タヌキがゆく

アスペルガーの母子に捧げる社会順応講座。第10回

第10回 アスペルガー星人には "日常の挨拶が苦手な人"が多い。

別な言い方をすれば"相手のご機嫌を伺う"慣用句が言えず、いきなり用件から切り出してしまう人が多いようだ。

例えばNTの世界では...

朝 知り合いと出会ったとすると。

Good morning, how are you?
I am fine , Thank you . And you?
Pretty Good!
と慣用句を延べてから用件を切り出すのがフツーである。

例えば仲間に何か尋ねる為に電話をかける場合でも、いきなり用件からは切り出さない。

小生の身近な例で言えば。

その1,NTのNさんから電話が掛かってきたとすると。

「お早う、今どこ~?」

「★★で待たされてるトコ」

「チョットエエかな~?」

「エエよ~」

とまずは小生を気遣う、それから、おもむろに。

「ところでな、○○○○行ったことある?」

「○○○○なら知ってるデエ!」

「今××××に居るんやけど、コッからドナイ行ったらエエか教えて~な」 と用件を切り出す。

「エエよ、××××に居るんやったら、△△見得(メ~)てないか?」

「目(メ)~とる、目~とる...」 と会話がつづく事になる。

その2,例えばアスペのTチャンから電話がか掛かってくると。

「お早う、○○○○どない行ったらええの?」

「○○○○...?...」

「なあ、聞こえてる?」

「ああ、聞こえとるデエ、聞こえとるけど、チョット待ってぇ~な!今手が離されへんネン」

「そやったん?ご免。ほな後から電話するわ。<ガチャン ,プープープー>」

「今の何??」 当然、後になっても電話は掛かってこない?

その3,こちらからアスペのSさんに電話を掛けたとすると。

電話が繋がるなりいきなり!

「もしもし、何の用?」 小生、口には出さないが心の中では

「<何の用?>は無いやろ!」と呟きながら、

「今、大丈夫でっか?」 と一応話は続ける事となるのだが...。

小生思うに、アスペのSさんにとっては「用が無ければこちらから電話はしない!だから、電話が掛かってきたら、キッと用があるに違いない!」とまあコンナ具合では無いか? 今の話は極端な例ではあるが、総じて、アスペルガー星人にはこの傾向 "ご機嫌を伺う事無く いきなり用件から切り出してしまう癖"があるようだ。

アスペの皆さーん、親しい間柄でも、いくら急いでいても"いきなり用件を切り出す"のはやめましょう! <まだまだ続くヨ~>

<本記事は05/31/2008に初稿公開した記事です>

公開:2008年5月31日
更新:2017年7月 3日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

アスペルガーの母子に捧げる社会順応講座 第9回TOP「アスペルガーの母子に捧げる社会順応講座」第11回




▲巷の話題へ戻る