タヌキがゆく

近畿の町

 

やられっぱなしの柏原市 ーシリーズ「何とかしようよ我が町柏原」2006-3
何とかしようよ我が町柏原 シリーズ「やられっぱなしの柏原市」第1回 目覚めよ柏原市民。
都市計画の基本は"Accessの確保"にある ーシリーズ「何とかしようよ我が町柏原」2006-2「やられっぱなしの柏原市?」
何とかしようよ我が町柏原 シリーズ「やられっぱなしの柏原市」 第2回 市計画の基本は"Accessの確保"にある。
拝啓、柏原市役所の"蛙"の皆様、ご機嫌いかがですか? ーシリーズ「何とかしようよ我が町柏原」2006-4
シリーズ「何とかしようよ我が町柏原」 第4回 「こちら"狸穴ツーリスト"」の巻き。デジタヌの故郷談義と故郷へのエール!。我が"狸穴ツーリスト?"では、今春の"新米入荷?"にあわせ、各種の"新米研磨プラン?"を企画いたしました......。(もちろんジョークです!)
柏原駅前周辺を活性化するには? ーシリーズ 何とかしようよ我が町柏原2006-5
シリーズ「何とかしようよ我が町柏原」。第5回「柏原市の駅前周辺を活性化するには。」JR新秋津、西武線秋津、両駅間の商店街にヒントを発見!
「柏原市の身の丈」とは? ーシリーズ「何とかしようよ我が町柏原」2006-6
シリーズ「何とかしようよ我が町柏原」第6回「柏原市の身の丈」とは?人は、その人の生き方、ライフスタイルというものを"身の丈に応じた形"で自然に身につけるものではないでしょうか?コロニー=自治体も同じではないでしょうか......。
"ミチャポン"が思う未来の柏原 ーシリーズ「何とかしようよ我が町柏原」2006-7
シリーズ「何とかしようよ我が町柏原」第7回 "ミチャポン"が思う未来の柏原 2006年当時2才だった、ミチャポンが描いた「未来の柏原」?
どうなってんの?観光大阪7 ーシリーズ「何とかしようよ故郷・大阪」 2007
2007年今から10年前、大阪ハーバーランドエリアに光明が見え始めた時期にデジタヌが書いた記事。
玉手山公園に潜む税金の無駄遣い! ーシリーズ「何とかしようよ我が町柏原」2008
シリーズ「何とかしようよ我が町柏原」、第10回 玉手山公園編 玉手山公園に潜む税金の無駄遣い。
 河内は調味料が高い! シリーズ「我が故郷・柏原市」2009
河内の人は自炊をしないの?毎日毎日安い外食で済ませているの?
『大和川堤防千本桜』"を柏原に! ーシリーズ 何とかしようよ我が町柏原2009 -11
何とかしようよ我が町柏原 第11回 特別編『大和川堤防千本桜』"を柏原に!の巻き 柏原市役所前「大和川堤防千本桜満開!」...
駒川商店街に見るレガシー・モールの現状と今後の問題点 ーシリーズ「レガシー・モール」2017-2
駅前・市街地空洞化は役人の一人芝居2017? シリーズ「レガシー・モール」 第2回 駒川商店街には活気があった!(駒川商店街に見るレガシー・モールの現状と今後の問題点)
柏原市内主要駅と市外ライバル駅との比較 ーシリーズ 何とかしようよ我が町柏原2017
何とかしようよ我が町柏原2017 第2回 ラッキーそれともアンラッキー? 周辺市町の主要駅便利度実力番付で柏原市は?
門真市《タウンレヴュー》駅周辺再開発についての考察 
シリーズ「都市計画ってなんだろう?」 第2回 門真市の場合。門真市内の駅周辺再開発について。門真市内の駅周辺再開発について。お隣、守口市に大日駅周辺開発で先手を討たれ、長引く景気低迷で税収面で苦しい立場に立たされている市当局・商工会にとっては頭の痛い問題が山積している様である。
大阪市・北区《 タウン レビュー 》アクセスの変遷から見た歴史探訪
1969年大阪市電が全廃された  1969年3月31日 阪急東口(梅田) - ...
どうなってんの?観光大阪 
大阪市は「観光大阪」を本気で考えているのか、ホームページの見にくさは、おそらく日本一!これでは、金をかけた(税金を出資した)数多くの観光施設に閑古鳥が鳴くはず! "セクショナリズムで隣は何をする部署ゾ!?では観光大阪はかけ声だけに終わるだろう!公営交通民営化もしょせんトカゲの尻尾切りか?
京都市《 タウンレビュー 》
京都府の府庁所在地で1000年の都として有名な古都。歴史におんぶされ、歴史にしがみついている、町であると同時に、一方では日本初の「水力発電所」日本初の「チンチン電車」「近畿初の地下鉄道」など数多くの時代の最先端をゆく事業も興している。又1966年日本で最初の国立の会議施設として国立京都国際会館をいち早く完成させ、国際会議を定着させ近年1997年には第3回気候変動枠組条約締約国会議(地球温暖化防止京都会議、COP3)を開催し「京都議定書」を採択するなど、国際都市として活発な1面も持っている古都!
高島市《 タウンレビュー 》
ガリバーホールのある高島市のあらまし 『ガリバーホール』は滋賀県最大の面積69...
彦根市《 タウンレビュー 》
徳川家への忠義建てで、滋賀県の県庁所在地を辞退した過去を持つ、誇りある「ひこにゃん?」のふるさと井伊家の居城・彦根城の城下町。
大阪市・天王寺区とこれ迄の歩み《 タウン レビュー 》アクセス史から見た歴史探訪
大阪市誕生以来の4大区と並ぶ"天王寺村"の発展の歴史を、周辺アクセス網の整備発達の過程との関連から眺めてみたコラム。
八尾市《 タウン レビュー 》
八尾市とこれ迄の歩み 大阪府 旧・摂津国の一部・河内国・和泉国からなる府。 かつ...
河内長野市《 タウンレビュー 》
ラブリーホールのある河内長野市とこれ迄の歩み 大阪府 推計人口、8,819,41...
大阪市・東住吉区《 タウンレビュー 》
大阪市・東住吉区とこれ迄の歩み 東住吉区 旧摂津国住吉郡にある区。1943年(昭...
豊中市《 タウンレビュー 》
大阪府(摂津国)豊中市とこれ迄の歩み 大阪府 かつては、都道府県で東京都に次ぐ第...
懐かしいレトロシティー柏原!? 
何とかしようよ我が町柏原2017 第1回 目覚めよ柏原市民!子供の頃の想い出がよみがえる、懐かしいレトロシティー柏原!これは良い意味で言っているのでは有りません。小生が物心ついて以来、半世紀以上ほとんど変化の無い街並み、それが柏原の実態です。次代を担う若者達に、『前進、変革、躍進、発展』と言う夢を与える代わりに、貧弱な道路行政による、『動脈硬化(劣悪な道路環境)と肥満(過剰な箱物建設)道路渋滞による都市機能麻痺』といった『成人病』が蔓延し、周辺都市の躍進を横目に発展からどんどん遠ざかっていって、永ーい眠りについてしまったわけです。
寝屋川市《 タウンレビュー 》
寝屋川市とこれ迄の歩み 令制国河内国に属し旧交野郡寝屋村を中心に、旧茨田郡、旧讃...
奈良市《 タウンレビュー 》
奈良市とこれ迄の歩み 平城京が置かれた古都であり、天平文化が花開いた地として知...
大和郡山市《 タウンレビュー 》
大和郡山市とこれ迄の歩み 奈良県北部に位置する市。推計人口、85,678人/2...
和歌山市《 タウンレビュー 》
かつて御三家の一つ紀州徳川家が治める紀州藩の城下町として栄えた城下町。昭和まで「チンチン電車」が市内を走っていたハイカラな街でもあった、また旧住友金属工業(現新日鉄住金)の本拠としても繁栄し、「紀州藩健在なり」を国内にしめしていた南紀・和歌山の広告塔でもあり、四国からの大阪への玄関口としても栄えていた。高速道路網の整備が進み今また21世紀に栄光の和歌山が蘇ろうとしている?
神戸市《 タウンレビュー 》
神戸市とこれ迄の歩み 兵庫県の瀬戸内がわのほぼ中央にある、県庁所在地。 世界一の...
姫路市《 タウンレビュー 》
姫路市のあらまし 兵庫県の南西部(播磨地方)に位置する市。 世界遺産の姫路城・書...
豊岡市出石《 タウンレビュー 》
歴史ある城下町、「東の川越」同様に昔ながらの景観を保存している。まさしく「出石蕎麦」のように「細く長く」生き続けてきた山間の小京都。
【レビュー記事】柏原2006 第0回「柏原市の若者たちに告ぐ」
シリーズ「何とかしようよ我が町柏原」第1回「柏原市の若者たちに告ぐ」




▲皆の故郷・皆の町に関するコラムへ戻る

 

ページ先頭に戻る