デジタヌの電脳道場

デジタヌのオーディオ道

半世紀以上に渡り、人生の大半を掛けて到達した『オーディオ道』の境地は、『明確な定位』トランジェントの良い『音色』そして適度な『韻』、そんな境地を愛機「JBL A520」と共に語るスペシャルコーナー。JBL A520スピーカーの「使いこなし術」を中心に、「フルレンジスピーカー」の優位性などについて熱く語ったコーナー。

【レビュー】2014 ノーメイクで多少ひ弱なJBL A520をスーパーウーファーで支えてみる。
エンジョイ古民家オーディオライフ!シリーズ最終回、YAMAHAのスーパーウーファーでブックシェルフspが、大型のフロアータイプに変身!苦手としていたピアノ録音も難なくこなせる様に...。
【レビュー】2014 スピーカーは置き方次第でご機嫌を損ねる?!
エンジョイ古民家オーディオライフ!シリーズ。第4回 スピーカーは置き方次第でご機嫌を損ねる?!スピーカーは高さを調整することで格段に音が良くなる。その調整法をオンキヨーD202を例にデジタヌが解説。
【レビュー】2014 故長岡鉄男氏の目指したサウンドとは?
我が家で故長岡鉄男氏のサウンドを再現するにはどういったスピーカーシステムを構築すれば良いのか?ハイエンドオーディオシステムにひけをとらない音はこうすれば作れる...かも?
【レビュー】2014 音の良いフルレンジスピーカー列伝
エンジョイ古民家オーディオライフ!シリーズ。第6回 故長岡鉄男さんが愛したフルレンジスピーカー FE103フルレンジスピーカーといえば、今やレジェンド!とまでなっている名器"ダイヤトーンの16㎝フルレンジスピーカーユニット P-610" などの名フルレンジスピーカーの数々とハイレゾ時代でこそ生きる、フルレンジスピーカーの魅力についてデジタヌが語る。
【レビュー】2014 フルレンジスピーカー・ベースのSPシステム。
エンジョイ古民家オーディオライフ!シリーズ。第5回 何故フルレンジスピーカー・ベースのSPシステムが良いのか?。音像のボヤケがない、そして音の定位のよいスピーカーシステムの必要要件とはなんだろうか? JBL-A520とオンキヨーD-202の比較を例にとり、音楽の使用周波数帯域からスピーカーシステムの選び方を考えてみた。
【レビュー】2014 クラシック音楽に向くJBL A520 その2
エンジョイ古民家オーディオライフ!シリーズ。第3回意外とクラシック音楽に向く JBL A520について その2。JBL A520の響きの特徴とその秘密に迫る。なぜ定位がピタリと決まる?そしてなぜ楽器が太らない?繊細な響きを再現するJBLA520には...
【レビュー】2014 意外とクラシック音楽に向く JBL A520について その1
エンジョイ古民家オーディオライフ!シリーズ。第2回意外とクラシック音楽に向く JBL A520について その1。
【レビュー】2014 我が庵のエントランスホール
エンジョイ古民家オーディオライフ!シリーズ。第1回我が庵のエントランスホール。 デジタヌのリスニングルーム紹介。狸穴(古民家)ならではのエントランス(玄関)ホール?の転用レポート。




▲デジタヌの電脳・放談へ戻る