タヌキがゆく

【鉄道フィクション】69年間待ち続けた男 第20話 大阪高速鉄道 軌道特許申請

※<本稿は01/04/2008 に旧サイトで初稿公開した小説のお引っ越し掲載です>

"阪神・近鉄友情物語" ー在る鉄道マンの半生ー【小説】69年間待ち続けた男

翌週、役員会に再提出した特許申請案も否決され、

『遅くとも10月20日までには、最終案をまとめろ』
と社長直々に激をとばされた。


新婚だというのに、翌週からは家に帰れないことが多くなった。
何時(いつ)しか宿直室が、徹路と鉄朗の憩いの場となった。

寝食を共にするとはこの事である。

この時、鉄朗は元々野球選手に成りたかったことや、子供の頃から憧れていた大阪タイガースの親会社である、阪神電車に入社したいきさつなどを、徹路に語ってくれた。

期限の10月20日水曜日徹路と鉄朗が精魂込めて完成した特許申請書類が完成し、役員会に提出された。

今度は、満場一致で可決された。


そして11月8日月曜日、鉄道省に提出された。

いみじくも日本国憲法が公布されてから5日後のことであった。


徹路と鉄朗には絶対の自信があった。


後は、佐治社長が建設資金の工面をするだけの筈であった。

一仕事を終えた徹路と鉄朗は出向を解かれそれぞれの古巣に戻っていった。


ところが特許申請を知った大阪市が、"市営モンロー主義"を翳して猛反発した。

翌年1947年(昭和22年)5月3日に日本国憲法が施行された。

その年の6月1日、戦時統合で近鉄の一員であった、旧南海鉄道が新生南海電気鉄道として分離再出発を遂げた。


そして8月には長女由有紀(ゆうき)が誕生した。

10月には中川駅での乗り継ぎではあるが、名阪間特急が運行を開始した。


この年大阪タイガースが、戦後初めて通算4度目のリーグ優勝を果たした。
タイガースの優勝は、終戦後間もない大阪の町にとっても希望を持たせる明るい話題であった。


タイガースに憧れて阪神に入社した西宮鉄朗にとっては、入社後初めての優勝でもあった。
優勝のニュースを知った翌日、徹路は鉄朗にお祝いの電話を入れた。

『鉄朗さん、優勝おめでとう』
『有り難う、徹路さん...』
野球のことを何も知らなかった徹路に、野球について熱く語り、甲子園に引っ張り出したのも鉄朗だった。
『イヤ、ほんとにおめでとう。これで、大阪高速鉄道の特許も降りると良いのにね。』
『タイガースが希望をあたえてくれたんだ、僕たちの大阪高速鉄道にもきっと特許がおりるよ』
『そうだね、きっとそうなるよね。』
『きっと...、電話有り難う徹路さん、又合いましょう』
『それじゃまた』


その後待てど暮らせど鉄道省からは何のお沙汰もない。


そうこうしているうちに、翌年1948年(昭和23年)になって、大阪市が、大阪高速鉄道と同じルートで地下鉄5号線(・千日前線)の計画を立て市議会に計っていることが判明した。

そこで急遽阪神と協議し近鉄が独自で上本町から難波まで難波線を建設し、阪神は伝法線を西九条経由で難波まで延伸する計画に変更、早急に特許申請をやり直すことになった。

またしても、徹路の出番である。


係長になっていた徹路は3人程の部下を付けて貰い、万全の構えで延伸計画と特許申請書類を準備した。

唯一、佐治社長から、注文が出たのは、

『いいか阪神は必ず来る、難波駅で我々と手を繋ぐ、だから行き止まりの終着駅にしては成らん、阪神側につなげられるよう途中駅構造で計画しろ』
と言う条件だった。


今度は、3ヶ月で計画書が完成。

役員会も通過したが、阪神電車内の意見がまとまらず、申請が遅れた。

その間徹路は4月から名古屋線の播磨川分岐ー揖斐川分岐間の複線化工事の指揮を任され、現場所長として赴任した。
現場の所長に就任してからも、鉄朗と連絡を取り合い両社の打ち合わせ会議には帰阪し必ず出席していた。

任されていた複線化工事は7月21日に完成した。

久しぶりに我が子の顔を見に若江岩田の社宅に帰った。

チョット見ない間に長女は見違えるように大きくなっていた。


8月初め両社による最後の打ち合わせが行われ、両社供にそろって役員会に承認申請のため提出された、そして9月1日にそろって特許申請しこの日をもって、大阪高速鉄道も解散することとなった。

提出が終わった翌日、大阪市が千日前線の軌道特許を申請した。

それから長い苦難の道のりが始まることとなった。

<続く>

公開:2008年1月 4日
更新:2018年6月17日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

【鉄道フィクション】69年間待ち続けた男 第19話 初めての帰宅と新婚生活TOP【鉄道フィクション】69年間待ち続けた男 第21話 初めての大工事




▲デジタヌ作小説コーナーへ戻る

 

ページ先頭に戻る