タヌキがゆく(狸穴総合研究所)

京阪電車研究班

京阪電車について狸穴総研・都市交通研究室としてまじめに論評したコラム。

スポンサード リンク

 

京阪大日支線建設案《 鉄タヌドリーム 》地下鉄谷町筋延長区間が出来れば便利ですよ!  
22世紀大阪復権のカギ「国道1・2号線沿線連絡鉄道」の布石として、第三種鉄道事業者「寝屋川交野連絡高速鉄道」を設立しては如何でしょうか?。京阪寝屋川市駅を大改造し生駒駅のように「同一駅乗り入れ」さらに「同一方向同一(島形)プラットホーム」とすれば、東京メトロの数多くの「乗換駅同様」乗り換えの不便がほぼ無くなり、「相互乗り入れ」同様の効果が得られます。
頑張れ「お京阪」!
取りあえず中之島駅まで開通直前にまでこぎ着けた京阪中之島新線。以前に取り上げた大阪近郊私鉄の共通の危機感。沿線住人の高齢化と少子化による乗客離れ。京阪は大阪市中心部乗り入れによる利用者の利便強化策で何とか突破口を見つけ出そうとしている。創業以来、国家権力と大阪市の『市営モンロー主義』に振り回され、中心部乗り入れが阻まれ続けてきた「お京阪」がやっと大阪市のヘソ中之島に曲がりなりにも上陸できたが...
ヤッパリダメだった、"盲腸線"!京阪中之島線 
京阪中之島線の開業一ヶ月の営業報告が本日(2008年11月18日)発表された。予想通りというか、当初の目論みの1日平均8万人を大きく下回り、1日平均4万人と散々な結果となった。京阪側の発表では、「定期券利用客の内 本線からの経路変更予定者の2万人ほどが変更手続き完了していない......これが済めば利用者増に繋がる。」としているが、それにしても6万人/dayでは当初の事業計画1日平均利用客8万人にはほど遠いのは事実である。


 



▲鉄道・交通問題研究所へ戻る

 

ページ先頭に戻る