タヌキがゆく(狸穴総合研究所)

南陽市《 タウンヒストリア 》

シェルターなんようホールのある南陽市のあらまし

山形県の南東にある鶴の恩返しの民話が伝わる里で知られる町。

山形市と米沢市の中間位にある山形新幹線「赤湯駅」が最寄り駅。

推計人口、31,555人2017年10月1日。

南陽市役所ー(赤湯)-山形/38分/ 770円/山形鉄道フラワー長井線・JR/31.9km

南陽市役所ー(赤湯)-東京 2時間52分/10,870円/山形鉄道フラワー長井線・つばさ(新幹線)/329.8km

地方都市の常で1985年の37,146人をピークに人口は減り続け現在,31,000人台まで減少している、年令別人口比率では10台後半の青少年層が全国平均より多いが2〇代~50歳までの所謂働き盛りが全国千金を3割近く下回っており、逆に65歳以降の高齢者が全国平均より大幅に多い、典型的地方の田舎町の様相を呈している。

今後、積雪の多い内陸部でも有り、今後山形新幹線沿いに「福島」「米澤」「山形」を結ぶ「高速道路」が整備され、有力企業の誘致にでも成功しないと、と米澤盆地の地盤沈下に一層の拍車が掛かりそうな懸念も危惧される。

新幹線擬きのお影で「東京都」とは「2時間台」で繋がったが、「物資輸送の要・高速道路」が開通しないと、おいそれと進出してくれる企業も無いであろう。

 

公開:2016年11月 5日
更新:2019年1月10日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

山形市《 タウンヒストリア 》TOP由利本荘市《 タウンヒストリア 》


 

 



▲東北調査室へ戻る

 

ページ先頭に戻る