デジタヌの電脳道場

【レビュー】2014 意外とクラシック音楽に向く JBL A520について その1

ご注意※印は当サイト内の紹介記事リンクです。

但し、その他のリンクは事業主・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

<本記事は11/14/2014'タヌキがゆく'に初稿公開した記事のお引っ越し記事です>

エンジョイ古民家オーディオライフ!シリーズ

第2回 意外とクラシック音楽に向く JBL A520について その1

speaker.jpg

写真でお気づきの方もいらっしゃるとは思うが、改めて狸穴ホールの主役 「スピーカー」をご紹介すると。

どちらも今は亡きJBL A520 と オンキヨーD202。

D-202

D-202は元々20数年前にホームシィアター用として2set4台購入したうちの1set、

ブックシェルフタイプではあるが、豊かな低音域とよく伸びた高音域を持つオールマイティーな定番スピーカー。

クラシック音楽試聴にぴったりのスピーカーとして愛用していた。

JBL A520

一方のJBLは同じ頃のこれ又定番商品、JBLということもあってジャズ愛好家からは厚い支持を得ていた様である。

何故クラシック愛好家のタヌキが?
と思われる方もいらしゃるかもしれないが。

15年程昔2000年の頃ヒイキに預かっていた「とあるお金持ちの知人」から突然

『タヌちゃんさ...、俺 新しいスピーカー買ったからさ、古いのいる?』

とまあこんな具合に、ごくさりげなくtelがかかってきた。

元より、いただけるモノなら何でも頂く主義のは小生2つ返事で

『ありがとうございます、頂きマース!』

てなわけで、手に入った次第。

ところがその頃小生は1ルームのアパート暮らしの`どん底生活`真っ最中。とてもオーディオがどうのこうのとか言える状態では無く、そのままお蔵入りと相成ったわけ。

それから10数年の時が流れ、

パソコンに繋いだ小型アクティブSPの音にどうにも我慢ができなくなり、
物置に大事に?放置!してあったオーディオ機器を引っ張り出し、

ついでに「そういえば、昔ウダちゃんにどこかのブックシェルフSP頂いたの、そのまんまにしておいてあったっけ?」てなわけで、

物置きを家捜し「有りました有りました」てな訳で梱包をほどいてびっくり、

『ア...!JBLが入ってた!』

どうせ気軽にクレタもの、まさかJBL様が入っているとは思いもよらなかった次第であった。

丁寧に梱包してあったので状態(外見)はGoo!
恐る恐るAMPとつないで「音出し」してみて、2度びっくり。

表示されていた「公称spec」だけでは読み取れないすばらしい音色!

WEBで調べて納得、中古が今でも高価で取引されている!

さすがに、D-202と比べて豊かな低音とはいかないが、室内楽や器楽アンサンブルにはピッタリ!

客席の最前列に座っているような錯覚に陥るぐらい、「音の粒建ち」が良く「臨場感あふれる音」で、ひとりひとりの奏者の音が明瞭に聞き取れる

マミニャンは猫にマタタビ状態、

さすがジャズファン御用達だけ有って、声楽(ボーカル)にも相性が良く、マミニャンは猫にマタタビ状態、

おひいきのパバロッティー様のCDに大満足!

タダ、どうも分厚い低音が要求されるピアノには今ひとつ向かない様で、これについてはD202に軍配が上がるようである。

スケール感ではDー202にかなわない様であるが、不思議に長時間の聴取にも耐えられる心地よい音色である。

秘密は高剛性に裏打ちされたチタンのドームツイーターにあるようで、粒建ちが良く、しかも歪み感の少ない柔らかくて、美しい よく伸びた透明感あふれる高音域にあるように感じている。

てな訳で、D-202からメインスピーカーの座を奪ってしまった。

<続く>

公開:2014年11月14日
更新:2017年9月30日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

【レビュー】2014 我が庵のエントランスホールTOP【レビュー】2014 クラシック音楽に向くJBL A520 その2




▲デジタヌの電脳・放談へ戻る