音楽便利帳

横坂源《 Virtuoso Navi 》

,

Official Website https://wmg.jp/yokosakagen/profile/

チェリスト横坂源(ヨコサカ・ゲン)のプロフィール

1986年生まれ。名前の通り若きGen楽器界のホープ!

国内の主要音楽祭に出演

「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」(東京、新潟)、「東京の夏」音楽祭、「宮崎音楽祭」、「軽井沢8月祭」、「東京・春・音楽祭」、「武生国際音楽祭」。

マスメディアにも積極的に出演

題名のない音楽会21」「読響 Symphonic Live ~深夜の音楽会」「クラシック倶楽部」「FM名曲リサイタル」等テレビやラジオにも頻繁に出演するなど、最も幅広い演奏活動を展開している。

略歴

1999年10月、13歳で東京交響楽団とサン=サーンスのチェロ協奏曲を共演。

2002年7月、全日本ビバホール・チェロコンクールでの最年少優勝(15歳)を初め、国内での受賞歴多数。2005年 第15回「出光音楽賞」受賞

2008年には第7回「齋藤秀雄メモリアル基金賞」を受賞。

2009年5月 全ドイツ学生音楽コンクールで第1位(室内楽)

第59回ミュンヘン国際音楽コンクール・チェロ部門で第2位を受賞。(※1位は1982年生まれドイツ人のユリアン・シュテッケル)

2010年9月のミュンヘン国際音楽コンクールでは審査委員長のパメラ・ローゼンベルクが、新聞各誌のインタビューに答え、その演奏は「深さを示している。それに個性的なことと広がり」と特徴づけ、「まぎれもない詩人」と評した。

若くして"ヴィルトゥオーソ"の仲間入り

豊かな音楽性やイマジネーションが卓抜したテクニックで表現され、「力強く、豊かで、円熟した音色、そして高い集中力と、何よりも情熱的で生き生きとした演奏」(ドイツ、ハレール・タグブロット紙)、「卓越した技巧に加え、鋭い感性、豊かな音楽性、質の高い表現力など、天才肌とも言える驚異的な才能の持ち主」(『音楽の友』誌)など世界各国の専門誌から絶賛されている。

桐朋学園女子高等学校(男女共学)、同ソリストディプロマ・コースを経て、シュツットガルト国立音楽大学、並びにフライブルク国立音楽大学で研鑚を積む。鷲尾勝郎、毛利伯郎、ジャン=ギアン・ケラスの各氏に師事。2016年9月、ワーナーミュージック・ジャパンより初のCDとなる「J.S.バッハ:ガンバ・ソナタ集」をリリースした。

ディスコグラフィー


J.S.バッハ:ガンバ・ソナタ集

公開:2019年1月11日
更新:2019年1月11日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOPギードレ・ディルヴァナウスカイテ《 Virtuoso Navi 》チェリスト


 

 



▲このページのトップに戻る
▲其の他の器楽奏者(弦、打)へ戻る

 

ページ先頭に戻る