タヌキがゆく

アスペルガーの母子に捧げる社会順応講座 第15回

※<本記事は12/01/2008に旧サイトで初稿公開したレビューのお引っ越し記事です>

デジタヌの16禁!恋愛指南!? 第15回 脱線編 その2

第2回 真剣なのにつき合いが長続きしないの 巻き。

もし貴方のご子息が、30過ぎて独り者で...。

車や、バイク、ラジコン模型、テッチャンで旅行間マニア、アウトドアーlife、釣り......etc.に凝っていて、

『男友達はいるが、"親密な間柄の女性"』が居ないとなれば、(同性愛者ではないか?......でなくて)アスペルガー成人であるかも?と疑ってみるべきである。

以前に書いたと思うが、アスペルガー星人は

"群れる"本能を伝達するはずの"遺伝子"

に問題を抱えて居るため、対人関係が苦手である。

為に恋愛問題にも疎く、"女性は厄介で、面倒な存在"であると考えているアスペ男児が多い。(小生がそうであった。)

「褒めれば、図に乗って増長するし!怒ったり、貶したりするとすぐに泣くし!誠に厄介な存在である!気のあった男友達と一緒にいる方がよっぽど気楽で、楽しい!」

と公言したり、考えていたりする。

そこであの名文句。

「男は結婚生活に憧れ、女は結婚式に憧れる!」

となるわけである。

教科書の28ページに書かれているとおり、アスペルガーはすぐに「結婚」の二文字に"願望"を抱き"妄想"にふけってしまいNTの感覚から言えば、

「この人、変じゃない、会ったばかりなのにもう結婚の話を持ち出すなんて!」

となってしまって、"破綻"してしまうケースが多いのである。

小生も人にお節介を焼くときには、'

『このひねくれ者メ"自分に素直"にナレ、make Loveしたかったらサッサトやっちまえよ!この大馬鹿ヤロー!

となるわけであるが、自分のこととなると、判断力を失ってしまい、

「俺はほんとに、彼女のことを愛しているのだろうか、ただ貯まった物を放出しスッキリしたいだけではないのか?」 等と自問自答してしまい躊躇(タメラ)うことが多かった。

話は変わるが、たいがいのカーディーラーには"試乗車"成るものが準備され居る。

そして"乗り心地""使い勝手"などを実際に体験出来るようになっている。

極論を言ってしまえば、結婚するか、シナイかは、"長期試乗"してからでも遅くは無い。

まずは"お互いにほんとうに、「無くてはならぬ存在」なのか"ローリングスタート"(本番のレースに入る前の予備走行=同姓!)で確かめてみる事が肝要であろう!

男からすれば、美人に越したことは無いし、聡明に越したことも無いが...しかし...。

腫れ物に触るように、始終気を遣っていなければ成らないような相手であれば、長い人生を"トモ"に歩んでいくパートナーとはなり得ないであろう。

かつて、小生が初めて"結婚"なるものを体験したとき、"屁を放る"にも気を遣って、トイレに駆け込んだものであった!

案の定、1年とは持たなかった。

屁の話は極端ではあるが、長いか短いか終わってみなければ判らない人生を"トモ"に歩もうとすれば、"気楽に過ごせる相手"でなければ成らないのは自明の理。(小生はアスペなので「感じ"がつかめず」「"思う"ことが出来ない」から、「"理屈"でそう考えている!」

しかしその小生ですら実際は、

「ア...電話するの忘れていた!そうだ日に一度は必ず狸穴猫に電話しなくっちゃ!」 等とトボケタことを理屈で考えなくても普通に"でんわ"している。

別段用が無くとも、気がつけば"電話している"。

それが愛情かどうか判らない(アスペなので理屈で説明のつかないことは判らない!と言うことになってしまう!)

とにかく

『行ってきま~す。』

と言って数時間経つと、ついあのしわがれ声が懐かしく成って電話してしまうし、休みの日も1人で放っておかれると寂しい。

何でそうなのか、アスペルガー的に屁理屈を付ければ...。

先ず一つに狸穴猫は小生の良き理解者である、そして小生の信頼を裏切らない、だから一緒にいると心地よい。

裏切らないとは、"良くも悪くもお互いの行動がお互いの"想定内"(※2)に収まっていて、大きく予想を外れない...とでも言っておくか、誠に安心感の持てるパートナーである。

ドジで、世話の焼ける(狸穴猫もソウ思っているようでお互い様か?)古女房であるが、

ヤッパリ何だかんだで

相手になって欲しいし、構っても欲しい。」

「口答えばかりして、小生にとって"誠に厄介な存在"ではあるが、ヤッパリそばに居て欲しい。」

"女房とはどうやらそんな存在であるらしい"。

と言うのが"結婚生活"に対する今のところの小生の感想である。(カアチャン愛してるよ!?}

<2回続いてばかばかしい?話題でご免なさい、この稿つづくかも?>

※1,(教科書28ページ参照)

※2,蛇足、貴方が夜目覚めたとする、そして寝ぼけ眼で隣を見ると、女房が両手で裁ちバサミを握りしめ、布団の上に正座していた!...。これが"想定外"である!}

てなことあるかも...?

公開:2008年12月 1日
更新:2017年7月18日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

アスペルガーの母子に捧げる社会順応講座 第14回 TOP 母子のためのアスペルガー順応講座 第16回




▲巷の話題へ戻る