タヌキがゆく

【レビュー記事】2006 独自開発路線か?、それとも買収派?

ご注意※印は当サイト内の紹介記事リンクです。

但し、その他のリンクは当事者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

<本記事は03/04/2006旧'タヌキがゆく'に初稿公開した記事のお引越記事です>

貴方はトヨタ党?、それとも日産党?その2

今にして思えばトヨタに技術力がなかった、のではない!

トヨタは協力企業、特に部品納入各社の生産技術力・品質技術が"横並び"で上がるのをライバルのスタンドプレーを横目で睨みつつ耐えながらじっと待っていたのであった。

しかしこの次のシリーズあたりから情勢は違ってき出した、ライバル日産は次期ブルーバードすなわち"アップルバード?"ではあっさりと"後輪インデペンデントサスを捨ててしまって、"板バネ"に先祖返り?してしまった。

対するトヨタとその協力会社の技術力は、

3代目コロナでリンク+コイルの後輪サスを大衆車市場に投入しても大丈夫なまでに成長していた。

地味で堅実なTOYOTAの経営戦略。

ここに至るまでトヨタは、

常に"地味"で日産のようなこれ見よがしのスタンドプレーはしなかった。

唯一TOYOTA2000GTが"谷田部のバンク"で世界記録を更新したぐらいであった。

対する日産は派手に一品生産のR380で記録更新合戦に加わっていた。

ここで重要なことは、トヨタは"量産車TOYOTA2000GT"のモディファイモデルでの記録挑戦であり、日産は一か八かの"ワンメイクカー"での挑戦であったと言う事実である。

国産量産アルミボディーの元祖TOYOTA2000GT。

国産量産アルミボディーの元祖はHONDA NSXと思っておられる若い読者多いと思うが実はこの車2000GTが最初であった。

ヤマハ製ツウィンカムのヘッドを組み込んだストレート6エンジン、フルトランジスタイグナイター、クラウンで実績を積んだX型フレーム、総アルミ・クロスフローのアルミラジエーター等々、今でも2000GTはマニア垂涎のコレクションアイテムとなっている。

センチュリーも忘れてはならない一台。

地味ではあるが同時期のセンチュリーも忘れてはならない一台である。

この車には今に続く 画期的な量産技術がテンコモリ状態であった。

V8エンジン、ハロゲンランプ、フルオートエアコン、アルミラジエーター、エアサス、,,,,,等々。

コロナVSブルーバードに話を戻すと、

その後両車ともFFに移行して後は皆様ご存知の通り。

そして生みの親であるTOYOTAと日産の勝負は、,,,,。

地道な努力の積み重ねでグループ各社の生産技術力の底上げを図ったTOYOTAはカンバン方式と呼ばれる有名な生産方式をあみだし、流通コストと部品の滞留コストを押さえ"世界1"の優良自動車会社に成長した、そして技術面でもハイブリット車で業界に先鞭を付けた。

今や世界最高峰の自動車レース"F1GP"の世界でもオール純性TOYOTA F1マシンが頂点に上り詰める寸前までになっている。

ITバブルに乗じたマネーゲームで大恥をかいたホリエモンが世の中を騒がせている今この時こそ、技術立国ニッポンのあり方を両社の栄枯盛衰を参考に考えてみるときではないか。

公開:2006年4月 3日
更新:2017年9月17日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

【レビュー記事】2006  その昔、トヨタ自動車は日本最初の純国産技術で乗用車を作ったTOP【狸穴総研報告】2007 規制緩和の波でボーダレスの嵐にさらされる通信・放送業界の未来像




▲今の日本のエコノミックパワーについてのコラムへ戻る

 

ページ先頭に戻る