タヌキがゆく(狸穴総合研究所)

全国鉄道網・地方鉄道研究班

在阪3私鉄(阪急、京阪、近鉄)以外の鉄道と、JR各社について狸穴総研・都市交通研究室としてまじめに論評したコラム。

スポンサード リンク

 

これでいいのかJR西日本 【レビュー2008】 
JR福知山線脱線事故から3年が経過した。 なくなられた方々には心からご冥福をお祈り申し上げます。事故の直接原因は「遅延運行でパニック状態になった運転手が引き起こした 過失による事故」かもしれない。しかし、本当の原因は、運転手にパニック状態を引き起こさせるような「過密ダイヤ」や「過酷な勤務体制」と「陰湿な乗務員再教育」等の「仕組み」であり、それを容認した「JR西日本の安全管理体制と企業体質」こそが最大の原因ではなかったのか。
南海汐見橋支線は生き続ける!《鉄タヌ・ファンタジー》赤字でも南海汐見橋線が複線で頑張っているわけ
大阪市交通局から散々「コケにされ続けてきた歴史」が根深い不信感となり、おいそれとそう簡単には南海電鉄高野線「汐見橋本線!」を維持(意地)し廃線にはしない「南海電車」の自負・と誇りについて、過去の歴史的経緯・状況証拠?からつづった一文。
小浜線の将来は?《 鉄タヌ ドリーム2018 》トラム化こそが生き残り策では?
北陸新幹線敦賀以西については小浜ルートでほぼ決定しそうだが...。問題は、開通後の並行在来線にあたる"小浜線がどうなるか"である!現状でも極端に利用者の少ないこの区間、場当たり的な補助金・支援策だけでは配線は免れないであろう!思い切ってトラム化すれば、「交通弱者の足」確保と「モーダルシフト」の実現と、原発用重量資材運搬手段?も確保できる。
おおさか東線 来春新大阪駅延伸開業!《トピック2018》JR西日本 新大阪ー奈良間 直通快速 運転計画発表
大阪近郊交通体系に変化が起こるか?、来春の「おおさか東線第2期延伸開業」に合わせ、JR西日本が一部の朝夕の通勤時間帯に運行している「大和路快速」の新大阪駅乗り入れ(始発)をプレスリリースした!第3期工事完成で「北梅田駅」迄延伸開業されたあかつきには土日祝日の昼間時間帯にも運用拡大される可能性が残されている。
JR東西安全事情 安全に対する東西の受け止め方と心構えの差 
JR東西安全事情 前編、安全に対する東西の受け止め方と心構えの差。
福知山線の惨事は教訓として活かされるか?  レビュー・2007 
JR東西安全事情 後編 福知山線の惨事は教訓として活かされるか?
関空・伊丹空港・神戸空港をリニアでつないで一元化!
関空ー新大阪間が路線距離で約50Km 。 上海に先を越された、空港アクセスリニアだが近畿3空港連絡はリニアにとって打って付けの舞台になるはず。リニアの特性上山手線のような"過密ダイヤ"は向かない。さらに途中追い越しはこれまた苦手、適当な距離が稼げてエレベーターないしはベルトコンベア風に、右から左へ、物(人?)を"横送りでスライド"させるだけなら、これほど都合の良いシステムはない...
おーいリニア、何処に行った?
「ハ~イ、ここにイマ~ス! 山梨県で、啓蒙活動に勤しんでイマ~ス!」「啓蒙活動ってナ~ニ?」「試験線、を作ってもらって、見学センターって所から見学客を乗せて、体験乗車のプロモ~ションをやっています。」「それって、つまりはテーマパークのアトラクションみたいな物?
今更何故に新幹線誘致? 
新幹線で運べるのは、今のところ一部の例外を除いて人だけ。盆暮れゴールデンウィークなどの連休を除けば、東海道新幹線以外は"全列車満席"にはほど遠い状況。つまりは、利益どころか赤字に転落しないように運行するのがヤットの状況。建設費償還を棚上げし、設備、車両等の購入費や保守管理費のいわゆる一般歳出と営業利益(営業外利益含む)のプリマリーバランス上での話で...
今更何故 新幹線 誘致? 続報
新幹線建設推進・擁護派に対する異見広告!観光客誘致と、ライフラインとどちらが大事なの?普段は高級車を乗り回している怪しげなおじさん達、開通時以外めったにご利用にならないのでは?
大津市 に 新幹線 が停まれば滋賀県南部の活性化に役立ちます! 
大津市が思うように観光客が伸びないのは、交通アクセスが悪すぎるからである。地元民党の県議団も認める「宿泊客をお隣京都市に持って行かれている」原因は、此処にある!説明不足で県民の理解が得られづに頓挫した「新幹線栗東駅案」を引っ込め、新幹線「新大津駅建設案」に訂正して再誘致を図ってみては如何だろうか? ※新幹線栗東駅建設案に付いては、未だ「JR草津線沿線住人」からは根強い要望がつづいている!し、事実県南部の帝都に対するアクセスは悪すぎる!
北陸新幹線 福井 以西ルート仮決定とその裏事情を推理する
北陸新幹線、福井以西延伸小浜ルートは本当に30年後に開通するのか?福井県はこの決定には大喜びであろう、長年くさい物(原発)を押しつけてきた小浜エリアにやっとご褒美を差し上げることが出来るし、滋賀県も肩の荷がおり、原発延命フル稼働に文句をつけなくなるであろう...


 



▲鉄道・交通問題研究所へ戻る

 

ページ先頭に戻る