンな木質パネルを内傾スラントさせて表装している。

最上部は直角コーナーが生じないように面取りして天井に緩やかにつなげている。

ステージ背後は緩やかに湾曲した反響板を僅かに内傾スラントさせて設置している。

客席大向こう背後壁は低層部がプレーンな木質パネル、中上層部は格子を用いた2重表装壁。

天井はサイズの異なった雨樋状の凸面反響板を左右両側壁にわたしてホール全長に渡り並べてある。

同じくステージ上部には照明バトンを露出させて配置してある流行の手法。

ホール音響評価点:96点

※関連記事「後悔しないコンサート会場の見分け方」まとめ  はこちら。

内訳

定在波対策評価点:40点/40点満点(※客席周辺がプレーンな平行壁はx0.5=20点が持ち点と成ります)

残響その1(初期反射)対策評価点:20点/20点満点(※客先周辺石材壁の場合はx0.5=10点が持ち点と成ります)

残響その2(後期残響)への配慮評価点:19点/20点満点

客席配置 17点/20点満点(※客席周辺石材壁の場合はx0.8=16点が持ち点と成ります。)

施設データ

  1. 所属施設/所有者 奈井江町文化ホール/奈井江町。
  2. 指定管理者/運営団体 奈井江町
  3. 開館   1993年11月
  4. ホール様式 『シューボックスタイプ』音楽専用ホール。
  5. 客席    1フロアー、座席数246席(固定席198・移動席48・車椅子スペースあり)1階平土間中央部千鳥配列
  6. 舞台設備  オープンステージ形式ステージ間口12m・奥行8m・高さ10m ブドウ棚(すのこ)
  7. その他の設備 
  8. 付属施設  控室x3、交流談話室、練習室、会議室x2、和室x、
  9. 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら公式ガイドへ。
  10. 設計  
  11. ゼネコン 
  12. 内装(音響マジック) 

奈井江町とコンチェルトホールのこれまでの歩み

江戸時代の空知郡域は西蝦夷地に属し松前藩領となっていた。
1890年 - 奈江村(現砂川市)戸長役場設置。
1895年 - 奈井江独立戸長役場(現奈井江町)設置。奈井江炭田発見。
1903年8月23日 - 奈江村を砂川村と改める。
1923年6月15日 - 奈江村、町制施行で「砂川町」と成る。
1935年 - 砂川町に15字が成立。後に当町内となる区域には奈井江、奈井江町、東奈井江の3字が成立。
1938年 - 住友鉱業奈井江炭鉱 開坑
1944年 - 奈井江村(現奈井江町)、砂川町(現砂川市)より分立
1950年 - 町制施行で「奈井江町」誕生

1951年4月1日 - 浦臼村の一部を編入(キナウスナイの一部)。同日、茶志内の一部(三軒屋)を浦臼村へ編入

1952年1月1日 - 上砂川町の一部を編入。
1968年(昭和43年)5月 - 北海道電力奈井江発電所 1号機 運転開始
1970年(昭和45年)2月 - 北海道電力奈井江発電所 2号機 運転開始
1971年 - 住友鉱業奈井江炭鉱 閉山
1972年 - 石狩炭鉱爆発事故。石狩炭鉱 閉山

1993年11月 奈井江町文化ホール 開館。

デジタヌの独り言

ウーン、あとさき考えずに何とか若者を引きとどめようと「あがいて」過疎の町に、将来に禍根を残す地方債と国の補助金を当てにして作ったのは感心できないが、...。

涙ぐましい悪あがきに免じて、マア良しとして狸穴総研・音響研究工房・『厳選後世に伝えたい・真の銘ホール50選』に選ばせていただく。

公開:2018年2月15日
更新:2018年4月21日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

060札幌市教育文化会館 のガイドTOP040函館市芸術ホール(ハーモニー五稜郭)のガイド




▲このページのトップに戻る
▲北海道の劇場・ホールへ戻る