タヌキがゆく

【鉄道フィクション】69年間待ち続けた男 第46話 近鉄リーグ初優勝

※<本稿は 02/16/2008 に旧サイトで初稿公開した小説のお引っ越し掲載です>

"阪神・近鉄友情物語" ー在る鉄道マンの半生ー【小説】69年間待ち続けた男。

この年、名将西本幸夫監督率いる近鉄バッファローズが念願のリーグ初優勝を勝ち取った。


鉄朗から久しぶりに電話が入った


『徹路さん、おめでとう御座います』
『ハア、何のことですか?』
『パリーグ優勝ですよ!』
『...』
『近鉄が、リーグ優勝したんですよ』
『はあ、そうだったんですか、じゃー僕も祝電をいれておかなくちゃ』
『何だ、ご存知無かったんですか?』
『や、世事に疎いモンで』
『や~、徹路さんらしいな...』
『嫌々、お恥ずかしい』
『所で、お仕事の方は如何ですか』
『ハイ、おかげさまで、何だ、かんだと近鉄さんが面倒みてくれて、怖いほど順調にいってます。』
『そうですか、それは良かったですね、ジャそろそろ内の仕事も...』
『いやいや、なにぶん少ないスタッフなので、とても阪神さんのお仕事まで...』
『そうですか...、それは残念だな。』
『有り難う御座います。』
『それでは。』


鉄朗の口からは、ナンバ線の話は出なくなってしまっていた。


12月東名阪自動車道が開通した。


翌1980年(昭和55年)円高で海外旅行ブームに火がつき伊勢・志摩の観光客は、それほどの伸びを示さなくなっていた。

この年、3月阪神高速道路松原線が全線開通した。

前年の東名阪自動車道の全通に続き、名阪間の車での移動が益々便利になってきた。


この月、吉野の父庄一が病に倒れた。

体の不調を訴え、病院で精密検査をしたところ、癌に冒されていることが判った。

肺ガンであった。

酒は飲まなかったが、煙草が好きであった父は、知らぬ間に癌に冒されていたのだった。


<続く>

公開:2008年2月16日
更新:2018年6月17日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

【鉄道フィクション】69年間待ち続けた男 第45話 娘婿金三、天職を見つけるTOP【鉄道フィクション】69年間待ち続けた男 第47話 父庄一の死




▲小説へ戻る