音楽・演劇・便利帳 音楽好きのためのおぼえがき

DTM機材

クラシックファンのためのDTMの利用法とソフトウエアの紹介。

アマオケの悩み2 普段の音合わせ練習の欠員(欠席パート)をどうするか?その2
大多数のマイナーアマオケではコンサートメンバー全員揃った合同練習などゲネプロ(本番前の舞台練習)以外はあり得ない!...ならばいかにして普段の欠音(欠員)だらけの練習合奏を本番並みの「ハーモニー」を再現するか?救世主はDTMの活用意外には考えられない!
ローランドAerophone AE-10はアマオケで使えるか?
ローランドAerophone AE-10はアマオケで使えるか?DTM機材の老舗ローランドから デジタル管楽器「エアロフォン」としてAerophone AE-10が発売された。今回は新規参入のローランドが1機種、古参のAKAIの3機種について「アマオケ合同練習で違和感なく使えるか?」について検討してみた。
アマチュア音楽サークル活動向け 合奏練習用 機材あれこれ
生楽器音にこだわっていては限られた時間で練習するアマチュアには限界がある!21世紀こそデジタル機材を有効に利用して、限られた練習時間を有効に活用しましょう。デジタヌがハイテク練習機材?を紹介。
最新 楽譜作成ソフトウェア Finale  version 25
デジタヌはピアノが弾けない!ので本ソフトはキーボードとマウスを使った手入力で入力しているが、"コピー&ペースト機能を最大限利用すれば、マーラーの交響曲でもへっちゃら!もちろんピアノが弾けるならMIDI用のキーボード(鍵盤)を使えば、かなり時間短縮が可能だろう。最新版ではネイティブで64bitに対応。プロ作曲家を目指す方はもちろんアマチュア日曜音楽家の方にも。
PrintMusic2000(楽譜作成ソフト)によるDTM実践編その1
Claude Achille Debussy作曲ベルガマスク組曲より月の光/オー...
ギタリスト待望のDTM入力インターフェース!
ローランドのギター用DTMセット、midiキーボードが使えなくてもエレキ一本で、ドラム、ブラス、もOK、多重録音機能で"一人バンド"完成!デモテープ(CD)が制作できる。あなたもシンガーソングライターとしてデビューできるかも?
DTM用のパソコン・ハード環境を極める(5)
DTMで作成した電子譜面を出力する...となるとプリンタが。楽譜をOCRで読ませるとなるとスキャナが必要...そして...。贅を極めたDTM環境完結編。
DTM用のパソコン・ハード環境を極める(4)
DTMに必須の入出力機器。キーボード、音源、モニター、スピーカーについて解説。 使いやすい入力機器と、よりよいサウンド出力でDTMはもっと楽しくなる。
DTM用のパソコン・ハード環境を極める(3)
楽譜作成をはじめDTM作業は何かとメモリ食い...メモリイーターだ。ということはメモリーは多いに越したことはない。そしてHDDはどうなの?というと...
DTM用のパソコン・ハード環境を極める(2)
DTMマシンのかなめ、OS、CPU、GPU(グラフィックス)について考えてみる。さて、まずWinかMacかから...。
DTM用のパソコン・ハード環境を極める(1)
DTM用のパソコンと周辺機器の決定版を考えてみる。 ノートパソコンかデスクトップパソコンか?MacかWindowsか?32ビット版か64ビット版か?CPUをどうするか?インテルかAMDか? 検討項目は結構多い。
DTM用の機材vol.4 音源編 -DTMをはじめる(5)-
音源によって同じMIDIデータでも天と地ほどの音の差がある。 やはりおすすめはハーウェア音源だが...。
DTM用の機材vol.3 MIDIキーボード編-DTMをはじめる(4)-
MIDIキーボード(MIDIコントローラー)は楽譜の入力速度を格段に上げてくれる。楽譜を速く入力したいのなら必須のツールだ。
DTM用の機材vol.2楽譜作成ソフト編-DTMをはじめる(3)-
楽譜作成ソフトは何を選ぶか、楽譜作成ソフトのメジャーな3シリーズを紹介。 ついでに筆者の使っているPrintmusic2010をおすすめしちゃう!
DTM用の機材vol.1パソコン編-DTMをはじめる(2)-
楽譜作成ソフトを使ってDTMをはじめるのに必要な機材。まずはパソコンとパソコンに必須の周辺機器について解説。
楽譜作成ソフトは便利だ!-DTMをはじめる(1)-
楽譜作成ソフトはとっても便利。アマチュア音楽家にも無縁でない。移調は簡単、きれいなパート譜ができる。パソコンに演奏させてみることができる。
Finale PrintMusic2010(イーフロンティア)
イーフロンティアのPrintmusic2010は安価なのにかなり高機能な譜面作成ソフト。MIDI入出力可能、OCR機能つき、24パートまでOKと頼もしい。




▲楽器・ツールへ戻る