旅するタヌキ

筑波サーキット 《 サーキット ナビ 》伝統を誇る首都圏のサーキット

,

筑波サーキット

Official Website https://www.jasc.or.jp/

筑波サーキットのあらまし 

首都圏に最も近いサーキット。(2番目は袖ヶ浦フォレストレースウェイ)

アクセスの良さとアットホームな雰囲気で開設以来、首都圏のモータースポーツのメッカとして多くの人に親しまれている。

国内公認サーキットのため開催できる競技会はF3までとなっているが、現在数多くのJAF公認の国内レースが毎週のように開催されている。

入門的カテゴリーのナンバー付車両によるレース(NR-A)や、改造範囲がごくわずかに限られているN1車両が盛んで、JAF地方選手権も開催されるなど関東近県のサンデーレーサーでいつも賑わっている。

筑波では各種レースのほかに、走行会などクラブ単位のイベントが多く、観るよりも参加するタイプのサーキットでもる。

隣接している施設のひとつにジムカーナ場もあり、そこで基本テクニックを学び、サーキットにデビューするレーサーも数多いそうとか。

筑波サーキットのロケーション

ところ  茨城県下妻市

トリップアドバイザーの周辺ガイドはこちら。

筑波サーキットへのアクセス

アクセス 常総線宗道駅より15分

JR常磐線の取手駅とJR水戸線の下館駅を結ぶ関東鉄道石下または宗道駅で下車。そこからタクシーとなります。ただし列車の本数が少ないため、ここはクルマでの来場がお薦めです。

常磐自動車道・谷和原I.Cより約30km   

筑波サーキットで開催される公認ビッグタイトルレース

4輪レース(※以下当サイトレースガイド記事リンク) 

 スーパーフォーミュラ全日本F3選手権スーパーGT

2輪レース(※以下当サイトレースガイド記事リンク)

MFJ全日本ロードレース選手権

筑波サーキットの施設データ

(公式ガイドはこちら)

  1. 運営団体  一般財団法人 日本オートスポーツセンター
  2. 開設 1970年
  3. 設備概要 一周2.045Kmクローズドサーキット、カートコース、ジムカーナーヤード。
  4. 設備(規格) 4輪;FIA国際公認、JAF国内公認、2輪;MFJ公認(FIM国際規格)
  5. 収容人員 約14,000人万人
  6. 付帯設備 メインスタンド(3,800席)
  7. 付属施設 その他 

公開:2017年8月14日
更新:2018年10月 9日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツインリンクもてぎ 《 サーキット ナビ 》栃木県茂木町にある国内唯一のツインリンクTOP北関東にある 知られざる観光スポット 穴場情報




▲このページのトップに戻る
▲北関東 エリア の 観光スポット ナビへ戻る

 

ページ先頭に戻る