タヌキがゆく

【狸穴総研報告】2006 河内国分駅前躍進の秘密

<本記事は03/07/2006に初稿公開した記事です>

シリーズ「駅前・市街地空洞化は役人の一人芝居?」

河内国分駅前躍進の秘密

今日、久しぶりに河内国分駅前に出かけて見た。

ウィークデーの昼間に国分に出かけるのは一昨年に帰郷したとき以来である。

合同会館から駅ビルにかけての165号沿いはかなりの人と自転車で歩き辛いぐらい。

昼間の3時前だというのにライフが出店している駅前ビルはかなりの買い物客で賑わっていた。

この時間いわゆる"爺婆"が大半ではあるが歩いて買い物に行けるところに商店街がある事もあり、

『駅前空洞化』"どころか河内国分駅周辺市街地では"30年前に比べて"見違えるような発展"を遂げたように感じた。

そこで河内国分駅前躍進の秘密を筆者なりに分析してみた。

地方都市で今話題になっている駅前・市街地の空洞化とは

その前に地方都市で今話題になっている市街地の空洞化とは何なのか?

以下に有識者行政当局が唱える市街地の空洞化の典型的な図式と言い分を書き連ねると。

①郊外型巨大ショッピングモールの出店の影響。

郊外のバイパス近辺の市街化調整地域にIEON(http://www.aeon.info/)等の"『巨大ショッピングモール』やヤマダ電機のような『大規模量販店』が出現した。

②これに吸い寄せられるように、ファミレス等の飲食店も市街化調整地域のに出店する。

郊外型大規模ショッピング・モールにきゃくがうばわれだす。

一般消費者は路上駐車を余儀なくされるような貧弱な駐車設備や、それに伴う交通渋滞や混雑を避け十分な駐車場が確保された郊外型巨大ショッピングモールを利用するようになる。

④客が来なくなった駅前市街地の商店街は次第に寂れていく。

郊外に客を奪われた駅前市街地の商店街は次第に寂れていき、空き店舗や空きビルが増え、いわゆる"シャッター通り"となる。 ダイエーなどの大型店でも貧弱な駐車設備、道路事情の悪さなどが災いして次第に郊外に客を奪われ撤退を余儀なくされる。

⑤結果"交通弱者"が日常の生活にも困難を来すようになる

結果消費者が歩いて行けるところに商店街が無くなると、爺婆や低所得者層のいわゆる"交通弱者"が日常の生活にも困難を来すようになる。

その結果、

「東京近郊の地方都市ではこの図式で市街地中心部の空洞化が進行しており折角の都市計画も有名無実になり地方自治体の財政をも強く圧迫しだしている。」

とまあこんなおとぎ話?が一部のジャーナリスト達とエコノミストやいわゆる有識者のあいだで囁かれ出し、

"無為無策の市当局者を巻き込んで大営店規制 の方向に進もうとしているのが現状である。

公開:2006年3月 7日
更新:2017年9月17日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

【レビュー記事】2006 地方の"悲痛な叫び"TOP【狸穴総研報告】2006 有識者の図式通りに駅前が寂れた実例。




▲政策・失策・施策・失笑もの?へ戻る

 

ページ先頭に戻る