タヌキがゆく

阪急 天六連絡線 『 都島高速鉄道株式会社 』 建設案 改訂版 

ーシリーズ「誰がために槌音は響く」2017  狸穴総研・都市交通研究工房・提言

『都島高速鉄道(株)仮称』建設提案2017 修正第2案

ご注意;※印は当サイト内の紹介記事リンクです。
但し、その他のリンクは当事者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

前回今を還る10年前2007年10月24日に『都島高速鉄道(株)仮称』提案 を取りあげたが、今回はその「修正 第2案」。

地図を比べて頂くと判るが、前回は「都島通」に拘る余り現実性に乏しい愚案であった。

今回は本年今年2017年5月23日に、大阪府、大阪市、JR西日本、南海電鉄、阪急電鉄から {阪市中心部から関西国際空港(関空)への鉄道アクセスを強化する新線「なにわ筋線」などの整備を協力して進めていくことで一致したと}と発表があった事を受け、実現可能なルートを模索してみた。

新ルート案のアウトライン

全長約2.1km。

建設費:約475億円以上。(※1)

計画ルート

淀川を渡って、すぐ地下に潜り、都島通の1つ上の「市道」を東進し御堂筋線「中津駅」の下部を深層シールドで抜け天神橋筋手前で右折し同じく「天神橋筋6丁目駅」手前で千里山線と合流する全長2.1kmの地下鉄道。

途中駅は御堂筋線「中津駅」の下部に新設する「阪急新中津駅」。

総工費は現在「國・大阪市と協議中」のグランフロント-十三間の「なにわ筋でべそ線」と同程度ないしは「淀川」を地下トンネルで通過しない分若干下回る見込み。

阪急が開発を進めている「茶屋町地下街」周辺からは少し離れるが、急勾配や急カーブが無くなり線形的には2007年案よりは楽になる。

『都島高速鉄道株式会社(仮称)』の必要性とメリット

3空港連絡アクセスの改善

この路線により、神戸・宝塚両線から「地下鉄堺筋線」に乗り入れが可能となり、大阪空港・神戸空港方面から関空へのアクセスが天下茶屋駅1駅乗り換えで済むようになる。

「みなみ(難波周辺)」への本格的な進出の足がかりとなる

阪急阪神グループの「難波周辺進出」の足がかりとなる。

以下次回「阪急 十三駅周辺大改造案」に続く

※1, 2006年開通のミニ地下鉄「大阪市営地下鉄今里筋線」の実績2718億円/12kmより算出。

公開:2017年12月28日
更新:2018年10月18日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラム 建設は お得 で "ナチュラル バリアフリー!"TOP 阪急電鉄 のジレンマとは  ー宝塚本線は苦痛な叫びを上げているー




▲交通機関に関するコラムへ戻る

 

ページ先頭に戻る