音動楽人(みゅーたんと)

アナログライクな音楽空間をCDで楽しむ《 オーディオ ナビ 2009》

昔の名盤アナログレコードを上質の真空管アンプで聴く。できればそれがいいに決まっている。

しかし、CDの扱い良さやS/Nの良さに、慣れきった身体には、アナログレコードは敷居が高い。

何とか耳に心地よい、サウンドは無いかと探し回って行き着いたのがDENONのCDプレーヤDCD-1650SE。

これを使えば、復刻版のカラヤンも、カール・ベームもバーンシュタインも往年のあのサウンドを聴かせてくれる。


そしてPP(ピアニッシモ)が何とも言えず美しく、しかもスケール感のある力強いff(フォルテッシモ)で、心を打つオルトフォンのプリメインamp、 オルトフォン プリメインアンプLMA-80。


ハイスピードでしかも繊細な表現がきっと楽しめるはず。

 


【送料無料】DENON デノン DCD-1650SE-SP スーパーオーディオCDプレーヤー DCD1650(沖縄・離島...


【送料無料】ORTOFON/オルトフォン LMA-80 【送料代引き手数料無料!】 オルトフォン プリメインアンプ


 

公開:2017年5月 4日
更新:2019年2月16日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

フルレンジSP伝説《 オーディオNavi》 故長岡鉄男氏の目指したサウンドとは?TOPアナログレコードはやっぱり真空管アンプだよね! 《 オーディオ ナビ 2019》手に入れたい懐かしい音の世界!


 



▲AV 機器へ戻る

 

ページ先頭に戻る