タヌキがゆく

前略、USJ経営陣の皆様《レビュー2007》

<本記事は09/22/2007'タヌキがゆく'に初稿公開した記事のお引っ越し記事です>

何とかしようよ故郷・大阪 第5回 シリーズ「USJ再建は可能か?」

第1回 前略、USJ経営陣の皆様

結論から言うと、『今のまま無為無策で放置すれば"お先真っ暗、破綻に向けてまっしぐら!"』と言うことになる。

そこでデジタヌ流、起死回生の妙案を伝授しよう。

USJ関係者の方がごらんになっていたら、是非ご一考を。

"死に体のUSJ"に起死回生案として、以下の8項目を御提案申し上げる。

○場内アメリカ映画館街の新設、

○デビットカード、プリペイド時間入場券、ウィークエンドパス、ウィークデーパスの発行、

○プリクラならぬ、プチムービーサービス。

○連ドラ制作

○UJO映画学院の併設

○ファーストフードオープンスクエア&ファミレスモールの新設。 ○スカパー、サテライトスタジオの新設。

○サテライトショップの全国展開

先ず、USJが何故に駄目なのか?のおさらい。

よく言われることだが、この手のテーマパークの正否はひとえにリピターを作れるか?そしてリピターを作りやすい"後背人口"の絶対数にかかっている。

東京ディズニーランドの場合

首都圏と言われる関八州には凡そ日本の全国民の半数以上、6000万人が住むと思われる。

対して近畿圏には、多く見積もってもせいぜい2000万人、潜在顧客に3倍の開きがでてしまう。

夕張市の例を持ち出すまでもなく、今まで過疎地や遠隔地に作ったテーマパークでこのセオリーを打ち砕いた所は一つもない。

皆、経営不振に陥って閉園もしくは再建団体になっている。

後背人口はどうしようもないが、リピーターはアトラクションを含むコンテンツの質とサービス次第だと考える。

事実、本家USロスにしろ、USフロリダにしろ、西海岸・東海岸と言った後背人口と言うには、余りにも広いエリアを対象に集客している。

もう一つは前回も述べた様に周辺の観光スポットとの連携で、如何に多くの観光客を"この"地域"に呼び込めるかである。

USJ単独でアトラクションにばかり拘っても"金を喰う"だけで所詮限度がある。

ロスの御本家にしろ、フロリダの分家にしろ、西海岸、東海岸と言った狭いエリア?の後背人口だけに頼らずアメリカ全土、やヨーロッパ、アジア圏等の世界から集客している。

何れもUS独自ではなく、ディズニーとの"共存共栄"相乗効果で人を呼んでいる。

"フロリダに行けば何でもある"である

対峙するのではなく、共存しているのである。

東京ディズニーは心得た物で、Dランドだけでなく、"ディズニーシー"を併設して、本家ロスディズニーをも凌いでいる。

大阪市以外のUSJ関係者とすれば、千葉か川崎、横浜当たりに作っておけば,,,,かもしれない。

さて、繰り言はよして、本題の大阪USJの再建策である。

東京ディズニーを意識するのは結構だが、真似るのは外構の景観整備に関わっている植木職人やトイレ掃除のオバさんに至るまで徹底した質の高い従業員教育(意識教育)!ぐらいでよい。

ある意味ディズニープロとのがんじがらめのライセンス契約で自由度の無い東京ディズニーに比べ、大阪USJは独自路線が如きやすいはずである。

ナニワ商人の知恵と意地を発揮して、本家アメリカにも勝る、一大エンタテイメントパークを実現すればよい。

○場内アメリカ映画館街の新設

キーワードは"映画の都" 無料のアトラクションとは別に、パーク内に、別料金のロードショウ映画館を作る。

ユニバーサルに拘らず、MGM,ユナイト、20世紀FOX、ワーナーブラザースの作品を上映するミニシアターモールである。

それぞれ客席は150席程度でよい、 ただ上映方式はフィルム上映ではなく最先端の、次世代超高品位デジタルプロジェクション方式とする。

勿論最新鋭の音響設備を備え、全席ビジネスクラス並の高級リクライニングシート。

何れも、一般館に先だって、最新封切り映画を上映する。

勿論、プレミアショウも出来るように、600席程度の連続した会場にも出来るように設計しておく。

これとは別に"試写室"を設け、本国ユニバーサルスタジヲに協力して貰い"ユニバーサルアーカイブ大阪"を設立する。

ユニバーサルの膨大なコレクションの中から厳選した名作を最新のディジタル技術で修復し、毎日日替わりで上映する。

これは入場料のみの無料コンテンツとする。

○デビットカード、プリペイド時間入場券、ウィークエンドパス、ウィークデーパスの発行

そして今回の提案の超目玉が"レジストレーション"の見直し。

基本料金大人¥5,800-/1day/12H→¥483/hは東京ディズニーと同額アトラクション付きと考えればそう高くはないと思うが、問題は"得々切符"のたぐいである。

現状でも、2dayチケット,,,,等の得々切符は発売されているが、何処かのテーマパークの真似ごと、と言うより右にならえ。

ド糞(クソ)性?はあっても、独創性に欠ける。

そこで、

①、業界に先駆けて、デビットカード=携帯端末の採用。

専用エントリーゲートでデビットを利用できるようにする。

②プリペイド時間入場券、

これが本趣向の超目玉!

後述する全国に配置したサテライトショップで最低入金額¥5、000から¥1,000-単位でICプリペイドカードを発行する。

これは有効期限無しで残金¥1、000-以上でいつでも入場可能とする。

そしてここがポイント、¥30/5minで.入場時間に応じて出口設置の精算機で精算出来る方式とする。

但し残金払い戻しは無し!又パーク内の土産店で利用可とする。

コレデ入園料金は20%up割引となる。

通常am9;00~pm9;00の閉園まで12時間滞在している人はいないので、実質的には40%位の割引に成る。

但し、複数人利用はお断り、あくまでもレジストレーション・エントリーの本人のみ利用可とする。

③ウィークエンドパス、

これは現在の2dayパスを名称変更。

④ウィークデーパス、

これは、平日ゆっくりと楽しんでいただくため、祝祭日を除く二日間連続で利用可とし、割引率は40%とする。

○プリクラならぬ、プチムービーサービス

アトラクションの新趣向としては、貴方が主演の"プチムービー"を新設。

これは、ユニバーサル版権の人気タイトル?コナンザグレート等の約5分程度の予告編にはめ込み合成で主人公orヒロインを演じて貰い。そして後日、DVDもしくはBDでご本人の名前の入ったタイトルロールまで完全な、予告編バージョンを送付する。

制作費は¥20,000-/1名程度とし、貸衣装、メーキャップ体験料金を含む事とする。但し完全予約制。

予約は2日前までEmailで受付とする。

限定一日6名大体着付けメーキャップ、撮影含み2時間以内とする。

○連ドラ制作

これは在阪の、地上波TV局と共同でUSJを舞台にした1時間ドラマを制作、全国に配信する。

主演は人気のタッキー、当たりが良かろう。

内容は、USJで働く、若きアトラクションプロデューサーの奮闘を、隣接のリゾートホテルマンのヒロインとの恋愛を絡ませながら描いてゆく、全20話/5ヶ月/1クールぐらいの予定で開始、好評であれば続編、続々編と続けてゆく。

ト~ゼン セット以外のロケはUSJの敷地、と隣接ホテル街のみ。期待効果としては、若年層のとりこみ。

USJに行けば、貴方もタッキーに会えるかも、、、とプロモーションする。

○UJO映画学院の併設

専科専門の我が国初のムービーカレッジを併設する。

監督、プロデューサー、カメラマン、音響設計、特殊効果、、、映画作りのスペシャリストを育成と言う触れ込みで、毎年各課2名程度募集する。

講師陣には、ユニバーサルの誇る、超有名監督等の名を連ね、実際、年に1,2度公演に招く。

但し、公演自体は一般公開のオープンキャンパスとし、これもUSJのイベントとして利用。

普段は在阪TV局の下請け制作会社等に教官を依頼。但し卒業記念自主制作映画(ディジタルハイビジョン制作)を前出、園内ロードショウ劇場で公開出来ることとする。

授業料は¥240万程度が適当であろう、但し、USJで準社員(パートタイム)の資格で、前出プチムービーサービスのスタッフ、アーカイブの修復、等として実践を積んで貰う。

○ファーストフードストリート&ファミレスモールの新設

駐車場に階上デッキを設け、ファーストフード、ジャンクフード等のオープンフードスクエアを設け、続けてファミレスモールも併設する。

マクド?、吉野屋、ポンズ、バーミヤン、サイゼリア、毎度おおきに食堂、かっぱ寿司、等あらゆるジャンルのファミレス、とファーストフード、を集めた、モールを作る。

コレデ入園者の食事の心配は無くなる。

且つUSJ園外なので周辺住人も利用できる、新たなる呼び物の一つとして利用できる。

○スカパー、サテライトスタジオの新設。

スカパーサテライトスタジオを園内に設置、USJチャネルをここから通信衛星放送する。

内容は前出、専科生による、プロモーションビデオの放映、アトラクション・イベント紹介、駐車空き情報、等...

○サテライトショップの全国展開

全国主要都市のターミナル・空港等にUSJサテライトショップを展開する。

当初はキオスク程度のスペースで良いと思うが、常時プロモーションビデオ放映やUSグッズ販売、前出プリペイドICカードの販売、プチムービー予約、等に当たらせる。

以上、取りあえず末広がりの8項目をご提案申し上げる。

(デジタヌには、まだまだアイデアございますが、エッへン...!)

渉外技術上、純技術上、それに資金繰りとか色々な技術上の問題があるだろうが、決してどれ一つ取って実現不可能では無いと確信している。

これまでつぎ込んだ大阪市民の膨大な血税を無駄にしないためにも、是非ご一考を。

何だったら、小生が今の仕事を擲って再生プロジェクトリーダーを買って出ても良い?! (関係者の皆様、本件に関してのお問い合わせは、秘密コメントで受け付けております。狸穴工房代表デジタヌ)

公開:2007年9月22日
更新:2018年8月24日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪ハーバーゾーンの活性化を考える 《レビュー2006》TOPオリンピックて何なの?  ーコラム2008ー




▲エンターテインメント・コラムへ戻る

 

ページ先頭に戻る