タヌキがゆく

【狸穴エンタメ研究所報告】2017 マイナーアマチュアオーケストラが抱える問題

ご注意※印は当サイト内の紹介記事リンクです。

但し、その他のリンクは当事者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

団友頼り、寅頼りの演奏会運営について。

首都圏や大都市圏を含め全国のマイナーアマチュアオーケストラは現在そのほとんどが存続の危機に瀕しているようで、実質的休団・休眠状態になっている団体も数多く存在しています。

そこそこ安泰なのは一部の超有名メジャーアマチュアオーケストラ※関連紹介記事はこちら)にすぎません。

地方にあるローカルアマチュアオーケストラの場合はもっと深刻で歴史ある団体でも「自治体の長」が代わり助成が打ち切られれば、すぐにでも解散・消滅しそうな団体は相当数存在している様です。

大阪市の「SION」の例。

実際全国でも珍しい大阪市のお抱えプロ団体だった「SION」の例でも、主催者の市が団員を全員解雇し解散に陥り、元団員が自主運営組織を立ち上げ、民間企業や市民の直接支援や演奏家の友情出演などの援助を得て何とか細々と綱渡状態の運営を強いられている団体もあります。

表彰状と感謝状だけでは団の永続的な運営は成り立たない

全国の歴史と伝統と言う「看板とプライド」を持ち続けてきたローカル・マイナー・アマチュアオーケストラの運営役員の皆様。

表彰状と感謝状だけでは団の永続的な運営は成り立ちません!

若者達は歴史と伝統には縛られたくはない。

あなた方を信じて集まってきた若者達も、いつ離れて行くか判りません!

いつの世も若者達は歴史と伝統には縛られたくはないのです。

過保護の中で育った彼らは仲間意識や地元愛なんてものは希薄で、

「至れり尽くせりのお膳立て」があればこそ。

若者達は「年季と、世話好きぐらいしか取り柄の無い古参メンバー達」が地元市民の支援者と共に「かゆいところに手が届く」様な「至れり尽くせりのお膳立て」をしてくれているからこそ、居着いているだけです。

『俺の腕前なら、少々距離は遠くはなっても「あの団体」にも「この団体」にもすぐにでも移れるし...。爺さん婆さんばかりのこんな古くさい若者の意見が通りにくい団体なんかつぶれても構わない。何だったら若い団員だけで、造反して新しい自由な団体を設立してもやって行けそうだし...』

なんてことを考えていないとも限りません。

物見遊山で都会からやってくる寅や団友達。

正団員ですらこんな調子でしょうから、物見遊山でわざわざ都会からやってくる寅や団友は、手弁当の支援者や、プログラムによっては舞台にも上がれないベテラン正団員の苦労など気にも留めてはいないでしょう。

彼らには団友やトラで何とか演奏会を成立させている地方の歴史あるマイナーアマチュアオーケストラの運営の苦労なんて全く興味は無く、

面倒なことには関わり合いになりたくないからこそ、わざわざフェスティバルオケ?のために都会からやってくるだけです。

もしも環境が変わって行政の手厚い支援がなくなったら、田舎桶?の為に「身銭を切ってまで」友情出演には来てくれ無いでしょう。

「地元のみならず、遠くはXX県、にもXX県にも(演奏会)メンバーおりまして、年に1度の演奏会に、はせ参じてくれています!」

などと、地元メディアのインタビューに口を滑らせ無くても良いように、真剣に団の行く末を案じ、路線(大曲主義)をあらためてはいかがでしょうか。

大曲病が癒えて路線変更したとある団体は...。

北陸のとあるアマオケは、とホームページの沿革紹介の中で、以下の様に語っています。

「バブル景気に煽られ?ご多分に漏れず大曲に取り組んだ時期もありましたが、今は正団員だけで、演奏会が開けるように路線をあらため地元に密着した活動をしています...。」(筆者要約)

地元の支援者に頼り超満員で開催した定期公演なのに赤字?。

吹奏楽団出身の若い団員に気をつかう余り、とても古参の弦楽器奏者では手に負えないような、難曲や正団員の倍以上の団友や寅に頼らないと演奏できないような大曲を、収支が合わないような無理(膨大な開催経費)をしてまで取りあげなくても良いように思うのですが。

地域唯一の「歴史を誇るアマチュアオーケストラ」を標榜するには。

地元の正団員だけで演奏会が開催できる様なプログラムを選んで身の丈にあった活動を続けてこそ、本当の地域唯一の歴史あるアマチュアオーケストラとむねを張れるのではないでしょうか?

2017年6月3日  狸穴総合舞台芸術研究所 しゅかん(酒燗?) 微酔狸

公開:2017年6月 3日
更新:2017年9月17日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

世田谷区民は「オーケス虎」はお嫌い?TOP【狸穴総研報告】2017「びわ湖ホール」存続問題に見る自元民党議員団の身勝手な発言。




▲エンターテインメント&アートへ戻る