音楽・演劇・便利帳 音楽好きのためのおぼえがき

コンテンツ・書籍情報

作曲家と作品(名盤)紹介

フンメル(Johan Nepomuk Hummel)
ハンガリーの作曲家・ピアニストのフンメルに関する概説。よく演奏されるはトランペットの重要なレパートリーの1つ「トランペット協奏曲ホ長調」、現在演奏会などでは移調して現在変ホ長調で演奏されるのが通例となってしまったこの曲について語る。
Rachmaninov:ラフマニノフ
ロシアの作曲家、ピアニストのラフマニノフに関する概説と、よく演奏されるラフマニノフの作品(楽曲)の紹介。
Borodin:ボロディン
ロシアの作曲家、ボロディンに関する概説と、よく演奏されるボロディンの有名作品(楽曲)の紹介
Gershwin:ガーシュウィン
アメリカの作曲家、ガーシュウィンについての概説と、よく演奏されるガーシュウィンの有名作品(楽曲)の紹介
Puccini:プッチーニ
イタリアの歌劇作曲家、プッチーニに関する概説と、よく演奏されるプッチーニの有名作品の紹介。
Grieg:グリーグ
ノルウェーの作曲家、グリーグに関する概説と、よく演奏されるグリーグの有名作品(楽曲)の紹介
Bizet:ビゼー
フランスの作曲家ビゼーについての概説とよく演奏されるビゼーの有名作品(楽曲)の紹介。
Shostakovich:ショスタコーヴィチ
ロシア(ソヴィエト時代)の作曲家、ショスタコーヴィチに関する概説と、よく演奏されるショスタコーヴィチの有名作品の紹介
Holst:ホルスト
イギリスを代表する作曲家、ホルストについての概説と、よく演奏されるホルストの有名作品(楽曲)の紹介。
Humperdinck:フンパーディンク
ドイツの作曲家フンパーディンクに関する概説とよく演奏されるフンパーディンクの有名作品の紹介。
Hérold:エロルド(エロール)
フランスの作曲家エロルド(エロール)についての概説と、よく演奏されるエロルドの有名作品(楽曲)の紹介
Vaughan Williams:ヴォーン・ウィリアムズ
イギリスの作曲家、ヴォーン・ウィリアムズについての概説と、よく演奏されるヴォーン・ウィリアムズの有名作品(楽曲)の紹介。
Telemann:テレマン
ドイツの作曲家テレマンに関する概説と、よく演奏されるテレマンの有名作品(楽曲)の紹介
Rodgers(Richard ):リチャード・ロジャース
アメリカ合衆国の作曲家、リチャード・ロジャースに関する概説と、よく演奏される有名作品(楽曲)の紹介
Händel:ヘンデル
ヘンデルに関する概説と、よく演奏されるヘンデルの有名作品(楽曲)の紹介
Saint-Saëns:サン=サーンス
サン=サーンスに関する概説と、よく演奏されるサン=サーンスの有名作品の紹介。
伊福部昭
日本を代表する作曲家、伊福部昭についての概説とよく演奏される有名作品の紹介
Ravel:ラヴェル
ラヴェルについての概説とよく演奏されるラヴェルの有名作品(楽曲)の紹介。
Weber:ウェーバー
ウェーバーについての概説と、よく演奏されるウェーバーの作品(楽曲)の紹介。
Wagner:ワーグナー
ワーグナーに関する概説と、よく演奏されるワーグナーの有名作品(楽曲)の紹介。
Prokofiev:プロコフィエフ
ロシアの作曲家・指揮者、プロコフィエフに関する概説と、よく演奏されるプロコフィエフの有名作品(楽曲)の紹介。
Glazunov:グラズノフ
ロシアの作曲家グラズノフに関する概説とよく演奏される有名作品(楽曲)の紹介。
Balakirev:バラキレフ
ロシアの作曲家バラキレフについての概説とよく演奏されるバラキレフの有名作品(楽曲)の紹介。
Mozart(W・A):モーツァルト
モーツアルト(W・A)についての概説とよく演奏される有名作品(楽曲)の紹介。
Bartók :バルトーク
バルトークについての概説と、よく演奏されるバルトークの有名作品(楽曲)の紹介
Haydn(F・J):ハイドン
ハイドン(F・J)に関する概説と、よく演奏されるハイドンの有名作品(楽曲)の紹介。
Mahler :マーラー
マーラーに関する概説と、よく演奏されるマーラーの有名作品(楽曲)の紹介。
Dvořák :ドヴォルザーク
チェコの作曲家ドヴォルザークに関する概説と、よく演奏されるドヴォルザークの有名作品(楽曲)の紹介
Vivaldi:ヴィヴァルディ
ヴィヴァルディに関する概説と、演奏会でよく取り上げられるヴィヴァルディの有名作品(楽曲)の紹介。
Schumann:シューマン
シューマンについての概説と、演奏会でよく演奏されるシューマンの有名作品(楽曲)の紹介。
Bach(J・S):バッハ
バッハについての概説と、演奏会でよく演奏されるバッハの有名作品(楽曲)の紹介
Sparke:スパーク
イギリスの吹奏楽がメインの作曲家フィリップ・スパークについての概説と、演奏会でよく演奏されるスパークの有名作品の紹介。
Reed:リード
20世紀を代表する吹奏楽の作曲家、アルフレッドリードについての概説、および、よく演奏されるリードの有名作品(楽曲)の紹介
Sibelius:シベリウス
シベリウスについての概説と、演奏会でよく演奏されるシベリウスの有名作品(楽曲)の紹介。
Gounod:グノー
フランスの作曲家グノーについての概説と、よく演奏されるグノーの有名作品(楽曲)の紹介。
Beethoven:ベートーヴェン
ベートーヴェンについての概説と演奏会でよく演奏されるベートーヴェンの有名作品(楽曲)の紹介。
Tchaikovsky:チャイコフスキー
チャイコフスキーについての概説と、演奏会でよく取り上げられるチャイコフスキーの有名作品(楽曲)紹介。
Nielsen:ニールセン
デンマークの作曲家ニールセンと、演奏会でよく取り上げられるニールセンの有名作品(楽曲)
Mendelssohn:メンデルスゾーン
メンデルスゾーンについての概説と、演奏会でよく取り上げられるメンデルスゾーンの有名作品(楽曲)の紹介
Brahms:ブラームス
ブラームスについてと、演奏会でよく演奏されるブラームスの有名作品(楽曲)の紹介。

楽譜

楽譜ショップガイド
楽譜は本屋さんより専門店のほうがやはり品揃えが豊富。そして楽譜専門店は特定ジャンルに特化していたり、なにかと個性的です。
ミュージックエイト-オーケストラ・吹奏楽の楽譜屋さん-
ポップス系の曲のオーケストラ譜・吹奏楽譜を出版している楽譜出版社、ミュージックエイトの紹介。クラシックのアレンジ譜もあった。
IMSLP / ペトルッチ楽譜ライブラリー (フリー楽譜)
ペルトッチ楽譜ライブラリーには著作権の切れた楽曲のフリー(無料)の楽譜がpdf大量所蔵されている。とっても便利!23000曲以上の楽曲が所蔵されている。これを使わない手はない!

教則本

アーバン金管教本 12の幻想曲とアリアに関する、ド素人のちょっとした思いこみ?
小生は最近までアーバンの"12の幻想曲とアリア"は全てB♭管用に書かれていると思いこみ、全曲B♭管でまんま吹いていた...、ところが、ソロパートのMIDIを製作しようと思い立ち。よくよく譜面を眺めると...。第2曲はナ....ナンと、"A管用"になっているではないか!(コリャ "アカン"で~?)
コプラッシュ60のエチュード/ホルン
19世紀ドイツの作曲家・ホルン奏者のゲオルグ・コプラッシュによるホルンのための60のエチュードの紹介。第44曲、第55曲、第58曲のソフトウェアー音源によるmp3サンプルファイル付き。
コプラッシュ 60のエチュード/トランペット
コプラッシュ(コップラッシュ)はドイツの作曲家・ホルン奏者で、「60のエチュード」は現在はトランペット・トロンボーンなどの練習曲集としても有名である。
アーバン再発見?-14の性格的練習曲のMIDIつき-
教則本はつまらないか?今回は"アーバン金管教本2"に掲載されている「14の特別な練習曲」をMIDIデータ化してみた。タダタダ、面倒で難しいだけでなく、結構イケてる様に思うのだが...。
ミュール サックス教本
サックスの教則本といえばやはりミュール。初級者向けのものから上級者向けのものまであるので、段階を踏んで練習することができます。
サウンド・メイクのためのトップ・トーン・フォー・サクソフォン
一見すると、ハイトーンのための教則本である。その実、が、自然倍音に焦点を当てた音作りののためのサクソフォンの教則本である。
アルテ(ALTES)フルート教則本
フルート教則本で最も有名なもの。ヘンリー・アルテ(ス)の著書である。 さまざまな版が出版されている。
クラーク金管教本/トランペット
アーバンが金管教本の旧約聖書なら、クラークの金管教本は新約聖書と言われる。4冊あるが、うち一冊は初心者でも使えるものなのもうれしい。ただ、全部洋書ね。
アーバン金管教本(ArbanMethod)/トランペット
アーバン金管教則本といえば、言わずとしれた金管楽器(トランペット・コルネット)のバイブル的教則本だ。やはり金管やるならぜひ持っていたい教則本だろう。

書籍

【書籍紹介】音律論/東川 清一  著/春秋社刊の紹介
同じ旋律に短3度と長3度のハモリをつけるとき、どうして平均律(練習ピアノ音程)からずれてしまうの?と常々ぎもんを感じてきた、アマチュア音楽家に、理論に裏打ちされた明快な回答で答える本。実音による絶対音感崇拝主義にドレミファ......の音階による長調、単調などの調性に依存する'相対音程(音感)の重要性を説いた理論書。デジタヌは納得しましたハイ。
クラウド・ゴードン さんとその著書"金管演奏の原理"
実戦的で非常にわかりやすく、金管演奏に関わるあらゆる"屁理屈"と"迷信"を一掃してくれて、読んでいて非常に"痛快"であり、又"納得"出来、しかも"勇気付く"本。
【ホルン奏者】フィリップ・ファーカスさんと著作紹介 
名ホルン奏者、フィリップファーカスによる、アンブシュアに焦点をあてた理論書。 有名奏者のアパチュアの写真も多数掲載されている。金管プレイヤーの必読書。
サクソフォーン上達法
アメリカのジャズサクソフォン奏者であり、教育者でもある デビッド・リーブマンによる、サクソフォン奏法の理論書である。
サクソフォーン演奏技法
アメリカにおける、クラシカル・サクソフォンのパイオニア的存在であるラリー・ティール の著書。解剖学・生理学に基づいた理論解説とトレーニング法の本だ。
金管演奏の原理-クラウド・ゴードンによる自然科学的解明-
この本はクラウド・ゴードンによる金管の理論書。日本語表題はかなり堅苦しいが、直訳しちゃうと「金管吹くのは息するのと同じくらい簡単」といったところだ。内容は舌の位置と呼吸コントロールに着目したものである。

音楽関連雑誌

デジタヌおすすめWEB版「コンサート・ガイド」/音楽之友社の紹介
音楽の友者が運営しているWeb版「コンサート・ガイド」リニューアルを取りあげた記事。

管楽器カラオケ

無料・管楽器カラオケコーナーについて
デジタヌのD.T.M.器楽カラオケシリーズの紹介記事。制作動機や、意図を説明しています。
管楽器カラオケ モーツアルト ホルン協奏曲No.4 第1楽章
デジタヌのDTMによるホルンの為の管楽器カラオケ・シリーズ、原曲?と打って変わってど派手なピアノアンサンブル編曲版は如何でしょうか?
管楽器カラオケ(ソロホルン用)  ドヴォルザーク 交響曲第7番ニ短調 Op.70 第2楽章 ピアノ管楽アンサンブル編曲版
デジタヌのDTMによるホルンの為の管楽器カラオケ・シリーズ、ドヴォルザーク交響曲シリーズ第2弾、今回はピアノ&管楽アンサンブル編曲版、アマチュア吹奏楽団におすすめの一曲。
管楽器カラオケ(ソロホルン用) マーラー 交響曲第5番 嬰ハ短調 第3楽章 スケルツォ
デジタヌのDTMによるホルンの為の管楽器カラオケ・シリーズ、いよいよマーラーの第5交響曲の第3楽章が登場。マーラー ファンのホルン吹きなら一度は挑戦してみたい大曲の1番美味しい楽章をデジタヌがD.T.M.化 ソロホルン用カラオケとして公開。
管楽器カラオケ(ソロホルン用) ドヴォルザーク 交響曲第6番ニ長調 第2楽章
デジタヌのDTMによるホルンの為の管楽器カラオケ・シリーズ、小生の最も好きな作曲家ドヴォルザーク学長の日本では演奏される機会があまり無い知られざる名曲 交響曲第6番ニ長調の第2楽章のDTMカラオケです。
管楽器カラオケ(ソロホルン用) R・ワーグナー ジークフリート牧歌
デジタヌのDTMによるホルンの為の管楽器カラオケ・シリーズ,ワグネリアンを自称するひとなら、舞台に賭けてみたい曲の一曲。ブラバンでも出来る形に編曲しました。
管楽器カラオケ(ソロホルン用) シューマン アダージオとアレグロ Op.70
デジタヌのDTMによるホルンの為の管楽器カラオケ・シリーズ、ピアノ伴奏者選任の都合でアマチュアではなかなか手が出せない難曲を、DTMでさくせいしました。 個人的に楽しむには十二分のレベルにしあがっています。いいヘッドフォンで視聴してください。
管楽器カラオケ(ソロホルン用) モーツアルト ホルン協奏曲第2番変ホ長調 K.417
デジタヌのDTMによるホルンの為の管楽器カラオケ・シリーズ、モーツアルト ホルン協奏曲第2番変ホ長調 K.417のピアノ木管アンサンブル編曲版、デジタヌは特にこの曲の第2楽章がとくにすきである、あの脳天気なモーツアルトが書いたとはとても思えない...。
管楽器カラオケ(ソロホルン用) モーツアルト ホルン5重奏曲 K.407 クラリネット6重奏編曲版
デジタヌのDTMによるホルンの為の管楽器カラオケ・シリーズ、CDの種類の多さのわりには、変わった編成が災いして演奏会できくチャンスが少ない曲でもある。そこでクラリネット6重奏に編曲してみました。パート譜は専用メールフォームでお申し込みください。
管楽器カラオケ(ソロホルン用) デュカス ホルンとピアノの為のヴィラネル
デジタヌのDTMによるホルンの為の管楽器カラオケ・シリーズ、ホルン吹きにとって、デュカスと言えば「魔法使いの弟子」ではなくこの曲。名だたるホルン奏者が腕比べをしているが、貴方も本ピアノ伴奏でチャレンジしてみてはいかが...。
管楽器カラオケ(ソロホルン用)ウェーバー ホルン小協奏曲 ホ短調 Op.45
デジタヌのDTMによるホルンの為の管楽器カラオケ・シリーズ、ウェーバーのコンチェルティーノ、アーバンやコプラッシュに退屈したら、教本代わりにチャレンジしてみてはいかが...。
器楽カラオケD.T.M. サンサーンス ロマンス in E Op.67
デジタヌのD.T.M.器楽カラオケシリーズ、ご存じサンサーンスの有名な小品。ピアノの名手でもあった彼の作品らしく、ピアノ伴奏が難しそうで伴奏者捜しに苦労させられるアマチュアでは、なかなか演奏する機会の少ない曲でもある。小生は本ピアノ伴奏で練習していたらご近所から、苦情ならぬ「お褒めの言葉」をいただきました!?
管楽器カラオケ(ソロホルン用) ブラームス ホルン3重奏曲 E♭クラリネット 編曲版
デジタヌのDTMによるホルンの為の管楽器カラオケ・シリーズ、オリジナルのバイオリン版をアマチュアでも容易に?楽しめる様、E♭クラリネット版に編曲しました。E♭クラリネットパート譜はPDFで掲載しております。 又E♭Clでも楽しめるように、クラリネット用のカラオケもけいさいしてあります。
管楽器カラオケ(ソロホルン用) ドヴォルザーク 弦楽4重奏曲 アメリカ
デジタヌのDTMによるホルンの為の管楽器カラオケ・シリーズ、弦楽4重奏の名曲 ドヴォルザーク作曲「アメリカ」の第2楽章を管楽6重奏にアレンジしてみました。ホルンパート譜もPDFで掲載しました。
管楽器カラオケ(ソロホルン用) モーツアルト ホルン協奏曲No.3 K.447
デジタヌのDTMによるホルンの為の管楽器カラオケ・シリーズ、Mozart,Horn Concerto No.3 K.447 E-flat major:プロ・アマ問わず、ホルン吹きの「定番レパートリー」いわば「吉野家の牛丼」!?、友人で有り、「旅回りのホルン芸人」であったロイド・ケープの依頼で小遣い稼ぎに作った本の手慰みの曲?為に田舎の「間に合わせ楽隊?」でも間に合うように、伴奏はあまり凝っていない。そこで、デジタヌが大胆に?アレンジしてみました!
管楽器カラオケ ハイドン トランペット協奏曲 in E-flat major DTM Synthesizer Music
デジタヌのDTMによる管楽器カラオケ・シリーズ、ハイドン トランペット協奏曲 in E-flat major DTM Synthesizer Music,ご存じ名曲中の名曲、トランペットを学ぶものにとって、「最初の目標」腕試し課題。finareによる本物そっくりの音でおたのしみください。
管楽器カラオケ フンメル トランペット 協奏曲 ホ長調
デジタヌのDTMによる管楽器カラオケ・シリーズ、フンメルトランペット協奏曲 ホ長調版のピアノ伴奏をDTMで作成、ソロパート付きお手本?と、リードスネアリズム付きピアノ伴奏をけいさい。
管楽器カラオケ(ソロホルン用) R・シュトラウス ホルン協奏曲 ピアノ伴奏
デジタヌのDTMによるホルンの為の管楽器カラオケ・シリーズ、R・シュトラウス ホルン協奏曲第1、第2の 練習用ピアノ伴奏、練習用ですので、リードリズムとしてスネアドラムがいってます。
管楽器カラオケ(ソロホルン用) シューベルト 交響曲 第8番 ロ短調 D759「未完成交響曲」ピアノアンサンブル編曲版
デジタヌのDTMによるホルンの為の管楽器カラオケ・シリーズ、シューベルト「未完成交響曲」のデジタヌによるピアノアンサンブル編曲版のフルバージョンと1st.ホルン練習用 カラオケ。
管楽器カラオケ(ソロホルン用) モーツアルト ホルン協奏曲 第1番 K412  ピアノアンサンブル版
デジタヌのDTMによるホルンの為の管楽器カラオケ・シリーズ、モーツアルト、ホルン協奏曲第1番ニ長調 K.412 ピアノアンサンブル編曲版。編曲者:digitanu ソロパート付きつきお手本、伴奏カラオケ版をそれぞれ掲載。尚伴奏カラオケにはリードリズムとしてスネアドラムが追加されています。従ってあくまでも練習用途でレコーディングには使用できません。
管楽器カラオケ(ソロホルン用) フンメル トランペット協奏曲変ホ長調
デジタヌのDTMによる管楽器カラオケ・シリーズ フンメル トランペット協奏曲変ホ長調ピアノ伴奏
管楽器カラオケ(ソロホルン用) ブラームス交響曲3番第3楽章
デジタヌのDTMによるホルンの為の管楽器カラオケ・シリーズ、ヨハネス・ブラームス作曲 交響曲第3番ヘ長調作品90より第3楽章Poco allegretto ホルンのご存じ定番ソロ楽曲
管楽器カラオケ(ソロホルン用)亡き王女のためのパヴァーヌ-
デジタヌのDTMによるホルンの為の管楽器カラオケ・シリーズ、PrintMusic2010J のソフトシンセによるオーケストラバージョンのカラオケ。

MIDI

ラインムジーク
クラシックのピアノ曲中心のMIDI集サイト。オルゴール仕様のMIDI曲もある。
童謡・唱歌・世界の民謡・世界の歌
童謡・唱歌・世界の民謡のMIDIデータダウンロードサイトの紹介。聞き覚えのあるあの歌、この歌がそろっています。
Classicalarchives.com
MIDIを利用すればピアノ伴奏が簡単にできちゃう! で、クラシックのMIDIデータがないかと探してみれば...ありました。

WEBコンテンツ紹介

アマオケが自前のホームページを簡単に作る方法紹介
アマチュアオーケストラが自前の個性ある本格的な公式ホームページを作る幾つかの方法を紹介。




▲ホームへ戻る