音楽・演劇・便利帳 音楽好きのためのおぼえがき

宮崎国際音楽祭 温暖で風光明媚な観光都市宮崎で行われる音楽祭ガイド

       

このイベントはすでに終了しています。

宮崎国際音楽祭

Official Website Official Website http://www.mmfes.jp/2018/

開催期間 2018年4月28日(土)~5月13日(日)

宮崎国際音楽祭のあらまし

1996年3月世界的ヴァイオリニストのアイザック・スターン氏を迎え第1回宮崎国際室内楽音楽祭としてスタートした音楽祭。

宮崎国際音楽祭が開催される宮崎市とは

  • 推計人口、399,565人/2017年10月1日。
  • 宮崎-(宮崎空港)-(羽田空港)-品川 4時間28分/35,550円/923.5km/JR・ANA・京急

宮崎県の南東部にある同県の県庁所在地。

宮崎平野の南端に位置し、中央を大淀川が流れ、日向灘に注いでいる。南部が鰐塚山地の一部で山深い以外は、主に市街地となっている。

2010年(団塊の世代一斉退職)以降も2015年までは40万人を推移していたが、2017年10月現在40万人を割ってしまった。

市民全体の80%近くが流通・サービス業に依存している観光都市でもある。

宮崎市の観光ガイド

じゃらんの周辺観光ガイドはこちら。

宮崎県の名産・特産品ガイド

宮崎県のお土産物ガイドはこちら宮崎県の銘酒ガイドはこちら宮崎県の地ビールガイドはこちら

宮崎国際音楽祭のチケット情報

※3月3日(土)一般発売開始!

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら。

第23回 宮崎国際音楽祭の聞き処・見所

第23回 宮崎国際音楽祭の出演者

宮崎国際室内楽音楽祭として始まった 宮崎国際音楽祭は伝統的に ヴァイオリニストの出演者が多い、本年は以下の通り。

ヴァイオリニスト

チョン・キョンファ、ドン=スク・カン、チョーリャン・リン、諏訪内晶子、三浦文彰

その他のソリスト

趙静(チェロ)、福田進一(ギター)、大萩康司(ギター)

ピアニスト

野平一郎、児玉桃

歌手陣

中村恵理(ソプラノ)、山下牧子(メゾソプラノ)、福井敬(テノール)、甲斐栄次郎(バリトン)、藤木大地(カウンターテナー)

指揮者陣

広上淳一、下野竜也、宮川彬良

スペシャルゲスト

仲代達矢(トークゲスト)

管弦楽その他

宮崎国際音楽祭管弦楽団、宮崎国際音楽祭合唱団(合唱)、宮崎国際音楽祭ジュニアオーケストラ(管弦楽)、宮崎県合唱連盟(合唱)、宮崎県吹奏楽連盟(吹奏楽)

第23回 宮崎国際音楽祭注目のコンサートから

4月28日(土) -サテライト・コンサート in 新富-徳永二男「魅惑のタンゴ」

於ける 新富町文化会館 (※ホールガイド記事はこちら

オープニングを飾るお隣の『新富町文化会館』でのスペシャルプログラム。

音楽監督徳永二男御大自らのサブ会場出張公演。

あのピアソラから将来のライバルと賞賛されたバンドネオンの達人京谷弘司率いるkyogokuTrioとの初顔合わせで「アルゼンチンタンゴ」の神髄にどこまで迫れるか...。

「タンゴ大好きの男」のヴァイオリニスト徳永二男が「予芸では無く本気」でタンゴ界にデビューを飾る!

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら。

5月2日(水)-サテライト・コンサート in 門川-趙静+大萩康司「10弦の響き ~ やすらぎのアンサンブル」

於ける門川町総合文化会館(※ホールガイド記事はこちら)

はチェロとギターという異色の組み合わせ、、リュートとビオラダガンバで奏でられた「中世ヨーロッパのサロン音楽」古典の調べを生で聞ける珍しいプログラム。

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら。

5月6日(日)「レジェンドの帰還 ~ チョン・キョンファのブラームス」

於けるメディキット県民文化センター・アイザックスターンホール (※ホールガイド記事はこちら

で行われるチョン・キョンファ(Vn)宮崎国際音楽祭管弦楽団の競演に加わる指揮者下野竜也はお隣鹿児島県の「ユースオーケストラ」が生んだ人材。

さあ犬猿の仲?敵地宮崎でどのような指揮ブリを披露するか楽しみ...。

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら。

5月13日(日)プッチーニの世界「ある晴れた日に」

於けるメディキット県民文化センター・アイザックスターンホール (※ホールガイド記事はこちら)。

での広上淳一と宮崎国際音楽祭管弦楽団との初顔合わせによる、コンサート形式によるプッチーニの人気グランドオペラ『蝶々夫人』の全曲演奏会も注目の一作。

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら。

4月30日(月)スペシャルプログラム シリーズ「Oh!My!クラシック」~仲代達矢『85歳の自画像』~

於けるメディキット県民文化センター・演劇ホール (※ホールガイド記事はこちら

も興味深い演目の一つ、円熟の境地に達している、仲代がVn正戸里佳を相手にどんなお話を聞かせてくれるか?

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら。

5月12日(土)シリーズ「ポップス・オーケストラin みやざき」~宮川彬良のびっくりアカデミー~

於けるメディキット県民文化センター・アイザックスターンホール (※ホールガイド記事はこちら

は「夕方クインテット」ですっかりお茶の間のアイドルと成った宮川彬良がどんなお話と「アレンジ」を披露してくれるか?...。

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら

日程別公演会場情報

  1. 4月28日(土)-サテライト・コンサート in 新富-徳永二男「魅惑のタンゴ」(→チケットぴあ
    新富町文化会館 (※ホールガイド記事はこちら
  2. 4月29日(日)ーストリート演奏会 ーフルート×サクソフォン「コズミック・コラボレーション」(※観劇無料)
    於ける 宮崎市橘通交差点特設ステージ
  3. 4月30日(月)ーSpecial Concert 1シリーズ「Oh!My!クラシック」~仲代達矢『85歳の自画像』~(→チケットぴあ
    於けるメディキット県民文化センター・演劇ホール (※ホールガイド記事はこちら
  4. 5月1日(火)-Special Concert 2「2violins ~ 海峡を超えるアジアの響き」(→チケットぴあ
     於けるメディキット県民文化センター・演劇ホール (※ホールガイド記事はこちら
  5. 5月2日(水)ーサテライト・コンサート in 門川-趙静+大萩康司「10弦の響き ~ やすらぎのアンサンブル」(→チケットぴあ
     於ける門川町総合文化会館(※ホールガイド記事はこちら
  6. 5月3日(木) 於けるメディキット県民文化センター・県立藝術劇場(※ホールガイド記事はこちら)(→チケットぴあ
  7. 5月4日(金) 於けるメディキット県民文化センター・演劇ホール (※ホールガイド記事はこちら)(→チケットぴあ
  8. 5月5日(土) 於けるメディキット県民文化センター・アイザックスターンホール (※ホールガイド記事はこちら)(→チケットぴあ
  9. 5月6日(日)於けるメディキット県民文化センター・アイザックスターンホール (※ホールガイド記事はこちら)(→チケットぴあ
  10. 5月8日(火) 於けるメディキット県民文化センター・アイザックスターンホール (※ホールガイド記事はこちら
  11. 5月11日(金) 於けるメディキット県民文化センター・演劇ホール (※ホールガイド記事はこちら)(→チケットぴあ
  12. 5月12日(土) 於けるメディキット県民文化センター・アイザックスターンホール (※ホールガイド記事はこちら)(→チケットぴあ
  13. 5月12日(土) 於けるメディキット県民文化センター・演劇ホール (※ホールガイド記事はこちら
  14. 5月13日(日) 於けるメディキット県民文化センター・アイザックスターンホール (※ホールガイド記事はこちら)(→チケットぴあ

併催イベント

  1. 4月22日(日)街角ミニコンサート

     宮崎県立美術館

  2. 4月29日(日)みやざき国際ストリート音楽祭2018 宮崎市橘通(雨天時未定)
  3. 5月6日(日) こどもきらめく音の祭典 於ける宮崎市民文化ホール(※ホールガイド記事はこちら
  4. もう一つの小さな音楽会、徳永二男 ヴァイオリンふれあいコンサート(詳細未定)

主催者 

主催:宮崎県・公益財団法人宮崎県立芸術劇場
共催:宮崎県教育委員会

実行委員会メンバー 

総監督:佐藤寿美
音楽監督:徳永二男(ヴァイオリニスト)
事務局:公益財団法人宮崎県立芸術劇場

宮崎国際音楽祭のこれまでの歩み

1993年メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場)開館

1996年(平成8年)3月第1回宮崎国際室内楽音楽祭開催ヴァイオリニストのアイザック・スターン氏とピアニスト、イェフィム・ブロンフマン氏を迎え、以後2001年の第5回までアイザック・スターン氏の招聘が続く。同年9月30日 - 宮崎市民会館閉館。同年10月2日 - 宮崎市民文化ホール開館。

1997年第2回音楽祭より「各演奏会」にテーマが設定される。

1998年第3回音楽祭より「スペシャルプログラム」としてメディキット県民センター以外での公演が始まる。(この年は門川町総合文化会館で1公演、シーガイア多目的広場で1公演開催)また「教育プログラム」もこの年から開始。

2002年5月6日 第7回「宮崎国際音楽祭」と改称して再スタート。

2004年5月9日 第9回「宮崎国際音楽祭」で初めての招聘オーケストラとして九州交響楽団が初出演。

2005年5月13日 第10回記念「宮崎国際音楽祭」開催。

この年初めてフェスティバルオケ「宮崎国際音楽祭管弦楽団」が誕生。又NHK交響楽団が招聘オーケストラとして初出演。

2006年5月4日 第11回「宮崎国際音楽祭」から、オーケストラプログラム出演は「宮崎国際音楽祭管弦楽団」のみになる。

2012年5月3日 第17回「宮崎国際音楽祭」から、宮崎国際音楽祭ジュニア・オーケストラ(宮崎ジュニア・オーケストラと延岡ジュニアフィルハーモニーの混成オーケストラ)が登場。

2015年4月29 第20回宮崎国際音楽祭が開催される。

デジタヌの独り言

熊本市で宮崎国際音楽祭が開催されるのは、震災復興支援のためだけではなさそう。

鹿児島県と仲良くしない訳もなんとなく理解できる...。

観光都市宮崎の栄光の時代

宮崎の観光ブームは1967年「フェニックス・ハネムーン(デューク・エイセス)」が流行したように1960年代半ばに絶頂期に達し、「飛行機に乗って宮崎へ行く」ことが、若者たちの夢でもあった時期もあった。

1955年~1975年の頃宮崎は新婚旅行のメッカと成っていて、最盛期には年間100万人近い観光客が訪れていた。

海外渡航自由化と宮崎の低迷期

しかし1964年4月1日以降、年1回500ドルまでの外貨の持出しの条件付きで観光目的の海外渡航が自由化され、さらに1966年1月1日以降は1回500ドル以内であれば一年間になんどでも自由に海外旅行ができるようになり、海外旅行ブームが広がり始めた。

旅行費用の低下も進み、近隣国であれば国内旅行よりも多少高い金額ぐらいで旅行できるようになり「グァム島」などへの「お手軽海外旅行ブーム」が訪れ1972年には海外渡航者数が100万人を突破した。

海外旅行ブームに呼応する様に宮崎は次第に観光客離れを起こし、観光産業以外に目立った企業が無い為宮崎県にとっては経済的に大きな打撃を受け、若者達の転出者も増加し「長ーい低迷期」に突入した。

情報産業に目を向けだした現況

近年は情報産業を積極的に誘致しているが、若者の人口流出を抑えるほどには至っていない。

宮崎市と宮崎国際音楽祭のこれ迄の歩み

室町時代の1551年(天文20年)、太田七郎左衛門忠延が大淀川の右岸の河口付近にある城ヶ崎という地域に町を開き赤江港を控えた商人の町として上方との交易が行われ、江戸時代が終わるまで繁栄した。

1871年の廃藩置県で美々津(みみつ)県と都城(みやこのじょう)県が誕生、大淀川が県境で、現宮崎市域は県境地帯と成った。

1873年(明治6年)1月15日 - 美々津県・都城県が合併し宮崎県が発足し現宮崎市に県庁が置かれた。
1876年(明治9年)8月21日 - 宮崎県が鹿児島県に合併される

1883年(明治16年)5月9日 - 宮崎県と鹿児島県に分割され再置県が行なわれる。同年7月1日 - 宮崎県庁が開庁。

1889年 町村制施行で宮崎町が誕生

1913年(大正2年)12月15日 - 宮崎駅が開業。

1923年(大正12年)12月15日 - 日豊本線が全通。

1924年(大正13年)4月1日 - 宮崎町・大淀町・大宮村が合併、宮崎市誕生

1943年(昭和18年)4月1日 - 赤江町を編入。同年12月1月 - 旧日本海軍赤江飛行場(現:宮崎空港)開港

1963年(昭和38年)4月1日 - 生目村編入。同年5月8日 - 国鉄日南線が全通。

1969年(昭和44年)9月 - 宮崎港開港

1981年(昭和56年)10月29日 - 宮崎自動車道全通。

1984年(昭和59年)3月24日 - 宮崎市と周辺6町をテクノポリス建設地域に指定される。

1988年(昭和63年)4月13日 - 宮崎市が国際コンベンションシティに指定される。同年7月9日 - 宮崎・日南海岸リゾート構想が全国初の総合保養地域整備法(リゾート法)による承認を受ける。

1994年(平成6年)10月20日 - 宮崎市が国際会議観光都市に認定される。同年10月31日 - シーガイア全面開業

1996年(平成8年)7月18日 - 地方空港初の空港連絡鉄道のJR宮崎空港線開業。同年10月2日 - 宮崎港国際観光船ふ頭暫定供用開始。

2000年(平成12年)4月22日 - 第2回日本・太平洋諸島フォーラム首脳会議開催。同年7月12日 - シーガイアで第26回主要国首脳会議(通称:九州・沖縄サミット)外相会合開催。

2007年(平成19年)9月30日 - シーガイアにある(1996年世界最大の開閉式室内ウォーターパークとしてギネスブックにも載った)オーシャンドームが13年目で閉鎖。

2010年(平成22年)3月23日 - 清武町を編入し現在の市域となる。

2014年(平成26年)3月16日 - 東九州自動車道 延岡市-宮崎市間が全線開通。

2015年(平成27年)3月21日 - 東九州自動車道 大分市-宮崎市間が全線開通。

2016年(平成28年)4月24日 - 東九州自動車道 北九州市-宮崎市間が全線開通

公開:2017年9月14日
更新:2018年6月16日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

別府アルゲリッチ音楽際 温泉で有名な大分県別府市で開かれる恒例の音楽祭のコンサートガイドTOPゆふいん音楽祭 のガイド




▲このページのトップに戻る
▲九州エリアのクラシック音楽イベント情報記事リンクまとめへ戻る