タヌキがゆく

麻生太郎と橋本府知事 リーダーになった2人のアスペルガー 【レビュー記事】2009

<本記事は02/12/2009に旧サイトに初稿公開した記事のお引っ越し記事です>

誰がクビに鈴を付けるか?(アスペルガー症候群の告知をするか?)

不幸なアスペルガー星人とは、自分がアスペルガー星人で有ることを知らないアスペルガー星人である!

可哀相なアスペルガー星人とは、アスペルガー星人と気づきながら、NTとの"ズレ"を治そうと 一生懸命もがいている人たちである。

そして、幸福なアスペルガー星人とは、自分の素性を知り 良く理解し 無理をせずに世間に"同化"出来た人たちである。

「アスペルガーの母子に捧げる社会順応講座第12回 NTは日々の暮らしに変化を求め、アスペルガー星人は平穏無事を求める。」で小生が書いた教訓である。

最近の、麻生太郎首相の叩かれ方をニュースで見るにつけ、この教訓を思い出す。

一方、大阪府の橋本知事彼もまた不幸なアスペルガーの1人である。 どちらも"おっちょこちょい"で意地っ張り、自分勝手で、早とちり、 失言の多さは当代一二、 違うのは、支持率だけ?。

片方はバカなのか賢いのか判らないが 府庁舎WTC移転に執着?し、片方は総理の座に執着している。

橋本君は聖域無き財政改革と言いながら水都大阪2009プロジェクトと称して湯水の如く無駄金ををばらまこうとしてみたり、莫大な費用の掛かる府庁舎移転には積極的で国の直轄事業には高額な負担金を盾に徹底的に刃向かう?!姿勢を見せたり。

へそ曲がりの多いネイティブカミガタン(土着の大阪人)達からは熱狂的に支持されている様だが、何だか良く判らない!人ではある。

生真面目で一本気なNTの東国原知事とは大違いである。

対して太郎ちゃんは散々な目に遭っている。(当然と言えなくもないが。)

することなす事全部裏目、口を開けば失言ばかり失言宰相森前総理にまでこてんぱんに言われては立つ瀬無し!

太郎ちゃんも、国会で涙を流してみては?

橋下君に話を戻せば、確かに耐用年数を過ぎた耐震性に疑問のある現府庁舎を建て替えるよりはWTCを大阪市から叩いて購入した方が安上がりかもしれない。

しかしながら橋本君もWTC移転に拘ってバカりいては、有らぬ腹を探られ足下をすくわれるのではなかろうか?

太郎ちゃんは"沈黙は金なり"を学ぶべきである!と小生は思う。

そして誰か勇気のある側近が、一日も早く猫の首に鈴を付けるべきである。

「総理、貴方はアスペルガー症候群です!前任者の二の舞に成らぬ内に、一刻も早く解散総選挙に打って出るべきです!」 <この稿終わり>

<本レビューに対する読者のコメントです,有り難う御座います>

03/25/2009 「ニュースを読まねば」さんのコメント.

人は保守的なもの。残念な気もするが、これでいいのだ、橋本知事よ。

橋本知事が2年目の目玉課題として推進してきたWTCへの庁舎移転が大阪府の2月定例議会で否決された。

おおかたが予想した通りであったろう。

しかし、私は個人的に、これが通ったら大阪は面白い、と無理を承知で期待していたところもあった。

橋本知事は個人的には好き!

公開:2009年2月12日
更新:2018年7月22日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

【レビュー2009】デジタヌの告白、実録カルチャーショックTOP苦節66年、障害と共に歩んできた我が人生?




▲巷の話題・コラム項へ戻る

 

ページ先頭に戻る