デジタヌの電脳道場

【レポート】2009 YASHICA「ADV-535HD」 第2回

期待以上の高性能!YASHICA「ADV-535HD」


【フルHD!1920×1080P撮影&再生可能】【HDMI出力端子も搭載!】フルハイビジョンカムコーダー (A...

おまちどうさま、廉価版フルハイビジョンカメラのレビューだよ!

ほんとに¥19.800-!で良いの?

と言うわけで、お待ちかねYASHICA「ADV-535HD」  の実写映像をハイビジョン画像でご覧になって、ご自分の"愛機"で取った映像と比べて見ていただきたい。

※試写に当たってのご注意:サンプル映像はWindowsメディアプレーヤー(バージョン11以上)で再生できます、HD画像のためファイルサイズは巨大!、HDMI対応のフルハイビジョンモニター(1,920×1,080画素以上のモニター)でないと、フルハイビジョン映像とはなりません)

フルハイビジョンカメラに小手先のテクニックは無用!

カメラの特性を十分に生かして、お手軽に飽きのこない綺麗な映像製作を目指そう!

基本はスティル「静止画」(still Picture)

1カットはできるだけ長~く!最低5秒以上!長いカットは後で幾らでも短く編集できるが短いカットは長くできない!

IMAG0022.AVI (ワイド端12.4MB)IMAG0023.AVI (テレ端10.9MB)(※サンプル画像更新しました 2009/10/16)

ズームイン・アウトは極力使わない!
特に本機ではオートフォーカスの方式上、ズームインは禁物!
"光学20倍は気違いに刃物"になりかねない、光学5倍ズームで十分!

フルハイビジョンに"日の丸アングル"は不要!

フル・ハイビジョンの解像度を生かしたフレームアングルを。
"日の丸アングル"とは画面の中央部に対象を置くアングルのこと。

手ぶれ補正はあてにしないで三脚を使いましょう.!

プロは手ぶれ補正を使わない、これ、当たり前!

三脚を使いましょう。

P1010008.jpg

公開:2009年10月 3日
更新:2017年9月30日

投稿者:狸穴猫

このエントリーをはてなブックマークに追加

【レポート】2009 YASHICA「ADV-535HD」 第1回TOP【レポート】2009 YASHICA「ADV-535HD」 第3回




▲購入長期レポートへ戻る