音楽・演劇・便利帳

ローランドAerophone AE-10はアマオケで使えるか? 《 ウインドシンセサイザー Navi 》How to EWI Vol.2

,

アマチュア音楽サークル活動向け 合奏練習用 機材あれこれその2 デジタルシンセサイザー編

YAMAHAが撤退しAKAIの独壇場になっていたウィンドシンセサイザーに新顔が登場したのは、昨年2016年の10月。
DTM機材の老舗ローランドから デジタル管楽器「エアロフォン」としてAerophone AE-10が発売された。

今回は新規参入のローランドが1機種、古参のAKAIの3機種についてご紹介することにする。

まずはもっとも新しい

Aerophone AE-10

DTMの老舗ローランドが満を持して発売したエアロフォンはAKAIの上位2機種同様、音源内蔵のシンセサイザー、PAにつなげばアクースティック楽器さながらの音色で合奏に加われる。更にヘッドフォンに直接つないでサイレント楽器として使ったり、もちろんパソコンにつなげばMIDI入力器機としても利用できる。


Tone Listには標準で55種類の音色を網羅している。

♯017 Flute フルート
はもちろん
♯018オーボエ
♯031ファゴット
等のダブルリード
♯019クラリネット Bb
そしてこれまたトラ頼みの
♯033チューバ
まで一通りの管楽器そして
028 Violin *1 バイオリン *
029 Cello *1 チェロ *
の弦楽器も
いずれもローランドご自慢のSuperNATURALディジタルサンプリング音源なので本物そっくりの音色。

しかしデザインはAKAIの伝統的なデザインに比べかなり先鋭的なので好みが分かれるところではある。

更にアグレッシブなデザインであるが故にキー等のコントロラー類の設え(デザイン&構造)、タッチ、動作音、耐久性と言ったような不安材料も残り、小生は第2弾に期待と言ったところか?

老舗AKAIからは3種類のウィンドシンセサイザーが発売されている。


EWI5000

ディジタルサンプリング音源を内蔵し、より本物そっくりな音色はAerophone AE-10と同じ。もちろんPAにつなぐだけでアクースティック楽器のように演奏できる。
Program List には100種類の楽器が登録されており
20 Classical C Flute

から
21 Classical Oboe
22 Classical English Horn
23 Classical Clarinet
24 Classical Bass Clarinet
25 Classical French Horn
26 Classical French Horn Bells
27 Classical Bassoon
までオケ用の木管楽器が揃っているし、金管楽器も充実している
12 Piccolo Trumpet
13 Harmon Trumpet
特にPiccolo Trumpetはアマチュアではこなせる奏者が少ないので、練習時の欠員・欠音をうめるには便利良さそうである。

EWI4000sw

アナログモデリング・シンセサイザー方式の音源が特徴。

EWI5000同様PAにつなげばそのまま楽器となる。
Preset Listには100種類の音色があらかじめプリセットされている。 
4番にはWood Wind(フルート)
7番と87番にDouble Reed
18にはTuba 
71番ClareInNetがプリセットされている
音色はいわゆるMIDI調、いわゆるジングルによく使われてタイプ
どちらかというとDTM制作者向きのツール。

鍵盤キーボードが余り得意でない管楽器出身のDTM制作者の制作ツールとして便利良さそうである。

EWI USB

本機はUSB WIND INSTRUMENTとして紹介されているように、木管楽器タイプのUSBコントローラー。

付属のソフトウェア音源を組み込んだパソコンや、USB接続された外部MIDIを介してPAをドライブすればアコースティック楽器として利用できる。

本来はコントローラーなので、EWI4000sw同様DTM制作に用いる入力器機の一種であるが、標準でGARRITAN社製の「ARIA」と言うソフト音源が付属しているのが最大の特徴

付属の「ARIA」はEWI USBに最適化された82種類の高品位デジタルサンプリングサウンドを装備している。

一般的な木管/金管管楽器は勿論、弦楽器、打楽器、シンセサウンドまで収録。

この「ARIA」を制作しているGarritan(ガーリタン)社はDIMソフトFinaleにもソフト音源「Garritan Instruments for Finale」を供給しておりアクースティック楽器さながらの音色には定評がある。
(小生もこの音源には感服しており、管楽器カラオケ制作時には重宝している。)

またEWI USBのピッチコントロール機能のおかげで、音程をコントロールでき「自然で完璧なハーモニー」も達成できる。

これらの点で音源内蔵の上位機種EWI4000sw よりこちらの方がアマオケでの「欠音」パートのピンチヒッターとして使うには好適だと思う。

また音源内蔵の上位機種よりはるかにリーズナブルなので、ノートパソコンをすでにお持ちの方は、DTM入門用として試して見られてはいかがであろうか。
一時期生産を打ち切っていたが2014年11月より再発売されている
AKAIのベストバイ機種。

何れの楽器も

イシバシ楽器 WEB SHOPで購入できる。

公開:2017年6月25日
更新:2018年10月25日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Finale version 25《 DTM Navi 》最新の楽譜作成ソフト ウェア とはTOP全体練習時の欠音をどうするか? 《 ウインドシンセサイザー Navi 》How to EWI Vol.3




▲このページのトップに戻る
▲DTM機材へ戻る

 

ページ先頭に戻る