デジタヌの電脳道場

【レビュー】2009 IE8(インターネットエクスプローラー8)の手なずけ方?

インターネットエクスプローラー8(IE8)で一部のサイトが見られなくなるなどの被害?が多発しているようである。

そりゃ、IE7で今まで無事みられていたものがみられなくなればびっくりする。

泡を食うのは当然だ。

途方にも暮れる。

で、それに対する対策だが、マイクロソフトから実は公式に発表されている。

「互換モードを使え」というものだ。

確かに「ツール」の中に「互換モード」「互換モードの設定」というものがこっそり登場している。

そこで「互換表示をする」に設定すればたいていのIE8で表示が異常になるサイトの表示がまともになる。

実は筆者宅でも「GyaO」が見られなくなったが、互換モードに設定することで安直に解消してくれた。

互換モードが用意されているのは結構なことだ。

しかし、マイクロソフトのサイトまで行って対策法をゲットするやつなんてどれだけいるんだろう。

泡食って単に腹が立って終わり...という人もおおいだろう。

ブラウザ乗り換えちゃった人も多いだろう。

(とりあえず筆者も急いでFireFoxとOperaを用意したもんね)

はじめから表示異常が起こらないようにできなかったのか...ちょっとマイクロソフトの傲慢さを感じないでもない。

公開:2009年4月16日
更新:2017年9月30日

投稿者:狸穴猫

このエントリーをはてなブックマークに追加

【レポート】2009 IE8(インターネットエクスプローラー8)には気をつけろTOP【レポート】2009 解像度統計から、ワイド画面が躍進中のようだ。




▲狸穴猫の雑記帳へ戻る

 

ページ先頭に戻る