タヌキがゆく(狸穴総合研究所)

【レビュー2006】 耐震強度偽装問題 その2-1

※<本記事は03/19/2006 に旧サイトで初稿公開したレビューのお引っ越し記事です>

その2-1 とても、専門家の言葉とは思えない

昨夜、あるテレビ番組を見ていて、ゲスト出演の建築家、安藤氏の発言に驚いた。

耐震強度偽装問題にかんして。

「鉄筋を減らしても、建設コストには余り響かない。」

「というのは、本体工事以外に内装、やその他の付帯設備工事に相当費用がかかるから。」

「コンピューターソフト万能に問題があるのでは?」

「ユーザーはそこに気がつかなかったのでは?」

というような内容の発言だった。

とても安藤氏の言葉とは思えないような発言だった。

安藤氏に建設費の積算(見積もり)や、"工法管理(現場仕事)"の知識があれば、こんな発言はしなかったと思う。

安藤氏は机にしがみつくだけで、現場仕事をまったく知らない!?

のではないか?とさえ思えた。

あれだけ高名な建築家なのだから、モット慎重に発言して欲しかった。

※実際は現場経験豊富な大工さんからたたき上げた方です。それだけに怖い...

ヒューザー小嶋社長、創建、木村建設3者の本音

『儲けるために、内装、外装には費用をかけ、中身はキャシャでもいいから、見栄えのする?"張りぼてマンション"を造りたかった。』

要するに

『見栄えさえよいければ、無知な客どもは面白いように引っ掛かる!

だから、本体工事は徹底的に、手を抜いた!,,,,,』

まあこんな所だろう!

元建設関係者の筆者は、建設コストに関わる大きなファクターは人工(ニンク)費、建設機材の賃料、電気代.....、いわゆる現場運営の諸費であり、またこれらの費用は表(購入者)には出にくく、出しにくい為、見積上は材料費に含めてしまっている場合が多い、等を知っている。

つまりコスト削減の特効薬は"工期短縮"以外に考えられない! したがって、工期短縮のために名目上の材料費の圧縮、つまり鉄筋の本数減らしをやるわけである。『コスト削減の要は工期短縮に尽きる』

というやつである。

 

公開:2006年3月19日
更新:2018年7月22日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

【レビュー2006】  耐震強度偽装問題 その2-2TOP【レビュー2006】  "Mホーム"は手抜きのオンパレード


 

 



▲社会問題調査班へ戻る

 

ページ先頭に戻る