タヌキがゆく(狸穴総合研究所)

関空・伊丹空港・神戸空港をリニアでつないで一元化!

<本記事は10/14/2007に初稿公開した記事です>

ーシリーズ「誰がために槌音は響く」2007  狸穴総研・都市交通研究工房・提言

関空、大阪、神戸3空港連絡リニア鉄道 構想

いつまで経ってもお呼びがかからない山梨県に隠遁状態のリニア君にぴったりの舞台がありました!

此処なら、リニアモーターカーの持ち味が十二分に生かせる筈。 最初に路線を紹介すると、関空を出たリニアはそのまま海岸線を北上し淀川を上って新大阪で新幹線に連絡。

ここからは、市街地をかすめて大阪空港に。そこから、国道171に沿った形で西宮浜に下り海岸線を西進神戸空港に至ると言うルート。

小生の試算では、関空ー新大阪間が路線距離で約50Km 。

新大阪ー大阪空港間が15Km、

大阪空港ー神戸空港間が30Km

と言ったとろ。それぞれ、15分、5分、10分程度で結べるはず。 上海に先を越された、空港アクセスリニアだが近畿3空港連絡はリニアにとって打って付けの舞台になるはず。

リニアの特性上山手線のような"過密ダイヤ"は向かない。さらに途中追い越しはこれまた苦手、適当な距離が稼げてエレベーターないしはベルトコンベア風に、右から、左へ、物(人?)を"横送りでスライド"させるだけなら、これほど都合の良いシステムはない。

また、空港間連絡なら航空貨物コンテナをそのまま移送することも可能なはず。

これによって、3空港は、国際便、国内便双方の人・物の流れを結ぶ、巨大ハブ空港として一元化した運用が可能となる。

元々、過密ダイヤには不向きなリニアを海岸線沿いに引くのだから、騒音公害も最小限で済むはず。

一部市街地を通らなければならないが地下の深層部をシールド工法で掘り進めば騒音公害も起こりにくいはず。

問題は、多額の建設費であるが国、府、大阪市には無条件でご協力いただくとしてあとは海外への技術輸出のPR効果もあることだし関連業界の重電、電機、精錬、マテリアル各社、車体を受けもつ、重工各社などにお願いして、関西空港アクセスリニアライン、略して、KAALL(カル)を創立し建設に当たり、運営はオクツ(大阪都市交通システム)当たりに、任せればよい。

これで、石原都知事の反乱?でどうにもギクシャクしている、首都圏の羽田、成田を尻目に、アジアのハブ空港として、関西3空港が大きく飛躍出来るであろう。

 

公開:2007年10月14日
更新:2019年2月12日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

おーいリニア、何処に行った?TOP今更何故に新幹線誘致? 


 

 



▲全国鉄道網・地方鉄道研究班へ戻る

 

ページ先頭に戻る