旅するタヌキ 

新国立劇場  のガイド ー日本のオペラハウス・シリーズ 第5回ー

,

新国立劇場

日本国を代表する西洋舞台芸術の殿堂。

新国立劇場のあらまし

オペラ、バレエの日本のメッカとして1997年に開館、専属オーケストラ、専属合唱団、専属バレエ団、直営工房などの専属組織を持たない、世界的にも不思議な国立歌劇場、日本的箱物行政の象徴的オペラハウスである!

新国立劇場がお得意のジャンル

オペラパレス

年間を通じ数多くのオペラが公演されている。

中劇場

オペラは勿論、オーケストラコンサート、バレエ、Jポップ関係のコンサートやミュージカル、往年のアイドル・エンタテイナーのワンマンショウ、歌謡ショー、有名タレントの座長ショー、現代演劇、伝統芸能、などジャンルに拘らないバラエティーに富んだイベントが行われている。

小劇場

演劇研修所の研究員による現代演劇、小劇団によるミュージカルなどが興行されている。

新国立劇場の公式Webサイト&公演チケット情報

https://www.nntt.jac.go.jp/:

オペラパレス

で催されるコンサート情報

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら

中劇場で催されるコンサート情報

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら

小劇場で催されるコンサート情報

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら。

新国立劇場へのアクセス

所在地  東京都渋谷区本町1丁目1番1号

最寄りの駅 京王電鉄京王新線「初台駅」中央口より徒歩1分

施設面から見たホールの特色

(詳しくはこちら公式ページ

※ご注意;以下※印は当サイト内の関連記事リンクです。
但し、その他のリンクは施設運営者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

オペラパレス(詳しくはこちら)

4面舞台、常設のオ-ケストラピット設備(但し中に入るオーケストラは随時招聘契約)、2・3・4階の3層の比較的奥行きの浅いテラス席を持つ音響に優れた日本を代表する本格的オペラハウス。

中劇場(詳しくはこちら)

大劇場同様の設備(4面舞台)を持つ扇形2フロアーの舞台総合芸術ホール(但し伝統芸能非対応)、

オーケストラピットを拡張舞台に使用出来、レビュー・ショー公演にも対応している。

小劇場(詳しくはこちら)

こちらも高い天井の大掛かりな「アダプタブルステージ(可変ステージ)」(*2)設備を持つ演劇専用劇場。

大がかりな可動床及び客席収容施設を持ち、通常のエンドステージ配置、スラントステージ配置、センターステージ配置、アリーナ形式(スタジアム配置)のステージ配置が設定できる。

2つのリハーサル室

※狸穴総研 音響研究工房 厳選「真の銘リハーサル室50選」

Aリハーサル室バレエリハーサル室、の2つの天井の高い立派なルハーサルルームを持つ。

施設データ

  1. 所属施設/所有者 新国立劇場/独立行政法人日本芸術文化振興会
  2. 指定管理者/運営団体 公益財団法人 新国立劇場運営財団独立行政法人日本芸術文化振興会
  3. 開館   1997年
  4. 設計   
  5. ゼネコン 
  6. 内装(音響マジック) (音響設計 By Nagata Acoustics Design)

オペラパレス

  1. ホール様式 『扇形タイプ』プロセニアム型式多目的ホール。
  2. 客席   収容人員 1,814 名、4フロアー(3層バルコニー席)、可動床、
  3. 舞台設備 プロセニアム間口16.4m高さ12.5m、4面舞台、回り舞台(直径16.4m)付きスライディングステージ/奥舞台、舞台5分割大迫り18.2mx3.64m(本舞台、下手、上手各舞台に装備)簀の子高さ30.5m、スライディングステージ(18.2m角)常設オーケストラピット(147㎡)
  4. その他の設備 、楽屋、リハーサルルーム

中劇場

  1. ホール様式 『扇形タイプ』プロセニアム型式多目的ホール。
  2. 客席   収容人員 796から1.038、2層2スロープ、可動床(オーケストラピット)、
  3. 舞台設備 プロセニアム間口16.8m高さ9m 4面舞台、大迫り(14.58mx7.27mx2基)中迫り(14.58mx3.64mx2基)、上手舞台スライディングステージ(14.58m角)奥舞台スライディングステージ(14.58m角)、奥舞台回り舞台直径12.74m
  4. その他の設備 、楽屋、リハーサルルーム、

小劇場 (The Pit)

  1. ホール様式 オープンステージ形式小劇場。
  2. 客席   収容人員 358席から468席可動床(25.5mx12.7m)設備(センターステージ、エンドステージ、アリーナステージ、に対応。
  3. 舞台設備 オープンステージ、スラントステージ設定可能、副舞台9.9mx3.3m
  4. その他の設備 、楽屋、

付属施設・その他

    • 付属施設 情報センター (5F)、リハーサル室 (B2F)、研修室、屋上庭園 (5F) など

デジタヌの独り言

建物としての年間稼働率は高く、自主公演や二期会其の他の民間オペラ団のオペラ開催のメッカとなっている。

当初海外有名オペラ団の招致に熱心な日本舞台芸術振興会の意見に傾いた経緯も有り、オペラハウスには、ホール本体はあっても世界のトップ歌劇場には必ず併設されたいる付帯施設(※1)が一切無く、せっかくの過去の遺産の多くが雨ざらしになって、保管場所が無く「使用できなくなった舞台装置」の数々がゴミの山を築いている事でも有名?

※1)専属オーケストラ、在京の民間オペラ団等の本部・バレエ団、直営工房、等が入居できるオペラ会館と、過去の公演の貴重な遺産を収蔵管理するオペラ博物館、練習ホール、従業員団地&オペラ関係者専用宿泊施設を集めた舞台芸術総合センター」を都内近隣に新たに建設整備すべきではないだろうか?ネエ財団さん...

このあたりの事情は自主公演に熱心な?びわ湖ホールと共通した問題点でもある。

※2、アダプタブルステージ(可変形式ステージ)に関する三晃工業(株)の説明記事はこちら

 

公開:2017年8月10日
更新:2018年4月 4日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

【お取り寄せガイド】TOKYO-X:豚肉(ミート・コンパニオン )TOP130すみだトリフォニーホール のガイド




▲このページのトップに戻る
▲東京都へ戻る