タヌキがゆく

エンターテインメント&アート

老ホール に朗報 仕事人「YAMAHA」現る!
新耐震基準施工以前に立てられた1950年代後半以降の「老ホール」の処遇に頭を悩まされている「自治体施設担当者」のみなさまに「ろうほう」、建て替えなくても「蘇生」して立派に生まれ変わらせる事が出来るかも!
「大阪クラシック~街にあふれる音楽~」に音楽週間に思うこと
大いなる地方都市「水(だけ)の都?大阪」が「花の都・東京」が開く春の音楽イベント「東京・春・音楽祭 -東京のオペラの森-」に対抗して毎年秋に開催している音楽祭「大阪クラシック~街にあふれる音楽~」についてのレビュー記事
各地の『音楽祭』に思うこと。
全国で開催されている『音楽祭』と称する「イベント」について考える。
「夢殿」は夢見ても設計するな!。ー「失敗しない・ホール計画の手引き」講座2017ーその6
第6回「失敗しない・ホール計画の手引き」講座2017 シリーズ第6回。多角堂フェチに警鐘を発する!
「エコールームと暗室」の恐ろしい話...ー「失敗しない・ホール計画の手引き」講座2017-続編
続編 銭湯音響が不愉快(恐ろしい)な訳。
ホールの良し悪しは「大向こう」と「壁際の席」の音で決まる!ー「失敗しない・ホール計画の手引き」講座2017-その2
 ホールの良し悪しは天井桟敷(大向こう)と「壁際の席」の音響で決まる!第2回 素晴らしい音響空間とは?
舞台芸術ホール設計のセオリーとは? ー「失敗しない・ホール計画の手引き」講座2017-その7
最終回 ホールは形式ではない、最終回、いかに「セオリー(基本)に忠実」に「ツボを押さえる」かにつきる!
ホール設計における「立地」と「本体構造」ー「失敗しない・ホール計画の手引き」講座2017ーその5
第5回 先ずは立地条件、環境が悪ければ悲惨な結果を招く。
見栄を張らずに智恵を出せ!ー「失敗しない・ホール計画の手引き」講座2017ーその3 
第3回。金も無いのに、欲張るな。
音響工学の基礎ー「失敗しない・ホール計画の手引き」講座2017ーその4
台4回 音響工学の基礎から観てみると。
お気楽な下呂市? 
「建設業者しか喜ばない箱物行政!?」、財政難にあえいでいる「下呂市」が手を出すのは、誰の為?下呂城藩士の再就職の為、それとも......。
芝居小屋2017 施設維持・永続策について -レビュー記事-
芝居小屋は公共施設、施設は自治体所有とすべし。民間や、NPOでは運営・施設維持管理が手に負えなくなり、最後は廃墟とならざるを得ないだろう。
芝居小屋2017 地方で役立つ真の多目的ホール。-レビュー記事-
芝居小屋は寺院同様に「活きた文化財」でなければ成らないし、そうでなければ今後レトロブームが去った時、訪れる人も無くなり再度荒廃への道筋を辿る結果となってしまうであろう。デジタヌがいくつかの策をご披露。
芝居小屋2017 日立市の愚例!【レビュー記事】
「誰がために槌音は響く」2017 シリーズ「歴史的木造建造物蘇生」。日立市の誇る有形文化財「共楽館」の置かれた現状とは。
芝居小屋2017、 レトロブーム? ーレビュー記事ー
,最盛期全国に3000件以上有ったと言われているおらが町の「芝居小屋」。現在その多くが姿を消し、変わってお上の有難い(補助金付きの)ご沙汰で、ほぼ同数の市民会館・公民館などという、鉄と、コンクリートでできた「モダン・ホール」に取って代わられてしまった。
ホール計画は資金調達計画から!-「失敗しない・ホール計画の手引き」講座2017その1
理工系出身の自治体施設課・建築課の担当者に捧げるシリーズ「失敗しない・ホール計画の手引き」講座その1。 基礎計画編。第1回、ホール計画は資金調達計画から!。
【レビュー記事】2017 新耐震基準(1981)以前の公共ホールが狙われている!
耐震強度不足解消とコンサート専用ホール建設プランをセットにしたホール立て替え商法に踊らされている痴呆自治体に警鐘を鳴らす。
永田音響設計は神ではない?
永田音響設計の手がける作品(ホール)のポイントと、ホールの音響は投資金額で決まってしまう場合が多い!理由と、彼らとて人の子「全能の神」等では無く、「(資金に)困ったときの永田音響設計頼み」は成立しない!理由について。
リビエールホール/柏原市 蘇生案。
会館運営に対する最初の提案から「11年以上」が経過しようとしているが、駐車場問題(河川敷の一時使用)以外は何ら改善されていない「リビエール・ホール」お荷物問題に、新市庁舎建設に絡め新たなる提案をまとめた。
【レビュー】2017  残響(エコー)が無いと演奏できない演奏家?
カラオケ文化が育んだ、エコー信奉?への警鐘コラム。
 リビエールホール/柏原市 閉館案浮上?【狸穴総研報告】2017
地域切っての年間「施設空き率60%以上!」を誇るリビエールホールのガイド記事。
【狸穴総研提言】2017  採算ベースで考えるなら「びわこオペラ公演」のロングラン化は絶対条件!
誰がために槌音は響く」2017 シリーズ 「びわ湖ホール」存続問題。第5回 公益財団法人びわ湖芸術文化財団が行える自助努力とは?その3、採算ベースを考えるなら自主オペラ公演のロングラン化は絶対条件!
【狸穴総研提言】2017「びわ湖音楽祭」を盛り上げるには自治体の間接支援が大事!
「誰がために槌音は響く」2017 シリーズ 「びわ湖ホール」存続問題。第6回 自治体の後方支援策は?(びわ湖オペラを観光資源化するには?)「びわ湖音楽祭」を盛り上げる、滋賀県・大津市の間接支援が大事!短期的には、真夏の祭典「鳥人間コンテスト」以外の「客寄せパンダ」が必要。
【狸穴総研提言】2017 「びわ湖ホール運営」と「びわ湖オペラ興業」は切り離すべき。
「誰がために槌音は響く」2017 シリーズ 「びわ湖ホール」存続問題。第4回 公益財団法人びわ湖芸術文化財団が行える自助努力とは?その2、中途半端な「手作りオペラ」は大劇場のグランドオペラ公演には向かない!
【狸穴総研報告】2017 「補助金頼りの豊満運営」びわ湖芸術文化財団
「誰がために槌音は響く」2017 シリーズ 「びわ湖ホール」存続問題。第2回 「補助金頼りの豊満運営」公益財団法人びわ湖芸術文化財団
【狸穴総研報告】2017「びわ湖ホール」存続問題に見る自元民党議員団の身勝手な発言。
「誰がために槌音は響く」2017 シリーズ 「びわ湖ホール」存続問題。第1回 存続問題に見る.地元民党議員団の身勝手な発言。びわ湖ホール問題に見る、「音楽ファン」、と「鉄ちゃん」の類似性?
【狸穴エンタメ研究所報告】2017 マイナーアマチュアオーケストラが抱える問題
アマチュアオーケストラでそこそこ安泰なのは一部の超有名メジャーアマチュアオーケストラにすぎません。マイナーアマチュアオーケストラはそのほとんどが存続の危機に瀕しているようです。歴史ある団体ほどこの傾向が強いようです。
世田谷区民は「オーケス虎」はお嫌い?
おかあさん合唱団と日舞・邦楽団体の「メッカ」世田谷区に、猛獣「オーケス虎」を代表して自称アマオケ界のトラさんことデジタヌが噛みつく!?
アマチュアオーケストラとは何なのだろうか?番外編
デジタヌが、アマチュアオーケストラのあり方について、熱っぽく語る!シリーズ2回目。
日本音楽コンクール金管部門のお偉い審査員の方々にもの申す。
入賞者本人達が一番自覚しているであろう「世界のコンクールのレベル」を考えるなら、"少々甘いのでは?"と言わざるを得ないだろう!
オリンピックて何なの? 第3回
シリーズ 「オリンピックて何なの?」 第3回 かつての"メダリストや大選手"が全て高潔な人たちとは限らない! 湯水の如く国民の血税を貰っていて、世界レベルにも達しないような競技の代表選手達は恥じを知るべきです。アスリート達は国の補助に頼るのではなく、自分達の"タレントと努力"で大会参加を目指すべきです。
オリンピックて何なの? 第2回
シリーズ 「オリンピックて何なの?」 第2回『貴方はオリンピック日本大会を必要と思いますか?それとも不要ですか?』どうしてもオリンピックを続けたければ、IOCと称する前近代的な既得権益の温床団体を民営化し、各国のオリンピック委員会も即刻j事業転換して極限まで鍛え抜かれた一流アスリート達の為の『一大エンターテイメント・スポーツショウ』として再出発すべきだと思います。
オリンピックて何なの? 第1回
シリーズ 「オリンピックて何なの?」第1回 オリンピックのあり方に疑問あり!『クーベルタン男爵の理想』を具現化するのであれば、?今の様な『国家主義的オリンピック協会』を改め、国際オリンピック協会を『プロモーター』として多国籍企業化し、各国からの補助を一切受け無い独立した形で『各国政府の紐付き開催』から脱却してはいかがでしょうか?
何とかしようよ故郷・大阪 第5回
2007年当時経営危機に陥っていた、USJに対するエール記事。今のブームもいつまでも続く......とは限らず。マンネリ気味の新規アトラクション構想?にばかり傾注しないで儲かっている内に次なる一手を!
利冷え~るホールは冷えている! 【レビュー2006 】
1998年の開館以来、年間60%以上の「空き率」、地域切っての「高額使用料」で、「コスパ最低!」を標榜し、借り手(団体)が少ない(救いが無い?)ので埃(ほこり)?にまみれている「柏原市の"埃"・巨大オブジェ?」リビエールホールの紹介記事。
【レビュー記事】柏原2006 第0回「柏原市の若者たちに告ぐ」
シリーズ「何とかしようよ我が町柏原」第1回「柏原市の若者たちに告ぐ」




▲ホームへ戻る