タヌキがゆく

FIA公認国際レーシングコース経営改善へ提案。【2017 狸穴総研提言】

「誰がために槌音は響く」2017 シリーズ「バブル崩壊後の負の遺産問題 」

その2 FIA公認国際レーシングコース。

ご注意;※印は当サイト内の紹介記事リンクです。
但し、その他のリンクは当事者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

バブル期に作られその後、施設をもてあましている世界有数のオペラハウス(※1)を代表格とする「公共施設は美術館・図書館を含め全国に1万近存在するが、

この間にも民間が事業投資し、その後経営が生き詰まったテーマパークの類いわゆるアミューズメント施設も全国に数多く散在していることはみなさんご承知の通り、

そんな民間投資で建設された、施設の一つが現在全国に散在する、FIA公認レーシングコース、所謂サーキットである。

実はかつて「国際自動車レース」が行われていたのは「鈴鹿」や「富士」だけではない、

これら全国に散在しているFIA公認レーシングコースは北海道の十勝インターナショナルスピードウェイを除いて、SUGOインターナショナルレーシングコースツインリンクもてぎ富士スピードウエイ鈴鹿サーキット岡山国際サーキットオートポリス、これらのコースでかつて「国際レース」が行われたのであった。

これらのうち先にも述べたように、現在も国際レースを開催しているのは共にホンダ系列の「(株)モビリティランド」が運営する鈴鹿・茂木と、かつてFI日本グランプリも行われた富士だけ。

しかもモビリティランドの2つのサーキットとヤマハ系列のSUGOを除いて、TOYOTA系列になった富士、川崎系列になったオートポリス等、何度も経営が行き詰まり経営母体が転転ととしているサーキットばかり。

いずれのサーキットにも共通している点が、交通アクセスの悪さ!と、付属宿泊施設・レジャー施設が完備されて無い点!

本田系列の、2つのサーキットを除いては、レースファン以外のファミリー需要を取り込みにくい現状!

負の遺産を「未来へのまっとうな遺産」に変えるには?

そこで、オペラハウス同様?作ってしまった施設は取り壊すのもバカ高い費用がいるので、有効に活用し「未来へのまっとうな遺産」にしようと言うのが今回のご提案。

①レース場としての施設強化!

まず、レース場そのものの施設としては根強いファンを持つ。モトクロス場・トライアルコースなどの2輪用ダートコースの増設、とレーシング・カート(※1)&2輪ミニレーサー(※2)用のミニコースの増設整備。

(※1)一般社団法人SLカートスポーツ機構

(※2)ミニバイクレースとオーガナイザー(月間 モト・チャンプ)

②宿泊施設の併設、

かつて、立派すぎる?超高級ホテルを備えていた施設もあるが、「アウトドア・スローライフ」ブームまっただ中?の21世紀の今は、レンタルコテージ、レンタルバンガロー、オートキャンプ場などを備えた、1万人収容規模のキャンプ場設備が欲しい

③ハンググライダー場

更に、老若男女に人気のハンググライダー教室・離陸設備、等のアウトドアー派の人たち向けの設備。

公益社団法人 日本ハング・パラグライディング連盟

④一般観戦者向けの公共トランスポーター(バス)への配慮。

大きなイベント開催時に対応できる様、チャーターバス専用駐車場、乗り合い(シャトル)バスのためのバスターミナルなどの施設完備。

地元以外の業者(バス会社)も含めた、シャトルバス・徴用計画

以上がそろえば、「ルマン24時間」のような、地元モーター倶楽部主催のエンデューロ(耐久)レース大会の開催も夢ではなくなる。

幸い、これらのバブリーな国際レーシングコースは、殆どが人里離れた僻地?に建設されており、首都圏の一部のローカルサーキットのような騒音問題も起こりにくい
24時間耐久レースを行うにはピッタリの環境である。

これらの国際レーシングコースが誕生し・生き延びれたのは、ひとえに地元民の町おこしへの期待感、「藁にもすがる思い」が有ったからである。

建設に協力してくれた、町村民の期待を裏切るような「泥舟」になってはならない!

せめて、しっかり「時代の波」を乗り越えられる「身軽な木造船」ぐらいには成って欲しい物である。


前向きな、「次の一手も打たず」に、ただただ時の「流れに身を任せて」いるだけでは、これらの施設はバブル崩壊後の「負の遺産」を象徴する廃墟群に列せられるように成るであろう。

※1、「びわ湖ホール」ガイド記事はこちら。

公開:2017年8月14日
更新:2018年3月24日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

びわ湖ホール存続問題  ーシリーズ「誰がために槌音は響く」2017  狸穴総研・エンタメ研究工房・報告2017TOP公立文化会館・支配人資格認定制度の制定を望む




▲エンターテインメント(ショウビジネス&アート&アミューズメント)へ戻る