デジタヌの電脳道場

チョット寄り道、OSサポート打ち切り問題の余波 《 パソコン ライフ 2007 》

<本記事は09/26/2007'タヌキがゆく'に初稿公開した記事のお引っ越し記事です>

シリーズ 「頑張れ、一太郎君」第2回

第二回、チョット寄り道、OSサポート打ち切り問題の余波。

先日のNHK特集で暴挙をふるうMSが取り上げられ、予算が乏しい地方自治体が頭を抱えている旨が報告されていた。

それは、バージョンアップのためのバージョンアップ的ウィンドウズビスタの登場と、ウィンドウズ2000以前のOSのサポート終了問題である。

我が工房でも、エヴァンゲリオン専属マシンが突然不調に陥り、ビデオカードがダウンしモニターが動かなくなった事で思い知らされる羽目となった。

有料サポートのアンチウィルスソフトさえあれば当分使えるであろうとたかをくくっていたエヴァンゲリオン専属のwin2000マシン。

ヤット探し当てた、今時貴重なAGPカードをインストールしようとして、以前から時折発生していたマシンの不調を思い出し、"この際ついでにOSの再インストールを"、と思い立ったのが泥沼の始まりであった。

HDを再フォーマットして、何度トライしても途中でストップ...インストールできない。

何度目かのトライでヤット気づいた、ビデオカードが新しすぎる?

そう、OS発売以降に発売されたカードのドライバはトーゼン、OSに含まれていない事実!

そこでデジタヌマシンの、古~い、カードを挿入。

OSインストール再挑戦、見事成功(アタリマエ!)。

ところがところがである、一難去ってまた一難、今度はVIAの4 in 1ドライバが途中でインストール失敗。

絵も音も出るし?まあ良いか?コレデ我が愚息のエヴァンゲリオンも文句言うまい。

ところが大問題発覚ネットワークカードに不調勃発、ネットワーク接続がすぐに切断してしまう。

これまた手持ちのネットワークカードを取っ替え引っ替え。

そこで、先ほどのVIAのドライバを思い出す。

VIAのHPで拾ったドライバは実は最新バージョンでは無かった! msのwin2000サポート終了と供に、別会社の有料サポートサイトに移行してしまっていた。

昨年再インストールしたときにはHPにアップされていたのに。

幸い別マシンに保存しておいドライバをインストールしたら、PCI-PCI ブリッジは正常動作に復帰、ネットワークカードも無事OK。

サポート終了OSへの対処

教訓 その一、

サポート打ち切り後には"OS再インストール"などと言う暴挙?はするな!

教訓 その二、

やむなく再インストールするときは、古~いビデオカードを準備しろ

教訓 その三、

チップセットがVIAのマザボには気をつけろ。トラブルに備えて必ず4in1ドライバを保存しておけ!

<つづく>

公開:2007年9月26日
更新:2018年8月28日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンを使い出して二十年あまり《 パソコン ライフ 2007》TOPそれで?一太郎君のその後どうなったの? 《 パソコン ライフ 2007 》




▲デジタヌの電脳・放談へ戻る

 

ページ先頭に戻る