タヌキがゆく(狸穴総合研究所)

阪急電車ラ研究班

阪急電車について狸穴総研・都市交通研究室としてまじめに論評したコラム。

スポンサード リンク

 

阪急電車 『 四つ橋筋 』乗り入れ案 《 鉄タヌドリーム 2017》
現在「国・大阪市」と(建設費捻出で)協議中のなにわ筋線「十三盲腸線」だけが、十三ー梅田間の逼迫した輸送力改善の手建てではない!4つ橋筋線をトラム化し、宝塚本線と相互のち入れできるようにすれば...梅田駅一極集中は回避できる!阪急電車さんに"投資"対"効果"の観点で、他にも複数ある手段も含めて考えて頂きたいためのコラム。
宝塚本線は苦痛な叫びを上げている!《鉄タヌコラム2018》 阪急電鉄 のジレンマとは ?
いつまでも「大阪=梅田」神話に固執せずに、生き物である「成長する都市機能」に合わせた柔軟な発想が必要な時期では...。各線共に輸送力の限界にさしかかっている阪急電鉄「宝塚本線」は苦痛な叫びを...待避線のある駅が皆無に等しく「急行」は市バスよろしく「停留所」を蹴飛ばして通過しているだけで「速達列車」とはほど遠い!
『 都島高速鉄道株式会社 』 《 鉄タヌドリーム2017 》阪急 天六連絡線 建設案
JR東西線(関西高速鉄道株式会社)大阪東線(大阪外環状鉄道株式会社)の例にならい 第三種鉄道事業者として新たに『都島高速鉄道(株)仮称』を設立し新線建設に当たり、列車運行は阪急電鉄が行うこととする。
『 都島高速鉄道株式会社 』 《 鉄タヌドリーム 》阪急 天六連絡線 建設案 その2改訂版 
大阪を取り巻く交通事情は変化し、京阪神間への人口集中はますます加速し、阪急の果たす役割も大きくなってきた。今こそ、都心部集中ターミナル駅主義を改める時期ではないか?宝塚線と堺筋線を結ぶバイパス線建設のほうが「なにわ筋線・盲腸線」建設より都市全体として機能するのでは?
阪急電車 十三駅 周辺線形大改造案《 鉄タヌドリーム 2017》...で "梅田一局集中" を緩和しましょう!
東京23区内へのアクセスは「合流流入」ではなく分散(分岐支線の流入)の形態でターミナル駅(終点駅)での乗り換え客の集中を緩和している。大阪でもすでに先行して阪急電車の義兄弟阪神は尼崎駅で分岐し「阪神なんば線」で。「JRは尼崎駅で東海道線と学研都市線に別れて市内を目指し、ご当人の阪急も「淡路駅」で分岐し市内に入っている。兄貴分阪急も支流に分かれて「市内乗り入れ」する方向に舵を切るべきである!
阪急電車 なにわ筋線参入表明の真意は? 《鉄タヌコラム2018》 阪急の野望?『関空・大阪空港直通連絡線』
阪急の野望『関空・大阪空港直結連絡線』建設なるか?、少子高齢化で先が見えだした、宝塚本線の需要の先細りと、限界に差し掛かている現状の十三ー梅田間の「輸送力UP」の相反する矛盾に対する答えが、「大阪空港連絡新線」建設計画!と宝塚線の「3線軌条」案。本案が実現すれば、関空ー大阪空港アクセス路線としての将来が見えてくる。
阪急阪神ホールディングスだからこそ成し得る《 鉄タヌドリーム 》阪急 今津線 の 阪神本線接続 移籍案! なんていかがでしょうか?
阪急今津線を、「阪神電車」に移籍させ「西宮市内に地下新線」を建設して、宝塚と大阪難波を直結しましょう!という夢物語。今でこそ阪急・阪神ホールディングスとして義兄弟の盃を交わした両社ではあるが、かつては何につけライバル意識剥き出しで「阪神間の覇権争いをしていた」...


 



▲鉄道・交通問題研究所へ戻る

 

ページ先頭に戻る