タヌキがゆく

堺・高石に「大阪万博」を誘致して堺県?のアクセスを改善しよう!

「誰がために槌音は響く」シリーズー狸穴総研・都市交通研究工房・提言2017

第1回 万博誘致は堺or高石に!

昨年あたりから、大阪万国博覧会誘致の声が上がってきている。

「維新の会」はこれを好機と捉え、此花区、夢洲か舞洲あたりで開催し、これを契機にこのあたりを賭博特区として、ラスベガスのような一大歓楽街にともくろんでいるようだ。

ついでに地下鉄中之島新線(京阪)此花区延伸の口実にしようとの考えもあるようだ。

しかし待てヨ...!

万博誘致は、その経済波及効果から考えて良いアイデアかもしれないが、此花だけが候補地ではないと思う!

例えば、公共交通、地下鉄、トラムの延伸整備をこの機に乗じて遣ってしまおうと言う考えなら。何も此花に限ったわけでわない。

「堺・高石」万博誘致の提案

嘗て「大和川付け替え」までは貿易港として栄え。

明治維新後は「堺県」として現大阪府の大半と奈良県域までも含む広大な「堺県」の県庁所在地であった「誇り高き」栄光ある「堺市」。

堺県」廃止後、大阪市の「お勝手口」「作業場」として長きに亘り苦汁をなめさせられていた「堺・高石両市」にかつての「栄光」と「繁栄」を呼び戻す絶好のチャンスでは無いでしょうか!

その1堺市、築港八幡町(新日鉄跡地利用案)

かなりの跡地転用(転換)は進んでいるようだが、まだ広大な跡地が売却の目処も立たずに更地のまま放置されている。そこでこの跡地を利用すれば、万国博覧会の用地程度は十二分に確保出来るだろう。

更に図中の黒線のように地下鉄四つ橋筋線を更に以前からあったが計画が立ち消えとなった赤線のトラムを敷設すれば、会場アクセスとして利用できる。

また、建設費も、大阪万博、愛知9泊の例に漏れず会期中の利用客から得られる現金収入でほとんどまかなえるであろう。

LRT東線 (府道2号線東進案)

府道187号線東進案

同時に、堺市の東西交通問題を解決するために、LTR東線をこの機に乗じてアクセス路線として開通させれば、同市北区の公共交通空白地帯をカバー出来万博閉会後のこの地区の発展に寄与するであろう事は、悪名高かった、リニモのお影で愛知県長久手町の人気が一気に上がり、長久手市に出世?したことでも立証されている。

その2高石工業地帯遊休地利用案

ここにも広大な遊休地が遊んでおり、中百舌鳥から府道24号府道34号経由で御堂筋線を延伸しJR上野芝、南海石津川を経由して、以遠階上迄は、70年万博流の仮設軌道で対処すれば、開催後は御堂筋線沿いの関空アクセスが数段良くなるはずである。

何れの案も、泉南、紀州和歌山の人達にとっては、地域活性化の起爆剤になると期待できるであろう。

何れの候補地も、都心部を通過せずに関空からアクセス出来る。

否これを機会に。泉州・紀州長年の夢「なにわ筋線」が実現できるかもしれない!

公開:2017年7月 6日
更新:2018年8月13日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

謝罪広告 2017-1TOP今更何故新幹線誘致? 続報 ーシリーズ「誰がために槌音は響く」/狸穴総研・都市交通研究工房報告2017ー




▲交通機関に関するコラムへ戻る

 

ページ先頭に戻る