タヌキがゆく

【レビュー記事】2008 これでいいのかJR西日本 

ご注意※印は当サイト内の紹介記事リンクです。

但し、その他のリンクは当事者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

※<本記事は05/25/2008に旧サイトで初稿公開したレビューのお引っ越し記事です>

福知山線・事故に思うこと

JR福知山線脱線事故から3年が経過した。

なくなられた方々には心からご冥福をお祈り申し上げます。

○昔の偉人がこういったそうだ。  

一生懸命だと知恵が出る。  

中途半端だと愚痴が出る 。 

いいかげんだと言い訳が出る。

福知山線事故に対するJR西日本の対応はまさに、「いいかげんだと言い訳が出る」そのまま。

さらに、当時JR西日本のサイトにアクセスすると 本来のページが出ず、脱線事故のお詫びのページに飛んでしまい、さらにそのページからは「ご意見・書き込みページ」にアクセスできないようにしてあった。

「いやな意見を聞きたくない」「臭いものにはふた」という態度がありありと感じられた。

このような態度では事故が起こっても不思議はない。

「安全管理にいいかげん」且つ「耳の痛い意見は聞かない」態度、こんな状態で安全が守れるわけがない。

人は「理解を超えた」事故や災害が発生すると「魔女狩り」に走りやすい?

人は、謂わが有ろうが・無かろうが魔女を見つけ出し血祭りにさえ上げれば、災害は収まると思いたがるのであろう。

しかし「中世の魔女狩り」に例を取れば、事はそんなに簡単ではないとわかるはず。

中世において「魔女」を狩っても、疫病蔓延は解決し無かったではないか!

それは防疫体制や医療など、

当時の「社会の仕組みの問題」であって「魔女のせい」ではなかったからである。

事故原因は「JR西日本の安全管理体制と企業体質」。

福知山線の事故においては、「過失」ということで、「運転手が魔女」扱いされている。

事故の直接原因は「遅延運行でパニック状態になった運転手が引き起こした 過失による事故」かもしれない。

しかし、本当の原因は、運転手にパニック状態を引き起こさせるような、

「過密ダイヤ」「過酷な勤務体制」「陰湿な乗務員再教育」等の「仕組み」であり、

それを容認した「JR西日本の安全管理体制と企業体質」こそが最大の原因ではなかったのか。

公開:2008年5月25日
更新:2017年9月17日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

アスペルガーの母子に捧げる社会順応講座 第7回TOPアスペルガーの母子に捧げる社会順応講座 第8回




▲巷の話題へ戻る