タヌキがゆく

「アスペルガーの母子に捧げる社会順応講座」2017 第1回

アスペルガーの母子に捧げる社会順応講座を、旧サイトから転載するに当たり改めて以前の記事を振り返ってみて、小生の近況をお伝えしてい無かったことに気がつきました。

というわけで、新シリーズ 「苦節66年、障害と共に歩んできた我が人生。?」

第1回 ADHD診療受診のきっかけについて。

小生は現在お上から障害者手帳を拝領している正真正銘の「発達障害者」に認定されました。

障害者手帳を拝領する羽目になった事の発端はと言えば、

今をさる約2年前2015年5月「現役トラックヤロー」であった頃にとある「超個性的?」人物が見習い運転手として入社し、小生が「横乗り」(同乗指導員のことをこう呼びます)していた頃の出来事に端を発しています。

この人物は、その昔、露天商(大阪府の許可証をもつ正規業)を自営したり、見習い大工、植木や見習い、パチプロ、...等など、お年(当時44才)のわりには豊富な職歴・人生経験の持ち主であり、多方面に渡る業界の「裏事情」に精通した人物でした。

ただ、この人物は、小生以外の「横乗り」の師匠方からは「彼奴(やつ)は、手強いで...!」というお墨付きをえている人物でもありました。

なにが手強いかというと、

話はじめると...

あろう事か話し始めると興に乗って「運転そっちのけで」助手席の師匠?に顔を向けて、

『......ネ!......ソオデッシャロ!』

と言って助手席にいる師匠の顔を覗き込むので、「危なくて仕方ない!」訳なのです。

と同時に、直前を走る車からどんどん引き離されて、路地から出てくる車に、すぐに割り込みを食らい、これが為に信号に引っかかりやすくなる訳です。

片道10km程の道程で、私も含む彼以外のドライバーより15分は余分に時間がかかっていました!

荷役作業がのろい。

<細かな作業内容についてはこちらをご覧ください>

要領が悪過ぎる。

また、それなりに身のこなしは(小生に比べて)素早いのですが、無駄な動作のオンパレード!でどうにもこうにも手際が悪く荷積み、荷卸し、空番重回収作業に、相当手間取っていました。

毎日ミスが絶えない。

ちょっと目を話すと、商品を間違って荷卸ししたり(この仕事の上で)とんでもないミスをしょっちゅうやらかすのです。

居眠り出す!

運転に集中させるため長時間箝口令(かんこうれい)を敷くと、居眠り出す!

意識朦朧一歩手前で一件目の店舗につくと、初っぱなから誤商品のを荷卸したり、卸し忘れてしまう。

等々、サスガの小生も困り果ててマミニャンに相談すると。

『その人、ADHD(注意欠陥/多動性障害)かもしれない、簡単に出来る自己診断チェックリストがあるから、やってもらったら?

というわけで、

後日仕事中に小生が口頭で質問する形でチェックしてみたら、

「ピンポーンズバリ的中!」

彼には結果を告げ、用意してあった最寄りの心療内科 のリストを手渡し受診してみるように勧めました。

ところがところがである。

彼に自己診断リストを読み上げている内に、読み上げている本人つまり小生が、

『何......、これって俺にも当てはまる事バッカリやないか!』

と相成ったわけです。

彼はその後、入社3ヶ月あまりで、会社にでて来なくなってしまいました。(いわゆる無断欠勤というあれです。会社に届け出ていた連絡TELは偽りのない本物だったので、会社からの呼び出しに応じてその後の後始末には出てきた様です。)

小生のほうは、その後(自分自身が)気にはなるものの、それまで通りの仕事を続けました。

しかし、定年(65才の誕生日)が近づくにつけ、定年後の「お仕事」が気になりだし、次第に(見通しが立たないことに対する)不安が脳裏をかすめ、イライラが増す様になっていきました。

<つづく>

公開:2017年7月24日
更新:2017年8月 5日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

アスペルガーの母子に捧げる社会順応講座 第27回TOPアスペルガーの母子に捧げる社会順応講座2017 第2回 




▲巷の話題へ戻る