デジタヌの電脳道場

【レビュー】2009 パソコンTVはサランダフル!

ハイビジョンの圧倒的な臨場感はモニターの大きさではなく、その"解像度"に有る!

と言うのがデジタヌがかねてから唱えている持論である!

ついでに言うなら、

"映画の迫力は、画面の大きさ"ではなく"サラウンド環境"にある!

だいいち幾ら薄くなったとはいえ、ワンルームマンションに壁面一面を覆い隠すような大型TVがいるのか?

都会派ワンルーム族に許容できるサイズはせいぜい32インチ止まりであろう。

しかし、32インチのフルHDTVは製造しているメーカーも少なく(6月現在シャープ、パナソニック、日立の3社のみ)生産量も少ないため24万円前後と高価でもある。


又 一戸建てのマイホームのリビングで42インチの大型ハイビジョンTVを優雅に視聴できる環境にある方でも、モニター付属のチープな"ステレオ"スピーカーで音声を聞いていたなら、紙芝居を見ている程度?の臨場感しか味わえない!と思うのだが!?

近所迷惑を気にし、小さな音で我慢して見ている方!...にはご免なさい?

サラウンド体験の有る方はご存じだと思うが、小型スピーカでも良いから5・1Ch全てのChのそろったサラウンド環境で映画を見れば、背筋がゾッとするぐらいのド迫力!に圧倒されたはず!

これぞ"サランダフル"!(サラウンドとワンダフルを掛け合わせたデジタヌの造語)

<つづく>

公開:2009年6月30日
更新:2017年9月19日

投稿者:狸穴猫

このエントリーをはてなブックマークに追加

【レビュー】2009 大型TV VS パソコンTV パーソナルデジタルTVはどちらが有利?その1TOP【レビュー】2009 なぜ無いUSB接続AVアンプ!




▲デジタヌの電脳・放談へ戻る

 

ページ先頭に戻る